scikit-learnデータ分析実装ハンドブック [単行本]
    • scikit-learnデータ分析実装ハンドブック [単行本]

    • ¥3,520106ポイント(3%還元)
    • 在庫あり本日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003213217

scikit-learnデータ分析実装ハンドブック [単行本]

  • 3.0
価格:¥3,520(税込)
ポイント:106ポイント(3%還元)(¥106相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、本日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:秀和システム
販売開始日: 2019/11/13
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

scikit-learnデータ分析実装ハンドブック の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    scikit‐learnはデータ分析に使用する機械学習アルゴリズムのフレームワークです。本書によって機械学習アルゴリズムの数式と実装を理解し、データに合わせた最適な予測モデルを作成できます。データ分析が初めてのPythonユーザーに、機械学習アルゴリズムを数式と図解を多用して丁寧に解説し、わかりやすいサンプルを使ってデータ分析の手法を紹介する入門書です。データ分析ツールJupyter Notebook対応。
  • 目次

    第1章 機械学習とは何か
    1.1 機械学習とは何か
    1.2 機械学習の種類

    第2章 scikit-learnと開発環境
    2.1 scikit-learnとは
    2.2 scikit-learnのセットアップ
    2.3 scikit-learnによる機械学習の基本的な実装
    2.4 アルゴリズムチートシート

    第3章 回帰
    3.1 回帰のアルゴリズム
    3.2 線形回帰
    3.3 線形回帰の正則化
    3.4 線形回帰の確率的勾配降下法
    3.5 線形サポートベクトル回帰
    3.6 ガウスカーネルのサポートベクトル回帰
    3.7 ランダムフォレスト回帰

    第4章 分類
    4.1 分類のアルゴリズム
    4.2 ロジスティック回帰
    4.3 線形サポートベクトル分類
    4.4 ガウスカーネルのサポートベクトル分類
    4.5 ランダムフォレスト

    第5章 クラスタリング
    5.1 クラスタリングのアルゴリズム
    5.2 K-means
    5.3 混合ガウス分布(GMM)、変分混合ガウス分布(VBGMM)

    第6章 次元削減
    6.1 次元削減のアルゴリズム
    6.2 主成分分析(PCA)
    6.3 カーネルPCA

    第7章 モデルの評価
    7.1 モデルの評価

    第8章 Preprocessing、実データ分析
    8.1 はじめに
    8.2 ロジスティック回帰を活用したタイタニックの予測モデルの作成
    8.3 ランダムフォレストを活用した気温分析と消費の予測モデルの作成
    8.4 Collaborative filteringを活用したレコメンデーションモデル
    8.5 MovieLensを使ったモデル作り

    第9章 scikit-learn API
    9.1 regression(回帰)
    9.2 classification(分類)
    9.3 clustering(クラスタリング)
    9.4 dimensionality reduction(次元削減)
  • 出版社からのコメント

    実データ分析に特化したPythonライブラリであるscikit-learnの解説書
  • 内容紹介

    実データに合わせて最適な予測モデルを作ることのできるPythonライブラリのscikit-learn解説書です。本書は他の実装本とは異なり、アルゴリズムの解説に敢えて数式を採用し、実装で指定するハイパーパラメータと数式の関係が分かるよう工夫しました。また、ハイパーパラメータの値を増減し、そのときの予測の変化も紙面が許す限り記載しました。本書は不動産価格の予測やワイン品種の分類で使用する典型的なデータセットだけでなく、より実践的なデータ分析が学べるよう、タイタニック、気温、MovieLensのデータセットを採用しています。これらのデータセットを用いて、前処理から予測モデル作成までの分析例を実例で紹介します。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    毛利 拓也(モウリ タクヤ)
    大学院時代は量子コンピュータの量子ビットの理論モデルを研究し、卒業後は会計系コンサルティングファームでシステム導入プロジェクトをリード

    北川 廣野(キタガワ コヤ)
    東京理科大学で量子ドット・量子細線の研究に従事、理学修士。現在、会社に勤務しつつ、博士課程でCSの研究に従事している

    澤田 千代子(サワダ チヨコ)
    プログラミングスクールFC∞KIDs主催。慶応義塾大学SFC研究所所員、湘南工科大学講師(非常勤)。SE・AIエンジニアを経てフリーに転身、現在は主にプログラミングやデータサイエンスの講師をつとめている

    谷 一徳(タニ カズノリ)
    サイバーブレイン株式会社代表取締役社長。AIや量子コンピュータを始めとする最先端技術がオンラインで学べるAI Academyを運営。これまでに3,000名を超える方々を中心に機械学習やプログラミングを教える

scikit-learnデータ分析実装ハンドブック の商品スペック

商品仕様
出版社名:秀和システム
著者名:毛利 拓也(著)/北川 廣野(著)/澤田 千代子(著)/谷 一徳(著)
発行年月日:2019/11/15
ISBN-10:4798055425
ISBN-13:9784798055428
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:電子通信
言語:日本語
ページ数:489ページ
縦:21cm
他の秀和システムの書籍を探す

    秀和システム scikit-learnデータ分析実装ハンドブック [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!