下級武士の田舎暮らし日記-奉公・金策・獣害対策 [単行本]
    • 下級武士の田舎暮らし日記-奉公・金策・獣害対策 [単行本]

    • ¥2,64080ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2020年2月27日木曜日21:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009003197834

下級武士の田舎暮らし日記-奉公・金策・獣害対策 [単行本]

価格:¥2,640(税込)
ポイント:80ポイント(3%還元)(¥80相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2020年2月27日木曜日21:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:築地書館
販売開始日:2019/12/03
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 11603位

下級武士の田舎暮らし日記-奉公・金策・獣害対策 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    下級武士の日記から読み解く、江戸時代中期の村の暮らし。度重なる洪水に、武士たちはどのように対処したのか。田畑を荒らす猪の対策に、農民は銃を持てるのか。武士と百姓は一つの村の中でどのような関係にあったのか。仙台藩御鳥見役(鷹狩の世話役)として農村で暮らした下級武士が40年以上にわたって記した貴重な記録を解説する。
  • 目次

    はじめに

    享保元年(1716)
    小鳥・落鳥といえども捕るべからず

    享保2年(1717)
    屋形様の狩
    権現森、山追
    武家諸法度(幕府法令)
    飯米麦の通行許可証
    預御林、巡見衆宿泊所用材を伐採
    未検地の知行への課税
    【コラム】伊達吉村
    【コラム】矢嶋喜太夫預御林

    享保3年(1718)
    江戸上屋敷類焼「難儀たるべし」

    享保4年(1719)
    杉苗1000本植林
    鳥の捕獲を禁ずる
    矢嶋喜太夫、借金
    大不作、米価高騰

    享保5年(1720)
    相対済令(幕府法令)の一部変更
    猪防ぎの空鉄砲許可
    矢嶋喜太夫、御鳥見横目に就任
    麦と大根、不作
    猪防ぎ延長
    年末支払

    享保6年(1721)
    駄送、許可願
    猪防ぎ、今年も願い出る
    北上川堤防と広渕大堤土手、決壊
    決壊箇所修復の願書
    明野(狩猟解禁)願
    物成小割帳(年貢割り付け帳)
    【コラム】課税と納税

    享保7年(1722)
    郡方御用を志願
    家督養子願
    家督並み御目見得

    享保8年(1723)
    藩主御野入(狩)、矢嶋屋敷にて御昼
    乾字金切替(仙台藩の御触)
    江戸中御改(江戸町人の人口調査)
    【コラム】村と町
    【コラム】狩の獲物

    享保9年(1724)
    杉300本、拝領願い出る
    諸物価、値下を命ず(幕府法令)
    広間造作開始
    幸之丞、御目見得
    屋形様宿泊所、修繕
    藩主御野入(狩)、矢嶋家で昼食
    「重」の字を憚り、親子で改名
    米価下落

    享保10年(1725)
    今年も杉300本拝領願い出る
    御出駕祝儀振舞
    京都に絹織物注文
    山追い鹿狩
    吉村から御詠歌を賜る
    歌をやったけは
    御詠歌表具のため登仙
    涌谷方面で御鷹野(鷹狩)
    米価安
    公方様昇進(うわさ話)
    【コラム】江戸時代の肉食
    【コラム】米価の変動

    享保11年(1726)
    参勤交代、下向
    譜代下人に褒美
    杉22本伐り出す

    享保12年(1727)
    玉入鉄砲許可願い
    仙台大火、1571軒焼失
    石巻鋳銭場、設営

    享保13年(1728)
    違法なむかい網、発見
    石巻で銭、鋳出
    公方様日光社参
    参勤交代・下向、潮来水郷地帯を通る
    雲雀を捕獲
    洪水、23万石余の被害
    給人、猪対策を出入司に献策
    四季鉄砲御免かなわず
    矢嶋喜太夫、神道を信仰
    仙台藩の享保の改革(倹約令)

    享保14年(1729)
    猪防ぎ鉄砲、従来通りの期間で申請
    防鉄砲許可、人により異なる
    将軍吉宗御落胤、天一坊
    山城国百姓、186歳(廻状の写)
    御預山の由来
    屋形様、濱御殿に上府のご挨拶
    幸之丞前髪願
    大肝入御役料屋敷
    相対済令廃止(幕府法令)
    金利引下令、幕府法令に倣う
    店賃・地代等引下令

    享保15年(1730)
    無利息で貸します(うわさ話)
    玉入鉄砲この末年々御免
    矢嶋喜太夫、仙台北六番丁屋敷を取得
    公儀による米価下落防止策(うわさ話)
    屋敷内の杉売却
    長屋建築

    享保16年(1731)
    人別送り状、矢嶋家中に三人引き取る
    暇証文、矢嶋家中の二人解雇
    江戸の大火
    広渕村惣水落樋差し替え
    和渕村惣水落埋樋差し替え

    享保17年(1732)
    飯米買付
    雲霞大発生、各地で御祈祷
    矢嶋喜太夫実弟、太田権右衛門落命
    太田家の家督争い
    【コラム】矢嶋喜太夫の身代五貫七四八文

    享保18年(1733)
    家督願の案
    家督願、文言直し
    役所に提出したまわりくどい家督願
    御帳役から訂正指示、再々度の願書
    付札、またまた訂正指示
    家督を仰せ渡される
    御目見得
    切支丹証文案紙
    医師証状添付のこと(仙台藩の御触)
    年長者の養子禁止(仙台藩の御触)
    天下の疫病、万民床に臥す
    太田助兵衛登仙祝儀振舞
    償い代
    【コラム】御目見得

    享保19年(1734)
    侍井土手普請
    人数改、矢嶋家中二人増える
    「喜太夫も出居ったか」冥加至極
    杉売却、小袖を買う
    幸之丞結納
    祝儀振舞
    【コラム】アンバランスな男女比
    【コラム】系図と墓石に見る女性

    享保20年(1735)
    「喜太夫、久しいな」
    御献上物
    神人感応、奇特を得たり
    夜食御酒拝味
    献上物は梨5つ
    御獲の鳥、拝味
    獲物二三也
    白鳥御吸物拝味
    朝日山で屋形様を見送る

    寛保3年(1743)
    188歳(うわさ話)
    水鑑京清居士(うわさ話)
    吉村、隠居御屋敷に移る

    延享元年(1744)
    もみの木売却、川海上通書付発行
    新藩主、御国入り
    御国入り、御祝儀、能見物と料理頂戴
    猪討止・射止の許可(藩の御触)
    仙台北六番丁屋敷の借地人
    瀬上玄蕃、鹿又村に移封
    御扶持質入れ制限(仙台藩法令)
    瀬上玄蕃知行内の足軽屋敷(借地許可の手紙)

    延享2年(1745)
    喜太夫58歳、御鳥見退役願
    退役の御褒美、銀子一枚
    琉球人を乗せた薩摩船、漂着
    嫡子幸之丞、御鳥見役就任
    冬の大嵐

    延享3年(1746)
    屋敷の杉100本売り払う
    おたり婚礼
    瀬上玄蕃初地入

    延享4年(1747)
    鉄砲解禁になる
    鉄砲、御役代
    【コラム】農具としての鉄砲

    寛延2年(1749)
    伊達郡桑折代官所で百姓一揆

    寛延4年(1751)
    大雪にて鳥が殞る

    宝暦元年(1751)
    大屋形様御卒去

    宝暦2年(1752)
    松前の毒魚

    宝暦4年(1754)
    鳴神という獣の降りたる咄

    宝暦7年(1757)
    喜太夫隠居

    付録
    矢嶋家系図
    矢嶋家文書

    あとがき
    参考文献
  • 内容紹介

    下級武士の日記から読み解く、江戸時代中期の村の暮らし。

    度重なる洪水に、武士たちはどのように対処したのか。
    田畑を荒らす猪の対策に、農民は銃を持てるのか。
    武士と百姓は一つの村の中でどのような関係にあったのか。

    伊達藩御鳥見役(鷹狩の世話役)として農村で暮らした下級武士が
    40年以上にわたって記した貴重な記録を解説する。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    支倉 清(ハセクラ キヨシ)
    宮城県石巻市(旧河南町前谷地)の支倉家に生まれる。元東京都公立小学校長。宮城県前谷地の支倉家と、伊達政宗が派遣した慶長遣欧使節の大使・支倉常長とどのようにつながるのか、長年研究を続けている

    支倉 紀代美(ハセクラ キヨミ)
    宮城県東松島市に生まれ、石巻市前谷地で小学校・中学校・高等学校時代を過ごす。元神奈川県公立小学校教諭
  • 著者について

    支倉 清 (ハセクラ キヨシ)
    宮城県石巻市(旧河南町前谷地)の支倉家に生まれる。元東京都公立小学校長。
    宮城県前谷地の支倉家と、伊達政宗が派遣した慶長遣欧使節の大使・支倉常長と
    どのようにつながるのか、長年研究を続けている。
    支倉紀代美との共著書に『代官の判決をひっくり返した百姓たち――仙台藩入会地紛争』(築地書館)がある。

    支倉 紀代美 (ハセクラ キヨミ)
    宮城県東松島市に生まれ、石巻市前谷地で小学校・中学校・高等学校時代を過ごす。元神奈川県公立小学校教諭。
    幼少期より、実父・本田雅童より習字の手習いを受ける。
    その後、日本書学館の初山祥雲に師事し、本格的に「書」を学ぶ。
    本書の元になった『二樅亭見聞録』も、「書」の知識を活かして、解読文を作成し、読解に取り組む。

下級武士の田舎暮らし日記-奉公・金策・獣害対策 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:築地書館
著者名:支倉 清(著)/支倉 紀代美(著)
発行年月日:2019/12/13
ISBN-10:4806715921
ISBN-13:9784806715924
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本歴史
言語:日本語
ページ数:277ページ
縦:20cm

    築地書館 下級武士の田舎暮らし日記-奉公・金策・獣害対策 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!