よくわかる家族社会学(やわらかアカデミズム・〈わかる〉シリーズ) [全集叢書]
    • よくわかる家族社会学(やわらかアカデミズム・〈わかる〉シリーズ) [全集叢書]

    • ¥2,64080ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2020年10月30日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003210650

よくわかる家族社会学(やわらかアカデミズム・〈わかる〉シリーズ) [全集叢書]

西野 理子(編著)米村 千代(編著)
価格:¥2,640(税込)
ポイント:80ポイント(3%還元)(¥80相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2020年10月30日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:ミネルヴァ書房
販売開始日: 2019/11/30
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

よくわかる家族社会学(やわらかアカデミズム・〈わかる〉シリーズ) の 商品概要

  • 目次

    はじめに

    prologue 家族社会学の成り立ち

    Ⅰ 家族をとらえる理論と視角
     1 家族の成立
       家族は自然にできるのか
     2 親族と家族
       親族と家族の境界とは
     3 直系家族と夫婦家族
       家族制度論
     4 父系と双系化
     5 日本の「家」制度と「家」概念
     6 理念としての核家族化論
     7 実態としての核家族化論
     8 家族システム論・家族発達論
     9 家族ストレス論
       家族の危機をどうとらえるか
     10 近代家族論
       私たちの思う家族は昔からあったのか
     11 ネットワーク論
       ネットワーク論から家族をとらえる
     12 ライフコース論
       個人の人生軌道から家族過程をとらえる
     13 臨床的なアプローチ
       家族の危機にどう立ち向かうか
     14 資源論・交換理論的なアプローチ
     15 家族の個人化
       家族はバラバラになるのか
     16 家族のリスク化
       家族をあてにしてもよいのか
     17 公共圏と家族
       家族の親密さとは
     18 主観的家族
       誰を家族だと思うか
     19 日本の家族の地域性
       家族に地域差はあるのか
     20 世界の中の家族
       家族のグローバル化

    Ⅱ 結婚:理論から家族をとらえる(1)
     1 晩婚・非婚化の現状
     2 晩婚・非婚化を説明する諸理論
     3 さらなる理論的展開の可能性
     4 未婚化
       結婚制度の再考
     5 離再婚

    Ⅲ 家事分担:理論から家族をとらえる(2)
     1家事分担の現状
     2 家事分担を説明する諸理論
     3 さらなる理論的展開の可能性

    Ⅳ 子の養育:理論から家族をとらえる(3)
     1 子の養育の現状,社会問題化
     2 子の養育を説明する諸理論
     3 さらなる理論的展開の可能性
     4 親と子のつながり

    Ⅴ 高齢期のケア:理論から家族をとらえる(4)
     1 高齢期のケアの現状
     2 高齢期のケアを説明する諸理論
     3 さらなる理論的展開の可能性
     4 独居問題

    Ⅵ 夫婦間の情緒的関係:理論から家族をとらえる(5)
     1 夫婦間の情緒的関係の現状
     2 夫婦間の情緒的関係を説明する諸理論
     3 さらなる理論的展開の可能性

    Ⅶ 中期親子関係:理論から家族をとらえる(6)
     1 中期親子関係の現状
     2 中期親子関係を説明する諸理論
     3 さらなる理論的展開の可能性

    Ⅷ きょうだい関係:理論から家族をとらえる(7)
     1 きょうだい関係の現状
     2 きょうだい関係を説明する諸理論
     3 さらなる理論的展開の可能性

    Ⅸ 祖父母・孫関係:理論から家族をとらえる(8)
     1 祖父母・孫関係の現状
     2 祖父母・孫関係を説明する諸理論
     3 さらなる理論的展開の可能性

    Ⅹ 親になること・妊娠と出産:理論から家族をとらえる(9)
     1 親になること・妊娠と出産の現状
     2 親になること・妊娠と出産をめぐる諸理論
     3 少子化論
     4 さらなる理論的展開の可能性

    Ⅺ 家族支援:理論から家族をとらえる(10)
     1 家族支援の現状
     2 家族支援をめぐる諸理論
     3 さらなる理論的展開の可能性

    ⅩⅡ 家族と社会
     1 家族と先祖
     2 家族と地域
     3 家族と職業・仕事
     4 家族と教育
     5 家族とメディア
     6 家族とイデオロギー

    ⅩⅢ 家族社会学の隣接領域
     1 人口学
     2 法学
     3 福祉社会学
     4 地域社会学
     5 教育社会学
     6 歴史社会学
     7 歴史人口学
     8 計量的アプローチ
     9 フェミニズム
     10 計量的な調査
     11 質的な調査

    ⅩⅣ 現代家族をめぐる諸問題へのアプローチ
     1 DV
     2 子ども虐待
     3 ひとり親家庭
     4 子どもの貧困
     5 孤立
     6 LGBT

    epilogue 家族社会学のこれから

    さくいん
  • 出版社からのコメント

    家族社会学が取り組んできた領域やテーマを広くとりあげ、家族の過去・現在・未来を考えるための手だてを教える
  • 内容紹介

    家族への関心はますます高まっている。少子化や超高齢社会のなか、問題解決のために家族のあり方が問われることも多い。本書は家族社会学が取り組んできた領域やテーマを広くとりあげ、家族社会学の理論ならびにその活用を平明に説く。家族社会学という学問領域がこれまで何をどうやって明らかにしようとしてきたのか、さらにこれからの可能性の開拓までを見通したテキストである。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    西野 理子(ニシノ ミチコ)
    1963年生まれ。東洋大学社会学部教授

    米村 千代(ヨネムラ チヨ)
    1965年生まれ。千葉大学文学部教授
  • 著者について

    西野 理子 (ニシノ ミチコ)
    2019年11月現在 東洋大学社会学部教授

    米村 千代 (ヨネムラ チヨ)
    2019年11月現在
    千葉大学文学部教授

よくわかる家族社会学(やわらかアカデミズム・〈わかる〉シリーズ) の商品スペック

商品仕様
出版社名:ミネルヴァ書房 ※出版地:京都
著者名:西野 理子(編著)/米村 千代(編著)
発行年月日:2019/12/10
ISBN-10:4623085511
ISBN-13:9784623085514
判型:B5
対象:専門
発行形態:全集叢書
内容:社会
言語:日本語
ページ数:183ページ
縦:26cm
他のミネルヴァ書房の書籍を探す

    ミネルヴァ書房 よくわかる家族社会学(やわらかアカデミズム・〈わかる〉シリーズ) [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!