Hillside Terrace 1969-2019―アーバンヴィレッジ代官山のすべて [単行本]

販売休止中です

    • Hillside Terrace 1969-2019―アーバンヴィレッジ代官山のすべて [単行本]

    • ¥3,850116ポイント(3%還元)
100000009003217367

Hillside Terrace 1969-2019―アーバンヴィレッジ代官山のすべて [単行本]

価格:¥3,850(税込)
ポイント:116ポイント(3%還元)(¥116相当)
日本全国配達料金無料
出版社:現代企画室
販売開始日:2019/11/18
ご確認事項:返品不可

Hillside Terrace 1969-2019―アーバンヴィレッジ代官山のすべて の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    ヒルサイドテラス50周年、各界の寄稿者による「ヒルサイドテラスとわたし」。新津保建秀による撮り下ろし「Hillside Scenery」収録。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    Hillside Scenery/新津保建秀
    ヒルサイドテラス50周年にあたって
    1章 ヒルサイドテラス前史―朝倉家と代官山
    2章 ヒルサイドテラスの建築
    3章 ヒルサイドテラスの“住人”たち
    4章 ヒルサイドテラスの文化活動
    5章 アーバンヴィレッジ代官山
    資料編
  • 出版社からのコメント

    第1期の竣工から50周年を迎えるヒルサイドテラス。代官山のコミュニティがいかにつくられてきたかを詳らかにした一冊。
  • 内容紹介

    「ここでの多様な人々との日常的な出会い、
    そしてそこから生まれる自然なコミュニティ意識の発生は
    大都市であればあるほど、大事なことなのではなかろうか。」
    -槇文彦

    建築家・槇文彦と施主・朝倉家がつくりあげてきた代官山ヒルサイドテラス。
    第一期竣工から50周年、今も古びることのないその魅力の源泉はどこにあるのか。
    30年をかけてゆっくりとつくられた建築群は、代官山という街の核をつくり、そこを舞台に、時代の先端を切り拓く多様な人々が、住み、働き、集ってきた。
    「アーバンヴィレッジ代官山(都市の中の村)」といわれるヒューマンスケールののまちづくりはいかに可能となったのか。豊富な写真、各界を代表する人々の証言とともに明らかにする。


    ヒルサイドテラス50周年、各界の寄稿者による「ヒルサイドテラスとわたし」を収録。
    青田房子/朝吹真理子/安藤忠雄/粟津潔/石原貞治/井草広之/池田修/井出櫻子/稲葉貢一/稲葉賀惠/岩橋謹次/植田実/遠藤精一/太田幸夫/岡本仁/川添善行/川俣正/KIGI/北川一成/北川フラム/隈研吾/後藤陽次郎/小林博人/佐藤友紀/佐藤允彦/末盛千枝子/スティルウォーター/須磨久善/フレディ・スヴェイネ/滝沢直己/ゲン垂水/團紀彦/出川博一/遠山正道/永井一史/中原慎一郎/原広司/原田幸一郎/藤江和子/槇文彦/増田宗昭/松隈洋/三木谷浩史/水上一/皆川明/元倉眞琴/柳澤伯夫/山名善之/山本理顕/湯山玲子/吉田忠裕/吉村真里/ソフィー・リチャード

    新津保建秀による撮り下ろし「Hillside Scenery」収録

    2019年11月9日-12月8日
    代官山ヒルサイドテラス50周年を記念して展覧会「アーバンヴィレッジ代官山のすべて」ほかイベントを開催!

    図書館選書
    第1期の竣工から50周年を迎えるヒルサイドテラス。商業・文化活動、まちづくり、それらを担ってきた“人”に焦点を当て「アーバンヴィレッジ代官山」と称されるコミュニティがいかにつくられてきたかを詳らかにした一冊。

Hillside Terrace 1969-2019―アーバンヴィレッジ代官山のすべて の商品スペック

商品仕様
出版社名:現代企画室
著者名:ヒルサイドテラス50周年実行委員会(監修)
発行年月日:2019/11/09
ISBN-10:4773819065
ISBN-13:9784773819069
判型:B5
対象:一般
発行形態:単行本
内容:芸術総記
言語:日本語
ページ数:421ページ
縦:26cm
横:18cm
厚さ:3cm
重量:1050g
その他:HILLSIDE TERRACE50th Anniversary

    現代企画室 Hillside Terrace 1969-2019―アーバンヴィレッジ代官山のすべて [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!