となりの難民―日本が認めない99%の人たちのSOS [単行本]
    • となりの難民―日本が認めない99%の人たちのSOS [単行本]

    • ¥1,65050ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2020年12月3日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003211391

となりの難民―日本が認めない99%の人たちのSOS [単行本]

価格:¥1,650(税込)
ポイント:50ポイント(3%還元)(¥50相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2020年12月3日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:旬報社
販売開始日: 2019/10/29
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

となりの難民―日本が認めない99%の人たちのSOS の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    日本育ちなのに大人になったら収容される子どもたち。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 私が出会った難民(ある公衆電話からのSOS;日本が外国人をいじめている ほか)
    第2章 世界と日本の難民事情(日本にいる外国人;難民と移民はどう違う? ほか)
    第3章 「入管」に収容される難民(“面会”ってどうやってするの?;透明な壁の向こう側 ほか)
    第4章 日本で育った難民の子どもたち(非正規滞在の子どもたちの未来;国連大学前での座りこみで出会った少女 ほか)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    織田 朝日(オダ アサヒ)
    外国人支援団体「編む夢企画」主宰。2004年、日本に暮らすクルド人家族の難民認定を求める国連大学前での座りこみアクションに参加。追いつめられた16歳の少女に「日本で生きていたって明日はない」と言われたことに大きなショックを受け、以来、日本の難民問題にたずさわる。おもに東京入国管理局を中心に面会活動、裁判、当事者アクションをサポートしている。また、クルド人の子どもたちの劇団「ウィンクス」の脚本・演出を担当。子どもたちの体験をもとにした演劇を披露している。一児の母で、写真家として日本にいる難民たちを撮り続けており、個展も開催している。雑誌やウェブメディアなどで難民問題について積極的にレポートを発表している。収容者友人有志一同SYIメンバー

となりの難民―日本が認めない99%の人たちのSOS の商品スペック

商品仕様
出版社名:旬報社
著者名:織田 朝日(著)
発行年月日:2019/11/08
ISBN-10:4845116138
ISBN-13:9784845116133
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:社会
ページ数:195ページ
縦:19cm
他の旬報社の書籍を探す

    旬報社 となりの難民―日本が認めない99%の人たちのSOS [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!