「発達障害」だけで子どもを見ないでその子の「不可解」を理解する [新書]
    • 「発達障害」だけで子どもを見ないでその子の「不可解」を理解する [新書]

    • ¥93529ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年9月27日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
「発達障害」だけで子どもを見ないでその子の「不可解」を理解する [新書]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003212450

「発達障害」だけで子どもを見ないでその子の「不可解」を理解する [新書]

  • 5.0
価格:¥935(税込)
ポイント:29ポイント(3%還元)(¥29相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年9月27日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:SBクリエイティブ
販売開始日: 2019/12/07
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

「発達障害」だけで子どもを見ないでその子の「不可解」を理解する の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    自閉スペクトラム症、ADHD…診断名よりも大切なこと。診断名はあくまでもその子の一部にしか過ぎません。「自閉スペクトラム症のAくん」「注意欠如・多動症(ADHD)のBちゃん」といった視点よりも、大切なのは、その子の目線にまで達して、気持ちを想像してみること。本書では、「発達障害」と診断される可能性のある子どもたち12のストーリーを例に、その子の気持ちや困っている理由を想像し、「仮の理解」を行う過程を解説。子どもの「不可解」な行動に、悩める親や支援者を応援する一冊です。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1部 子どもの心と行動を理解したい!(乳児期(0~3歳ごろ)―1歳半ごろから心配が表面化;幼児期(3~6歳ごろ)―初めての集団生活への不安;就学期(6~7歳ごろ)―就学先選択という一大テーマ;学童期(6~12歳ごろ)―小学校生活の3つのステージ;思春期(12~17歳ごろ)―親との距離感が大事な時期)
    第2部 医療の役割―「診断名」を超えてその子に近づく(発達の診立て;「診断」について)
  • 出版社からのコメント

    「子どもの心と行動を理解したい」人たちへ
  • 内容紹介

    自閉スペクトラム症、ADHD……
    診断名よりも大切なこと

    診断名はあくまでもその子の一部にしか過ぎません。「自閉スペクトラム症のAくん」「注意欠如・多動症(ADHD)のBちゃん」といった視点よりも、大切なのは、その子の目線にまで達して、気持ちを想像してみること。本書では、「発達障害」と診断される可能性のある子どもたち12のストーリーを例に、その子の気持ちを想像し、困っていることを探り、「仮の理解」を行う過程を解説。わが子の「不可解」な行動に、悩める親や支援者を応援する一冊です。

    【「はじめに」より】
    この本は、わが子の育ちを心配する保護者の方々に手に取ってもらえたら、読んでいただけたら、という思いで作りました。
    すでに、発達障害について解説する本は、たくさん書店に並んでいます。飽和状態に近いと思っています。
    その中で本書は、もしかしたら、わが子には「発達障害」という診断が付くのではないだろうか、あるいは周囲からの指摘に、思い悩み、漠然とした「不安」を抱えた保護者の方々に読んでいただけら、という思いで作りました。
    <中略>
    診察室では、時間もいただけますし、出会いを重ねることもできます。そして実際の診察室での話は、これ以上に生活状況は錯綜し、複雑になっているものです。なかなかきれいには収束しません。
    でも、だからこそ、僕たちは日々の臨床で試行錯誤し続けます。




    【内容】
    この本は、わが子の育ちを心配する保護者の方に手に取ってもらえたらという思いで書きました。
    発達障害について解説する本は、たくさんあります。
    でも、漠然とした「不安」を抱えた保護者の方がまず初めに思うのは、わが子にどんな診断がつくのかということよりも(もちろん、それも大切なことではありますが)、ただただ毎日を穏やかに、楽しく、わが子の成長を喜びながら関わりたい。そのために、今ある「不安」を少しでも軽くしたいといったことではないでしょうか。
    例えば、どうして夜に寝てくれないの? どうして外で困らせるの? どうして言うことを聞いてくれないの……?
    そんなわが子に向かって最初に願うことは、「ただ、この子とうまくつき合いたいだけ。
    この子が感じていること、思っていることを知りたいだけ」。
    親は、「この子とうまく関わりたい」と、毎日毎日、思っていることでしょう。
    "わかってしまったような気になってしまう"「発達障害」という名前だけでは、そんな思いにはじょうずに向き合えないように思います。
    「発達障害」だけで子どもを見ないで、この本がそんなたくさんの「不安」をほんの少しでも軽くすることができればと願って、考えながら書きました。
    ――「はじめに」より
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    田中 康雄(タナカ ヤスオ)
    現在、「こころとそだちのクリニックむすびめ」院長。北海道大学名誉教授。児童精神科医師。臨床心理士。1958年栃木県生まれ。1983年に獨協医科大学医学部を卒業後、旭川医科大学精神科神経科、同病院外来医長、北海道大学大学院教育学研究院教授、附属子ども発達臨床研究センター教授などを経て現職。発達障害の特性をもつ子どもとその家族、関係者と、つながり合い、支え合い、認め合うことを大切にした治療・支援で多くの人から支持されている。著書多数
  • 著者について

    田中 康雄 (タナカ ヤスオ)
    現在、「こころとそだちのクリニック むすびめ」院長。北海道大学名誉教授。児童精神科医師。臨床心理士。◎1958年栃木県生まれ。1983年に獨協医科大学医学部を卒業後、旭川医科大学精神科神経科、同病院外来医長、北海道大学大学院教育学研究院教授、附属子ども発達臨床研究センター教授などを経て現職。◎発達障害の特性を持つ子どもとその家族、関係者と、つながり合い、支え合い、認め合うことを大切にした治療・支援で多くの人から支持されている。◎『ADHDとともに生きる人たちへ: 医療からみた「生きづらさ」と支援』(金子書房)、『生活障害として診る発達障害臨床』(中山書店)、『ADHDのある子を理解して育てる本』 (学研プラス)など著書多数。

「発達障害」だけで子どもを見ないでその子の「不可解」を理解する の商品スペック

商品仕様
出版社名:SBクリエイティブ
著者名:田中 康雄(著)
発行年月日:2019/12/15
ISBN-10:4815602603
ISBN-13:9784815602604
判型:B6
対象:一般
発行形態:新書
内容:心理学
言語:日本語
ページ数:239ページ
縦:18cm
他のSBクリエイティブの書籍を探す

    SBクリエイティブ 「発達障害」だけで子どもを見ないでその子の「不可解」を理解する [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!