フリーランスの心理士・浅見大紀です-地域で認知症の方と御家族を支える心理の仕事をしています [単行本]
    • フリーランスの心理士・浅見大紀です-地域で認知症の方と御家族を支える心理の仕事をしています [単行本]

    • ¥2,53076ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2020年6月4日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009003207318

フリーランスの心理士・浅見大紀です-地域で認知症の方と御家族を支える心理の仕事をしています [単行本]

価格:¥2,530(税込)
ポイント:76ポイント(3%還元)(¥76相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2020年6月4日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:福村出版
販売開始日: 2019/11/08
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

フリーランスの心理士・浅見大紀です-地域で認知症の方と御家族を支える心理の仕事をしています の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    せっかく就職した経済産業省の職場が水に合わず、あっという間に辞めたあと、心理学と出遭った著者。死が怖くてたまらない著者は、逆説的に高齢者の心理臨床の道に入ることに…。そこで出会う数々の艱難辛苦と感動の日々。震災後の東北やリハビリテーション・クリニック、地域の認知症専門病院で認知症の方やその御家族を支える仕事を通して、心理職の仕事とは?飽くなき挑戦を続ける奮闘記!
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1部 私の履歴書(職場放浪記)
    第2部 地域での仕事(話を聴く;もの忘れ予防教室;地域住民への講話活動;若年性認知症の方と御家族の集い「ほっとする会」;介護職員さんの認知症対応勉強会)
    第3部 地域での連携(地域の事業を心理の視点で眺めてみると;医療機関に所属する心理職への期待;心理職が地域で受け入れられていくために)
  • 内容紹介

    最初の就職先経済産業省を辞めた著者は自らの死への恐怖から高齢者に携わる仕事を選ぶ。東北の大震災を知った後、地元の認知症者と家族を支える仕事に従事して奮闘する記録。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    浅見 大紀(アザミ ヒロキ)
    1978年生まれ。2002年新潟大学農学部生産環境科学科卒業。2006年東京学芸大学大学院教育学研究科修了。医療法人財団新誠会成城リハビリテーションクリニック。2008年医療法人社団翠会和光病院。2011年東日本大震災への災害支援活動。2012年東京都立中部総合精神保健福祉センター。2013年筑波大学附属病院。2015年東北大学災害科学国際研究所。2016年独立。4月~2018年3月宮城県S市地域包括支援センター。現在、フリーランスの臨床心理士として宮城県、東京都、千葉県、茨城県にて認知症関連の仕事に従事

フリーランスの心理士・浅見大紀です-地域で認知症の方と御家族を支える心理の仕事をしています の商品スペック

商品仕様
出版社名:福村出版
著者名:浅見 大紀(著)
発行年月日:2019/11/10
ISBN-10:4571240791
ISBN-13:9784571240799
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:心理学
言語:日本語
ページ数:201ページ
縦:21cm
他の福村出版の書籍を探す

    福村出版 フリーランスの心理士・浅見大紀です-地域で認知症の方と御家族を支える心理の仕事をしています [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!