日本映画大学で実践しているドキュメンタリー映像制作の作法 [単行本]
    • 日本映画大学で実践しているドキュメンタリー映像制作の作法 [単行本]

    • ¥2,20066ポイント(3%還元)
    • 在庫あり本日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009003204394

日本映画大学で実践しているドキュメンタリー映像制作の作法 [単行本]

価格:¥2,200(税込)
ポイント:66ポイント(3%還元)(¥66相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、本日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:玄光社
販売開始日:2019/10/18
ご確認事項:返品不可

日本映画大学で実践しているドキュメンタリー映像制作の作法 の 商品概要

  • 目次(「BOOK」データベースより)

    1 大学(大学で映像制作を教えるということ;ドキュメンタリーのカリキュラム ほか)
    2 実践篇‐企画(最初の企画書―映画の種を自覚させること;取材調査が企画を育てる ほか)
    3 実践篇‐撮影(意図を持って撮影するための実習とは?;キャメラを身体化する ほか)
    4 実践篇‐インタビュー(インタビューで対話を成立させる;インタビューの技術と作法 ほか)
    5 実践篇‐編集(カット表を作って映画の構造を分析してみよう;映画編集者、浦岡敬一さんのこと ほか)
    6 作品(ドキュメンタリーの様々なかたち;多様なドキュメンタリー―想田和弘さんの「観察映画」 ほか)
  • 内容紹介

    日本映画大学で実践されている
    「映像制作」の方法論とは


    日本映画界やテレビ制作業界に優秀な人材を幅広く輩出し続けている日本映画大学では「映像制作」をどうやって教えているのか? その方法論をドキュメンタリーコースを担当する安岡卓治教授(映画プロデューサー。『A』『A2』など多数)が解き明かしていく!

    ※本書は、月刊ビデオSALONにおける2年半にわたる連載に新規原稿を追加し、再構成したものです。



    【主な内容】
    ●企画…最初の企画書~映画の種を自覚させること/取材調査が企画を育てる/作品の形を模索すること/「撮りたい」衝動を画にする~映像とことばの奥にあるもの/取材対象から何をどう伝えるのか?
    ●撮影…意図を持って撮影するための実習とは?/キャメラを身体化する/ワンポジション50ショット演習/納得いく画を撮るには作業設計が大切
    ●インタビュー…インタビューで対話を成立させる/インタビューの技術と作法/インタビューの撮影と編集/インタビュー作品 横の編集と縦の編集
    ●編集…カット表を作って映画の構造を分析してみよう/映画編集者、浦岡敬一さんのこと/素材シークエンスとカット表と粗編シークエンス/「見せ場」と「聞かせどころ」をどう生かすのか?/「ログライン」からストーリーテリングそしてプレゼンへ/「ナレーション」で逃げずに全体を組み立て直すこと
    ●作品…ドキュメンタリーの様々なかたち/多様なドキュメンタリー~想田和弘さんの「観察映画」 アジアの大学共同プロジェクト/広がる国際的な人材育成プロジェクト/佐藤真/今村昌平と土本典昭/中村高寛「ヨコハマメリー かつて白化粧の老娼婦がいた」/ 森達也と私『A』の現場で体験した感覚
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    安岡 卓治(ヤスオカ タカハル)
    1954年生まれ。映画プロデューサー。2011年の東日本大震災以降は、森達也、綿井健陽、松林要樹らと共同監督した『311』(2012/プサン国際映画祭「AND」ファンド受賞/山形国際ドキュメンタリー映画祭2011公式上映)をはじめ、震災関連作品を編集もしくはプロデュース。日本映画大学教授として、若手ドキュメンタリー制作者の育成を続けている
  • 著者について

    安岡卓治 (ヤスオカタクジ)
    1954年生まれ。映画プロデューサー。『沖縄のハルモニ-証言・従軍慰安婦-』(1979/山谷哲夫監督)に助監督・撮影・編集として、『ゆきゆきて、神軍』(88/原一男監督)に助監督として参加。88年以降、『追悼のざわめき』(88年/松井良彦監督)、『部屋 THE ROOM』(94/園子温度監督)など数々のインディペンデント映画をプロデュース。『A』(98/森達也監督)、『A2』(2001/同前)では製作・撮影・編集を務め、『Little Birds イラク 戦火の家族たち』(05/綿井健陽監督)、『ガーダ パレスチナの詩』(06/古居みずえ監督)、『花と兵隊』(09/松林要樹)、『ただいま それぞれの居場所』(10/大宮浩一監督)ではプロデューサー・編集をつとめ、ドキュメンタリー映画を劇場公開へと導く。2011年の東日本大震災以降、森達也、綿井健陽、松林要樹らと共同監督した『311』(2012/プサン国際映画祭ファンド受賞)をはじめ、震災関連作品制作に尽力。日本映画大学教授として、若手ドキュメンタリー制作者の育成を続けている。

日本映画大学で実践しているドキュメンタリー映像制作の作法 の商品スペック

商品仕様
出版社名:玄光社
著者名:安岡 卓治(著)
発行年月日:2019/10/18
ISBN-10:4768312462
ISBN-13:9784768312469
判型:B5
対象:一般
発行形態:単行本
内容:写真・工芸
言語:日本語
ページ数:237ページ
縦:23cm
横:19cm

    玄光社 日本映画大学で実践しているドキュメンタリー映像制作の作法 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!