憲法判例と裁判官の視線―その先に見ていた世界 [単行本]

販売休止中です

    • 憲法判例と裁判官の視線―その先に見ていた世界 [単行本]

    • ¥3,520106ポイント(3%還元)
100000009003197936

憲法判例と裁判官の視線―その先に見ていた世界 [単行本]

価格:¥3,520(税込)
ポイント:106ポイント(3%還元)(¥106相当)
日本全国配達料金無料
出版社:有斐閣
販売開始日: 2019/10/09
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

憲法判例と裁判官の視線―その先に見ていた世界 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    最高裁の憲法判断のダイナミズムを描く。
  • 目次

    第1部 最高裁における憲法判例形成の実情等
     Ⅰ 最高裁憲法判例(多数意見)形成の背景事情/Ⅱ 最高裁憲法判例における合憲性審査基準の呈示の仕方と裁判官の思考方法/Ⅲ 「司法部の立ち位置」と最高裁の憲法判断における多数意見
    第2部 戦後70年の最高裁の憲法判例の展開から見る「司法部の立ち位置」の素描
     Ⅰ 社会に根を下ろし,国民から信頼される司法を実現するために──レペタ法廷メモ事件大法廷判決と矢口洪一長官らの眼差し/Ⅱ 立法裁量と違憲立法審査権との相克──国籍法違憲訴訟大法廷判決の際の激論/Ⅲ 保革の政治的対立と公務員労働事件を巡る司法部の立ち位置──横田喜三郎長官らと石田和外長官らが見ていた世界の相違/Ⅳ 司法部と立法府との対決──定数訴訟の幕開け/Ⅴ 高度の政治性を有する問題と司法部の違憲立法審査の在り方──日米安保条約の違憲審査において「統治行為論」等を採用した背景事情等/Ⅵ 衆議院解散の効力と司法部による介入の是非/Ⅶ 今日の社会における平等原則の重みと変遷する国民意識の把握──従前の審査基準の限界と修正は?
  • 出版社からのコメント

    最高裁判事はどのような思考のもとに憲法判断を行っているのか。自身も憲法判例の形成に関わった著者が、背景事情も踏まえ考察。
  • 内容紹介

    最高裁の裁判官はどのような思考のもとに憲法判断を行っているのか。歴代の最高裁判事の議論の多くに直接・間接に接し,自身も最高裁判事として憲法判例の形成にかかわった著者が,時代を画した主要な憲法判例13件をとりあげ,その背景事情をも踏まえて考察する。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    千葉 勝美(チバ カツミ)
    元最高裁判所判事・弁護士。1970年東京大学法学部卒業。1972年判事補任官後、東京地裁判事、最高裁秘書課長・広報課長、最高裁民事局長・行政局長、最高裁首席調査官、仙台高裁長官を経て、2009年12月から2016年8月まで最高裁判所判事
  • 著者について

    千葉 勝美 (チバ カツミ)
    元最高裁判所判事,弁護士

憲法判例と裁判官の視線―その先に見ていた世界 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:有斐閣
著者名:千葉 勝美(著)
発行年月日:2019/10/10
ISBN-10:4641227772
ISBN-13:9784641227774
判型:B6
発売社名:有斐閣
対象:専門
発行形態:単行本
内容:法律
言語:日本語
ページ数:266ページ ※260,6P
縦:20cm
他の有斐閣の書籍を探す

    有斐閣 憲法判例と裁判官の視線―その先に見ていた世界 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!