四つの凶器(創元推理文庫) [文庫]
    • 四つの凶器(創元推理文庫) [文庫]

    • ¥1,05632ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2020年4月12日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
四つの凶器(創元推理文庫) [文庫]
画像にマウスを合わせると上部に表示
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009003212423

四つの凶器(創元推理文庫) [文庫]

価格:¥1,056(税込)
ポイント:32ポイント(3%還元)(¥32相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2020年4月12日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:東京創元社
販売開始日: 2019/12/20
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

四つの凶器(創元推理文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    依頼人であるラルフ・ダグラスと高級娼婦ローズの関係を清算するべく青年弁護士リチャードがパリ近郊の別宅に到着した時、娼婦はすでに寝室で事切れていた。死体発見現場からは、カミソリとピストルと睡眠薬、そして短剣が見つかる。過剰に配置された凶器は何を意味するのか。不可能犯罪の巨匠カーの最初期を彩った名探偵アンリ・バンコランの“最後の事件”を描いた力作長編。
  • 内容紹介

    結婚を目前に控える青年弁護士リチャードがパリ近郊の別荘を訪れたのは、高級娼婦ローズとの関係を清算するためだった。しかし、彼が別荘に到着した時、ローズは既に寝室で事切れていた。彼女の部屋からは、カミソリとピストルと睡眠薬と短剣が見付かる。過剰に配置された凶器は何を意味するのか。多すぎる凶器の謎に、予審判事を引退したアンリ・バンコランが挑む。不可能犯罪の巨匠たるカーの登場を彩った名探偵の“最後の事件”を描く力作。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    カー,ジョン・ディクスン(カー,ジョンディクスン/Carr,John Dickson)
    1906年アメリカ、ペンシルヴェニア州生まれ。30年に予審判事アンリ・バンコランが登場する『夜歩く』を発表。カーター・ディクスン名義によるヘンリ・メリヴェール卿シリーズの『ユダの窓』など、オールタイム・ベスト級の傑作を次々とものし、熱狂的な読者を獲得。“不可能犯罪の巨匠”と呼ばれる。77年没

    和爾 桃子(ワニ モモコ)
    英米文学翻訳家。慶應義塾大学文学部中退

四つの凶器(創元推理文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:東京創元社
著者名:ジョン・ディクスン カー(著)/和爾 桃子(訳)
発行年月日:2019/12/20
ISBN-10:448811847X
ISBN-13:9784488118471
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:外国文学小説
言語:日本語
ページ数:360ページ
縦:15cm
その他: 原書名: THE FOUR FALSE WEAPONS〈Carr,John Dickson〉
他の東京創元社の書籍を探す

    東京創元社 四つの凶器(創元推理文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!