環境条約交渉の政治学―なぜ水俣条約は合意に至ったのか [単行本]
    • 環境条約交渉の政治学―なぜ水俣条約は合意に至ったのか [単行本]

    • ¥5,280159ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009003197934

環境条約交渉の政治学―なぜ水俣条約は合意に至ったのか [単行本]

価格:¥5,280(税込)
ポイント:159ポイント(3%還元)(¥159相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:有斐閣
販売開始日: 2019/10/10
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

環境条約交渉の政治学―なぜ水俣条約は合意に至ったのか の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    2013年10月、熊本県で開催された国際会議において、水銀に関する水俣条約が採択された。本条約は、各国が資金を拠出し、遵守システムも備え、そのうえ各国の水銀政策にまで規制をかけるという内政干渉性の強い制度も盛り込む形で合意された、稀な条約の一つである。本書は、この水俣条約の交渉過程を分析することによって、条約交渉において、問題の解決に有効な制度と各国が政治的に合意可能な制度とを一致させるには、どのような要因が重要なのかを明らかにする。
  • 目次

    序 章 本書の射程
     第Ⅰ部 条約制度を問う
    第1章 国際関係学における遵守の確保──三位一体制度の本質
    第2章 環境条約交渉の理論と分析方法
     第Ⅱ部 交渉内の要因の検討─条約交渉分析
    第3章 協調枠組みをめぐる交渉──水俣条約の設置
    第4章 諸制度をめぐる交渉──資金メカニズムと遵守システム
    第5章 交渉比較分析──ストックホルム条約との比較
     第Ⅲ部 交渉外の要因の検討─国際機関と国内政治
    第6章 UNEPと国際環境条約
    第7章 先進国の水銀政策──アメリカ,EU,日本
    結 章 水俣条約の現在と展望
  • 内容紹介

    多くの国が参加し,複数の争点をめぐって議論される条約交渉において,問題解決に効果的な制度と各国が合意可能な制度とを一致させるには,どのような要因が重要なのだろうか。水俣条約交渉の分析を通して,理想的な制度が成立するための要因を明らかにする。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    宇治 梓紗(ウジ アズサ)
    2012年京都大学法学部卒業。2014年京都大学大学院法学研究科法政理論専攻修士課程修了。2018年京都大学大学院法学研究科法政理論専攻博士後期課程修了。京都大学大学院法学研究科助教を経て、現職。その間、ハーバード大学大学院(Graduate School of Government)、スイス連邦工科大学チューリッヒ校(Center for Comparative and International Studies)にて在外研究。現在、京都大学大学院法学研究科講師。博士(法学)。専門:国際政治経済学、グローバルガバナンス
  • 著者について

    宇治 梓紗 (ウジ アズサ)
    京都大学講師

環境条約交渉の政治学―なぜ水俣条約は合意に至ったのか の商品スペック

商品仕様
出版社名:有斐閣
著者名:宇治 梓紗(著)
発行年月日:2019/09/25
ISBN-10:4641149321
ISBN-13:9784641149328
判型:A5
発売社名:有斐閣
対象:専門
発行形態:単行本
内容:政治含む国防軍事
言語:日本語
ページ数:248ページ
縦:22cm
他の有斐閣の書籍を探す

    有斐閣 環境条約交渉の政治学―なぜ水俣条約は合意に至ったのか [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!