現象学的人間学 新装版-講演と論文1 [単行本]
    • 現象学的人間学 新装版-講演と論文1 [単行本]

    • ¥6,600198ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009003199743

現象学的人間学 新装版-講演と論文1 [単行本]

価格:¥6,600(税込)
ポイント:198ポイント(3%還元)(¥198相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:みすず書房
販売開始日: 2019/11/05
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

現象学的人間学 新装版-講演と論文1 [単行本] の 商品概要

  • 目次

    まえがき
    現象学について
    生命機能と内的生活史
    夢と実存
    ヘラクレイトスの人間理解
    精神療法について
    人間学の光に照らして見たフロイトの人間理解
    精神医学における現存在分析的研究方向

    解説
  • 出版社からのコメント

    七篇の論文と講演。精神医学者が現象学的方法から人間存在を問う。「精神療法について」ほか。
  • 内容紹介

    ルートウィヒ・ビンスワンガーは20世紀の精神医学に《現存在分析》という新しい道を切りひらき、1966年、85歳の生涯を終えるまで、つねに前衛的な研究活動をつづけてきた。本書は、その代表的な講演と論文をまとめたもので、フッサールの現象学を精神医学のなかに方法としてとり入れ、人間存在の根本構造への探究をテーマとして、広い人文的教養に裏づけされた明晰な思考を展開している。1922年より20数年にわたるそれぞれの講演・論文は、その時点における精神医学界の動向を背景としつつ、時代を超えて生きつづける新しい知見の提出となっている。
    「わたくしは人間だ、だからわたくしには人間に関するいかなることも、よそごとには思えないのだ」といったローマ人テレンティウスのことばは、またビンスワンガーのものでもある。いつも病者とともに思考し、それを生きた一精神科医の不滅の光はそこに根ざしている。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    ビンスワンガー,ルートウィヒ(ビンスワンガー,ルートウィヒ/Binswanger,Ludwig)
    1881年スイス、クロイツリンゲンに生れる。家は代々高名な内科医や精神科医を送り出している名家。コンスタンツのギムナジウムを経て、1904年以後ローザンヌ、ハイデルベルク、チューリヒの各大学で医学を学ぶ。学生時代思想的にはカント、ナートルプ、リッケルト、精神医学に関してはボンヘッファー、E.ブロイラー、ユング、フロイトの影響を受ける。1911‐56年私立精神病院の院長。フッサールの現象学、ハイデガーの現存在分析論に立脚した人間学を研究。1966年歿

    荻野 恒一(オギノ コウイチ)
    1921年大阪に生れる。1944年京都大学医学部卒業。元慶應義塾大学文学部人間科学科客員教授。1991年歿

    宮本 忠雄(ミヤモト タダオ)
    1930年埼玉県に生れる。1954年東京医科歯科大学医学部卒業。精神医学専攻。自治医科大学名誉教授。1999年歿

    木村 敏(キムラ ビン)
    1931年外地に生れる。1955年京都大学医学部卒業。京都大学名誉教授。河合文化教育研究所主任研究員。精神病理学専攻
  • 著者について

    ルートウィヒ・ビンスワンガー (ルートウィヒビンスワンガー)
    1881-1966。スイス、クロイツリンゲンに生れる。家は代々高名な内科医や精神科医を送り出している名家。コンスタンツのギムナジウムを経て、1904年以後ローザンヌ、ハイデルベルク、チューリヒの各大学で医学を学ぶ。学生時代思想的にはカント、ナートルプ、リッケルト、精神医学に関してはボンヘッファー、E・ブロイラー、ユング、フロイトの影響を受ける。1911-56年私立精神病院の院長。フッサールの現象学、ハイデガーの現存在分析論に立脚した人間学を研究。主な著書に『精神分裂病』I・II(みすず書房、1960-61)『現象学的人間学』(みすず書房、1967)『うつ病と躁病』(みすず書房、1972)『思い上がり ひねくれ わざとらしさ』(みすず書房、1995)がある。

    荻野恒一 (オギノコウイチ)
    1921年大阪に生れる。1944年京都大学医学部卒業。元慶應義塾大学文学部人間科学科客員教授。1991年歿。主著『精神病理学入門』(誠信書房、1964)『ドストエフスキー――芸術と病理』(パトグラフィ双書6、金剛出版、1971)『現象学的精神病理学』(医学書院、1973)ほか。訳書 ビンスワンガー『夢と実存』(1960)『現象学的人間学』(共訳、1967)ほか。

    宮本忠雄 (ミヤモトタダオ)
    1930年埼玉県に生れる。1954年東京医科歯科大学医学部卒業。精神医学専攻。自治医科大学名誉教授。1999年歿。著書『精神分裂病の世界』(紀伊國屋書店、1966)『人間的異常の考察』(筑摩書房、1970)『現代の異常と正常』(1972)『言語と妄想』(1974、以上平凡社)『妄想研究とその周辺』(弘文堂、1982)ほか。訳書 フランクル『時代精神の病理学』(1961)『神経症』(共訳、1961)ビンスワンガー『現象学的人間学』(共訳、1967)メルロ=ポンティ『知覚の現象学』2(共訳、1974)テレンバッハ『味と雰囲気』(共訳、1980)『メランコリー』(1985、以上みすず書房)ハンス・トリューブ『出会いによる精神療法』(共訳、金剛出版、1982)ラカン『パラノイア性精神病』(共訳、朝日出版社、1987)ほか。

    木村敏 (キムラビン)
    1931年外地に生れる。1955年、京都大学医学部卒業。京都大学名誉教授。河合文化教育研究所主任研究員。精神病理学専攻。1981年第3回シーボルト賞(ドイツ連邦共和国)、1985年第1回エグネール賞(スイス、エグネール財団)、2003年第15回和辻哲郎文化賞受賞。

現象学的人間学 新装版-講演と論文1 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:みすず書房
著者名:ルートウィヒ ビンスワンガー(著)/荻野 恒一(訳)/宮本 忠雄(訳)/木村 敏(訳)
発行年月日:2019/10/25
ISBN-10:462208872X
ISBN-13:9784622088721
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:哲学
言語:日本語
ページ数:314ページ
縦:21cm
重量:590g
その他: 原書名: AUSGEW¨AHLTE VORTR¨AGE UND AUFS¨ATZE,Band 1.Zur Ph¨anomenologischen Anthropologie〈Binswanger,Ludwig〉
他のみすず書房の書籍を探す

    みすず書房 現象学的人間学 新装版-講演と論文1 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!