犬鳴村 (小説版)(竹書房文庫) [文庫]
    • 犬鳴村 (小説版)(竹書房文庫) [文庫]

    • ¥82525ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
犬鳴村 (小説版)(竹書房文庫) [文庫]
画像にマウスを合わせると上部に表示
数量:
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009003218613

犬鳴村 (小説版)(竹書房文庫) [文庫]

久田 樹生(著)保坂 大輔(脚本)清水 崇(脚本)
価格:¥825(税込)
ポイント:25ポイント(3%還元)(¥25相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:竹書房
販売開始日:2020/01/16
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 28786位

犬鳴村 (小説版)(竹書房文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    臨床心理士の森田奏の周りで突如、奇妙な出来事が起こり始める。「わんこがねぇやに ふたしちゃろ~♪」奇妙なわらべ歌を口ずさみ、おかしくなった女性、行方不明になった兄弟、そして繰り返される変死…。それらの共通点は心霊スポット“犬鳴トンネル”だった。「トンネルを抜けた先に村があって、そこで××を見た…」突然死した女性が死の直前に残したこの言葉は、一体どんな意味なのか?全ての謎を突き止めるために、奏は犬鳴トンネルに向かう。しかしその先には、決っして踏み込んではいけない、驚愕の真相があった…!
  • 出版社からのコメント

    『呪怨』の清水崇監督が、日本最凶の心霊スポット「犬鳴村」を舞台に描くホラー作品。世界公開も決定している映画の完全小説版。
  • 内容紹介

    『呪怨』の清水崇監督が映画化!
    あなたは日本最恐の心霊スポット〝犬鳴村〟を知っていますか?
    「この村の名は検索しないほうがいいよ」
    「“午前二時に鳴る公衆電話”」
    「トンネルを抜けた先に村があって、そこで××を見た……」
    「もう会えない」
    「わんこがねぇやにふたしちゃろ~♪」
    午前二時、YouTuberがトンネルに入ったことから始まった不可解な事件。
    全ての謎は[犬鳴トンネル]にあり。
    常に恐怖体験で名が上がるほどの最凶スポットでもある「犬鳴村」。
    福岡県の「旧犬鳴トンネル」の先に位置するとされ、
    「近くの小屋には骸が山積みにされている」
    「全ての携帯電話が圏外になる」など、
    日本地図から存在が抹消された村である。
    単なる都市伝説なのか、すべて真実なのか…!?
    決して触れてはいけない〝犬鳴村〟が、ホラー映画の第一人者・清水崇によって禁断の映画化!
    身も凍る恐怖と戦慄、古より続く血の祝祭からあなたは逃げられない。
    本書は、監督の清水崇・脚本家の保坂大輔と共に、恐怖実話の第一人者で九州在住の久田樹生によって書かれた、もう一つの『犬鳴村』である。
    ★巻末には、清水崇[監督・脚本]×保坂大輔[脚本]×紀伊宗之[プロデューサー]による特別鼎談も収録

    映画『犬鳴村』2020年2月7日(金)公開
    主演:三吉彩花
    監督:清水 崇
    脚本:保坂大輔 清水 崇
    音楽:海田庄吾 滝澤俊輔
    主題歌:Ms.OOJA「HIKARI」(UNIVERSAL SIGMA)
    制作プロダクション:ブースタープロジェクト 配給:東映
    (C)2020 「犬鳴村」製作委員会
    〈あらすじ〉
    日本には、行ってはならない場所がある――
    臨床心理士の森田奏の周りで突如、奇妙な出来事が起こり始める。
    「わんこごねぇやに ふたしちゃろ~♪」
    奇妙のわらべ歌を口ずさみ、おかしくなった女性、行方不明になった兄弟、そして繰り返される変死……。
    それらの共通点は心霊スポット【犬鳴トンネル】だった。
    「トンネルを抜けた先に村があって、そこで××を見た……」
    突然死した女性が死の直前に残したこの言葉は、一体どんな意味なのか?
    全ての謎を突き止めるために、奏は犬鳴トンネルに向かう。
    しかしその先には、決っして踏み込んではいけない、驚愕の真相があった……!
    ◆犬鳴村とは?
    九州に実在する最恐の心霊スポット・犬鳴トンネル。
    その近くには日本政府の統治が及ばない集落“犬鳴村”があり、そこに立ち入った者は決して戻れない、という都市伝説がある。
    村の入口には「この先、日本国憲法は通用せず」と書かれた看板が立てられており、犬鳴トンネル、及び周辺では、過去に事件が起きているという。またネット掲示板やSNSには村周辺を訪れた人たちの恐怖体験が今も数多く寄せられている。
    犬鳴村は、犬鳴トンネルの先にあると言われているが、現在はダムが建設され、日本地図にその痕跡は残っていない。
    これは単なる都市伝説なのか、現実なのか?"
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    久田 樹生(ヒサダ タツキ)
    作家。徹底した取材に基づくルポルタージュ系怪談を得意とする
  • 著者について

    久田 樹生 (ヒサダ タツキ)
    作家。
    徹底した取材に基づくルポルタージュ系怪談を得意とするガチ怖の申し子。代表作に『「超」怖い話 怪怨』、『「超」怖い話ベストセレクション 怪業』、『怪談実話 刀剣奇譚』(竹書房文庫)など。

犬鳴村 (小説版)(竹書房文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:竹書房
著者名:久田 樹生(著)/保坂 大輔(脚本)/清水 崇(脚本)
発行年月日:2020/01/23
ISBN-10:4801921582
ISBN-13:9784801921580
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:285ページ
縦:15cm
横:11cm
厚さ:1cm
重量:160g

    竹書房 犬鳴村 (小説版)(竹書房文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!