ごみから考えるSDGs 未来を変えるために、何ができる? [事典辞典]
    • ごみから考えるSDGs 未来を変えるために、何ができる? [事典辞典]

    • ¥3,520106ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2020年3月31日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009003211765

ごみから考えるSDGs 未来を変えるために、何ができる? [事典辞典]

織 朱實(監修)
価格:¥3,520(税込)
ポイント:106ポイント(3%還元)(¥106相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2020年3月31日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:PHP研究所
販売開始日: 2019/12/20
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

ごみから考えるSDGs 未来を変えるために、何ができる? の 商品概要

  • 目次(「BOOK」データベースより)

    1章 SDGsって何だろう?(世界中の人に持続可能な未来を;世界の人びとが協力して立てた目標;調和のとれた世界に ほか)
    2章 ごみの一生から考えよう!(何がごみになるんだろう?;ごみなの?資源なの?;本当に必要なものは何だろう? ほか)
    3章 どんなことができるんだろう?(ごみをつくらないために;一人でもできること;家庭でできること ほか)
  • 出版社からのコメント

    地球のすべての人たちの幸せのために設定されたSDGs(持続可能な開発目標)と私たちとの関わりを、身近なごみ問題から考えます。
  • 内容紹介

    現在77億人の世界の人口は、2050年には97億人になると予測されています。飢餓、貧困、環境破壊、温暖化などの問題を解決し、すべての人たちが平等に暮らしつづけていける世界にするために設定されたのが、SDGs(持続可能な開発目標)です。本書は、このSDGsを身近なごみの問題を入り口にして考えます。
    [第1章]SDGsってなんだろう?  ……世界中の人により良い未来を!/世界の人びとが立てた17の目標/調和のとれた世界に/ごみを入り口にしてみよう/1つの入り口がすべてにつながる [第2章]ごみの一生を考えてみよう……何がごみになるんだろう?/とどくまでにごみになる/あふれるごみが地球をよごす/海に流れ出たごみ/ごみが人にかえってくる?/ごみが資源になる/ごみを他国におしつけている!? [第3章]どんなことができるかな?……ごみをつくらないために/一人でもできることってなんだろう?/家族でできることは? 他
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    織 朱實(オリ アケミ)
    上智大学大学院地球環境学研究科教授。1986年3月早稲田大学法学部卒業後、東京海上火災保険株式会社に入社、リスクコンサルティング業務に携わる。同社退職後、2003年3月一橋大学大学院法学研究科博士後期課程修了(法学博士Ph.D.)。関東学院大学法学部助教授(2008年より教授)を経て、現職。専門は環境法。環境法全般(大気、水質、土壌、地球温暖化、生物多様性等)を対象とした研究を行っているが、特に廃棄物、化学物質管理については、容器包装リサイクル法、化学物質管理促進法(PRTR法)の制定に国の審議会委員として関わり、また各自治体の廃棄物審議会の委員も務めている。最近は、小笠原における外来種対策をはじめ、地域の環境問題における市民参加、情報公開、リスクコミュニケーション促進のためのファシリテータの活動や、SDGsの理解促進のためのカードゲームの普及にも積極的に関わっている
  • 著者について

    織 朱實 (オリ アケミ)
    上智大学大学院地球環境学研究科教授

ごみから考えるSDGs 未来を変えるために、何ができる? の商品スペック

商品仕様
出版社名:PHP研究所
著者名:織 朱實(監修)
発行年月日:2020/01/08
ISBN-10:4569789099
ISBN-13:9784569789095
判型:規大
対象:児童
発行形態:事典辞典
内容:土木
言語:日本語
ページ数:55ページ
縦:29cm
横:22cm
他のPHP研究所の書籍を探す

    PHP研究所 ごみから考えるSDGs 未来を変えるために、何ができる? [事典辞典] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!