Billboardを呼んできたサラリーマン-電鉄会社の社員が音楽業界の頂点をめざした30年 [単行本]
    • Billboardを呼んできたサラリーマン-電鉄会社の社員が音楽業界の頂点をめざした30年 [単行本]

    • ¥1,65050ポイント(3%還元)
    • 在庫あり本日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009003218660

Billboardを呼んできたサラリーマン-電鉄会社の社員が音楽業界の頂点をめざした30年 [単行本]

価格:¥1,650(税込)
ポイント:50ポイント(3%還元)(¥50相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、本日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:ダイヤモンド・ビジネス企画
販売開始日:2019/12/06
ご確認事項:返品不可

Billboardを呼んできたサラリーマン-電鉄会社の社員が音楽業界の頂点をめざした30年 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    遊園地で働いていた阪神電鉄の社員が、OSAKA Blue Note、そして、Billboard Liveを次々にオープン。国内音楽シーンの頂点・Billboard Japan Chartsを運営するオンリーワン企業へと変貌を遂げる。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    サラリーマンだから挑戦できることがある
    親の反対を押し切るほどしたいこと
    来日アーティストのハプニング
    プールサイドでスカウトされた男
    ビルボード事業開始への道
    ビルボードのブランディング
    ビルボードクラシックスで社会との関係性を構築する
    チャートビジネスの可能性
    ビルボードカフェ&ダイニング
    ビルボードのこれから
    もう1人の顧客、アーティストからのコメント
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    北口 正人(キタグチ マサト)
    (株)阪神コンテンツリンク(HCL)代表取締役社長、Billboard Japan CEO。1961年生、高校時代の米国滞在中にグラハムセントラルステーションを聴き黒人音楽に傾倒、卒論テーマは「ジャズとアメリカ経済史の関係」。1984年和歌山大を卒業し阪神電鉄に入社、甲子園阪神パークに配属される。1987年六甲アイランドコンペチームに参画。同時期にビジネスサロン「HPS研究所」を友人と立ち上げ、ビジネスマンネットワーク構築を開始。1990年に大阪ブルーノートを開業し運営責任者となる。1998年阪神タイガースコンテンツビジネスの構築も開始。2002年HCLに社名変更、2006年米国ビルボードと契約を締結し音楽事業のブランドを変更。2007年からビルボード事業を次々と立ち上げ、2012年電鉄復職。ミマモルメ、プログラボ等新規事業を起業・育成し2016年HCL代表取締役社長就任。「アカデミー・オブ・ガストロノミー・ジャパン」アカデミーメンバー

Billboardを呼んできたサラリーマン-電鉄会社の社員が音楽業界の頂点をめざした30年 の商品スペック

商品仕様
出版社名:ダイヤモンド・ビジネス企画
著者名:北口 正人(著)
発行年月日:2019/12/04
ISBN-10:4478084661
ISBN-13:9784478084663
判型:B6
発売社名:ダイヤモンド社
対象:実用
発行形態:単行本
内容:経営
言語:日本語
ページ数:245ページ
縦:19cm

    ダイヤモンド・ビジネス企画 Billboardを呼んできたサラリーマン-電鉄会社の社員が音楽業界の頂点をめざした30年 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!