ニッポンお宝食材-風土がつくり、人が育てる郷土のお取り寄せ帖 [単行本]
    • ニッポンお宝食材-風土がつくり、人が育てる郷土のお取り寄せ帖 [単行本]

    • ¥1,98060ポイント(3%還元)
    • 在庫あり本日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
数量:
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009003210569

ニッポンお宝食材-風土がつくり、人が育てる郷土のお取り寄せ帖 [単行本]

価格:¥1,980(税込)
ポイント:60ポイント(3%還元)(¥60相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、本日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:小学館
販売開始日:2019/11/22
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 99698位

ニッポンお宝食材-風土がつくり、人が育てる郷土のお取り寄せ帖 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    取り寄せは簡単で便利だけど、食べに行く旅もまた楽しい。「令和」のうまいものを探すなら、食の現場を知る第一人者の情報がいちばん。生産者から直接、おいしさの秘密を聞いてきました。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    沖縄
    九州
    四国
    中国
    近畿
    甲信越・北陸
    東海
    東海
    関東
    東北
    北海道
  • 内容紹介

    本当の『地産地消』ってこういうこと!

    地方の時代と言われて久しい。日本人はもとより海外からの旅行者も郷土料理や、地方の食材に注目している。
    『食の街道を行く』でグルマン世界料理本大賞グランプリを受賞した向笠千恵子は地方の時代の到来を早くから唱え、JR東海のPR誌『ひととき』で2013年11月から5年にわたって生産者を訪ね、その食材を使った料理店を取材した。各県1品目以上の58品目の名付けて『お宝食材』。
    たとえば、「職人の腕と勘が冴える郷土の味」奈良県の吉野葛や徳島県の和三盆、「昔ながらの製法を頑固に守っている」、島根県の干し柿や三重県の伊勢たくわん、京都のしば漬け、熊本の南関そうめん、また「産地の知恵で食材の持ち味をとことん活かしている」岐阜県の粉山椒や、長野県の経木納豆、茨城の凍みこんにゃく・・・・など。どれも、未来に残さなくてはいけない大切なニッポンの宝物である。
    47都道府県のよく知られた名品から、隠れた絶品まで、生産者の苦労や流通の難しさなどを、美しい写真とともに、旅するように読んで頂きたい。


    【編集担当からのおすすめ情報】
    とにかく、世の中に数多くあるお取り寄せ情報ではあるが、本気で未来に残していきたい食材58点を集めました。
    最初に取材したときから時間が経ち、異常気象や災害などで、どうしても続けていけなくなった生産者もいます。本当の意味で応援する気持ちも込めて、「お宝食材」の良さを感じて欲しい。


    図書館選書
    徹底取材したニッポンが誇るお宝食材58品目と、その食材を最大限に利用した現地の郷土料理店,取扱店を沖縄から北上していく形で紹介。取材時からの情報も更新し、お取り寄せにも旅の友としても便利な一冊となる。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    向笠 千恵子(ムカサ チエコ)
    フードジャーナリスト、食文化研究家、エッセイスト。東京・日本橋出身。慶應義塾大学文学部卒業。日本の本物の味、安心できる食べもの、伝統食品づくりの現場を知る第一人者。『食の街道を行く』(平凡社新書)でグルマン世界料理本大賞グランプリを受賞

ニッポンお宝食材-風土がつくり、人が育てる郷土のお取り寄せ帖 の商品スペック

商品仕様
出版社名:小学館
著者名:向笠 千恵子(文)/荒井 孝治(写真)
発行年月日:2019/11/27
ISBN-10:4093887373
ISBN-13:9784093887373
判型:A5
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学評論・随筆
言語:日本語
ページ数:241ページ
縦:21cm

    小学館 ニッポンお宝食材-風土がつくり、人が育てる郷土のお取り寄せ帖 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!