IntelliJ IDEA パーフェクトガイド [単行本]

販売を終了しました

    • IntelliJ IDEA パーフェクトガイド [単行本]

100000009003201114

IntelliJ IDEA パーフェクトガイド [単行本]

販売終了時の価格: ¥3,278(税込)
フォーマット:
出版社:技術評論社
販売開始日: 2019/11/27(販売終了商品)
お取り扱い: のお取り扱い商品です。

販売を終了しました

IntelliJ IDEA パーフェクトガイド [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    環境設定からリファクタリング、JUnitによるテスト、Gradleによるビルド方法、Gitを用いたチーム開発方法まで。開発に必要なIntelliJ IDEAの使い方を徹底解説!
  • 目次

    ■■■第1章 IntelliJ IDEAの概要
    ■■1-1 IntelliJ IDEAとは
    IntelliJ IDEAは統合開発環境
    統合開発環境(IDE)の歴史
    IntelliJ IDEAとEclipse
    IntelliJ IDEAで利用できるプログラム言語
    Scalaとは

    ■■1-2 IntelliJ IDEA の特徴と主な機能
    IntelliJ IDEAの特徴
    IntelliJ IDEAが利用できるプラットフォーム
    IntelliJ IDEAには無償版と有償版がある
    IntelliJ IDEAの主な機能

    ■■1-3 システム開発とは
    プログラミングの流れ
    コンパイルとは
    デバッグとは
    ビルドとは
    テスティングとは
    リファクタリングとは

    ■■■第2章 IntelliJ IDEAをはじめよう
    ■■2-1 IntelliJ IDEAのインストール
    IntelliJ IDEAのインストール前に知っておくこと
    IntelliJ IDEAの入手先
    IntelliJ IDEAの旧バージョンを利用したい場合
    IntelliJ IDEAのインストール
    IntelliJ IDEAの初期設定
    IntelliJ IDEAの初期画面

    ■■2-2 IntelliJ IDEAの日本語化
    Pleiades 日本語化プラグインとは
    Pleiades 日本語化プラグインの導入

    ■■2-3 IntelliJ IDEAの起動と終了
    IntelliJ IDEAの起動
    IntelliJ IDEAの終了

    ■■2-4 IntelliJ IDEAの画面構成
    IntelliJ IDEAの開発ワークフロー
    IntelliJ IDEAの基本構成
    IntelliJ IDEAの画像構成
    ツール ウィンドウの切り替え操作

    ■■■第3章 IntelliJ IDEAの基本機能を理解する
    ■■3-1 IntelliJ IDEA の初期設定
    起動後の画面設定
    プロジェクトを開く場合の動作設定
    エディター画面での設定
    プラグインのインストール
    設定のインポートとエクスポート
    JDK(Java SE Development Kit)をインストールする

    ■■3-2 IntelliJ IDEAをカスタマイズする
    プラグインの設定画面を開く
    プラグインをインストールする
    プラグインの有効/無効化
    「マーケットプレース」を経由せずにプラグインを入手する
    JetBrains 公式サイトからプラグインをダウンロードする
    USBメモリなどから「プラグイン・ファイル」をインストールする

    ■■3-3 プロジェクトを作成する
    プロジェクトの作成
    Javaクラスを作成する
    プロジェクトを閉じる
    プロジェクトを開く
    複数のプロジェクトを開く
    プロジェクトを移行する(エクスポート)
    プロジェクトのインポート
    既存のプロジェクトをテンプレートとして利用する
    Scalaプロジェクトを作成する
    Scalaのプログラムを作成して実行するまでの手順

    ■■■第4章 コーディング機能
    ■■4-1 コード補完機能を使いこなす
    コード補完機能の使い方
    スマート補完
    ステートメント補完
    メインメソッドの自動定義
    Javaクラスの自動インポート
    ファイル内のJavaクラスをすべて自動インポートする

    ■■4-2 エディターでマクロを使用する
    マクロを記録する
    マクロを再生する
    マクロを編集する
    マクロのアクションについて
    マクロをショートカットキーに割り当てる

    ■■4-3 スクラッチファイルを作成する
    スクラッチファイルとは
    Java用のスクラッチファイルを作成/実行する
    Scala用のスクラッチファイルを作成する

    ■■4-4 エディターのカスタマイズ
    エディターの表示設定
    コードを折りたたむ
    画面の切り替えと分割
    ソースファイルを別のウィンドウで表示する
    コードの比較
    クラスやメソッドの構造を確認する
    クラスやメソッドの階層や呼び出し関係を確認する
    ナビゲートで目的のクラスやメソッドに移動する

    ■■■第5章 デバッグ機能
    ■■5-1 ブレークポイントを設定する
    ブレークポイントを使わないデバッグ
    論理エラーを解消する
    ブレークポイントを設定する
    ブレークポイントを解除する

    ■■5-2 デバッグ作業でブレークポイントを使用する
    ブレークポイントを使用したデバッグの手順
    デバッグを停止する
    デバッグ中に操作する

    ■■5-3 デバッグ操作の具体例
    ブレークポイントを使ったデバッグ操作の具体例
    ステップ・インを使ったデバッグ
    ステップ・オーバーとステップ・アウト
    強制的にステップ・インする

    ■■5-4 高度なデバッグ操作
    ブレークポイントの設定をカスタマイズする
    変数の値を追跡する
    「変数」ペインから変数の値を変更する
    「監視式」ペインを活用する

    ■■■第6章 リファクタリング
    ■■6-1 リファクタリングの目的
    なぜリファクタリングが必要なのか
    リファクタリングの目的
    リファクタリングを実施すべきタイミング

    ■■6-2 サポートしているリファクタリング機能
    リファクタリング機能がないと
    IntelliJ IDEA がサポートしているリファクタリング機能

    ■■6-3 リファクタリングを体験する
    実践的なリファクタリングを行う
    メソッドを外部クラスへ移動する
    リファクタリングによるクラスの継承

    ■■■第7章 IntelliJ IDEAのテスト手法
    ■■7-1 テスティングの目的
    ソフトウェア開発におけるテスト
    JUnitによるテストのメリット
    JUnit の観点はホワイトボックステスト
    ホワイトボックステストと網羅条件

    ■■7-2 JUnitによる基本テスト
    元のソースプログラム
    テストケースを作成する
    assertEqualメソッドを使う
    assertSame/assertNotSameメソッド
    assertEquals/assertSameメソッドの違い
    assertArrayEqualsメソッド
    assertNull/assertNotNullメソッド
    assertTrue/assertFalseメソッド

    ■■7-3 JUnitによるテスティングを体験する
    JUnitとアノテーション
    JUnit5 のアノテーションを検証する
    アノテーションを追加する
    条件分岐のJUnitテスト
    複数の分岐条件を網羅する

    ■■7-4 Specs2とScalaTestの基本
    ScalaのテストではSBTを利用する
    SBTプロジェクトを作成する
    Specs2とは
    Specs2を利用する
    Specs2による基本的なテスティング
    ScalaTestとは
    ScalaTestによる基本的なテスティング

    ■■■第8章 IntelliJ IDEAのビルドツール
    ■■8-1 ビルドとビルドツール
    ビルドとは
    Mavenとは
    Mavenを利用する
    ビルドファイルを編集する

    ■■8-2 Gradleの基本操作
    Gradleの特徴
    Gradleプロジェクトを作成する
    Gradleの基本操作
    Gradleのビルドファイルを編集してJARファイルを実行する

    ■■8-3 Gradleによるビルド体験
    Gradleからプログラムをテストする
    GradleでJavadocを作成する
    Groovyでビルド処理を記述する
    Groovyでその他のタスクを実行する
    アクションリストを使う

    ■■8-4 ScalaのSBTによるビルド体験
    SBTプロジェクトでビルド時の設定を行う

    ■■■第9章 チーム開発
    ■■9-1 チーム開発に必要な前提知識
    グループとチームの違い
    チーム開発とチームワーク
    チーム開発で重要なバージョン管理
    バージョン管理システム
    ブランチ機能

    ■■9-2 Gitによるチーム開発
    Gitとは
    GitHubとは
    GitHubを利用してみる
    リポジトリーを作成する
    プロジェクトをコミットする
    コミットしたプロジェクトをGitHubへアップロードする
    GitHubのプロジェクトを共有する(プロジェクトのチェックアウト)

    ■■9-3 Gitの実践
    GitHubのプロジェクトを共有する(バージョン管理)
    GitHubのプロジェクトを共有する(ブランチによるバージョン管理)
  • 内容紹介

    本書はIDEに焦点を当てた書籍です。IDEは豊富な機能が揃っているため、Java開発を行う際、IDEを使うのはデファクトスタンダードになっています。IntelliJ IDEA はJava開発におけるIDEとしてEclipseと双璧をなしており、デバックの取り扱いなどEclipseと比べシンプルな点で海外ではEclipseより支持されています。また、Javaのみならず最近話題のKotlin/ScalaなどのIDEとしても人気があります。本書は新人エンジニアに向けて、豊富な機能が揃ったIDEが裏で何をやっているかをわかりやすく解説した書籍です。なお,本書でとりあげるJUnit/GradleといったツールはScalaなどJava以外の言語にも対応しているため,Javaユーザ以外にも役立つ内容になっています。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    横田 一輝(ヨコタ カズキ)
    学校教育に従事しつつ、「エフサイト(f‐site.com)」代表として、中小企業のICT化支援も行っている。学校法人河合塾学園トライデントコンピュータ専門学校常勤講師。著書多数
  • 著者について

    横田一輝 (ヨコタカズキ)
    横田 一輝(よこた かずき)
    学校教育に従事しつつ、「エフサイト(f-site.com)」代表として、中小企業のICT 化支援も行っている。
    学校法人 河合塾学園 トライデントコンピュータ専門学校 常勤講師
    主な著書:
    ・『Java エンジニアのためのEclipse パーフェクトガイド』(技術評論社)
    ・『Android Studio パーフェクトガイド』(技術評論社)など多数

IntelliJ IDEA パーフェクトガイド [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:技術評論社
著者名:横田 一輝(著)
発行年月日:2019/12/10
ISBN-10:429710895X
ISBN-13:9784297108953
判型:B5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:電子通信
言語:日本語
ページ数:399ページ
縦:23cm
横:19cm
他の技術評論社の書籍を探す

    技術評論社 IntelliJ IDEA パーフェクトガイド [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!