Pythonでいかにして暗号を破るか―古典暗号解読プログラムを自作する本 [単行本]
    • Pythonでいかにして暗号を破るか―古典暗号解読プログラムを自作する本 [単行本]

    • ¥3,960119ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009003223308

Pythonでいかにして暗号を破るか―古典暗号解読プログラムを自作する本 [単行本]

価格:¥3,960(税込)
ポイント:119ポイント(3%還元)(¥119相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:ソシム
販売開始日: 2020/12/23
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

Pythonでいかにして暗号を破るか―古典暗号解読プログラムを自作する本 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    秘密のメッセージを作成、送信するために使われる暗号アルゴリズムを作ったり解読したりしながら、Pythonでプログラミングする方法を学ぶ。Pythonプログラミングの基本講習のあとで、転置式暗号やヴィジュネル暗号のような古典暗号を使ってテキストを暗号化するプログラムを作成する方法、検証する方法、ハッキングする方法。逆暗号やシーザー暗号のためのシンプルなプログラムから始め、電子署名や、電子メール、ビットコインを含む今日のオンライン取引の安全性を確保するために使われる暗号化形式である、公開鍵暗号までを学習。
  • 目次

    第0章 導入
    第1章 紙製の暗号ツールをつくる
    第2章 対話型シェルのプログラミング
    第3章 文字列とプログラムの作成
    第4章 逆暗号
    第5章 シーザー暗号
    第6章 総当たり攻撃によるシーザー暗号の解読
    第7章 転置式暗号で暗号化する
    第8章 転置式暗号を復号する
    第9章 プログラムテスト用プログラムを作成する
    第10章 ファイルの暗号化と復号
    第11章 プログラムによる英語の検出
    第12章 転置式暗号を解読する
    第13章 アフィン暗号のためのモジュラー算術モジュール
    第14章 アフィン暗号のプログラミング
    第15章 アフィン暗号を解読する
    第16章 単一換字式暗号のプログラミング
    第17章 単一換字式暗号を解読する
    第18章 ヴィジュネル暗号のプログラミング
    第19章 頻度分析
    第20章 ヴィジュネル暗号を解読する
    第21章 ワンタイムパッド暗号
    第22章 素数の検索と生成
    第23章 公開鍵暗号の鍵を生成する
    第24章 公開鍵暗号のプログラミング
    付録 Pythonコードのデバッグ
  • 出版社からのコメント

    『退屈なことはPythonにやらせよう』の著者Al Sweigart氏による、Pythonと暗号の超実践的入門書!
  • 内容紹介

    暗号を用いた秘密のメッセージの作り方を指南する、初心者向けの書籍はたくさんあります。また、暗号の解読法を指南する、初心者向けの書籍はいくつか存在します。しかし、暗号を解読するためのプログラミングを指南する、初心者向けの書籍は皆無といえるでしょう。本書はそのギャップを埋めるためのものです。

    本書は、暗号、暗号解読、暗号学について興味を持っている人のためのものです。本書の暗号(23章と24章の公開鍵暗号を除く)はすべて古典的なものであり、ノートPCの計算能力でも解読できます。現在の組織や個人はこうした古典暗号を使用しません。しかし、古典暗号を通じて、暗号を構成する土台や、脆弱な暗号の解読法について学べます。

    図書館選書
    古典暗号を解読するためのプログラミングを指南する本。本書で紹介する古典暗号は、ノートPCの計算能力でも解読できます。現在はこうした古典暗号は使用されませんが、暗号の基礎、脆弱な暗号の解読法を学ぶのに役立ちます。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    スウェイガート,アル(スウェイガート,アル/Sweigart,Al)
    サンフランシスコ在住のソフトウェア開発者であり、技術書の著者

    IPUSIRON(IPUSIRON)
    情報セキュリティと物理的セキュリティを研究しつつ、執筆を中心に活動。1979年、福島県相馬市生まれ
  • 著者について

    Al Sweigart (アル スウェイガート)
    サンフランシスコ在住のソフトウェア開発者。技術書の著者でもあります。お気に入りのプログラミング言語Pythonで、Python用のオープンソースモジュールの開発者でもあります。“Automate the Boring Stuff with Python”をはじめとする著作はウェブサイト(https://inventwithpython.com/)でクリエイティブ・コモンズ・ライセンスのもと、自由に入手できます。飼っている猫の体重は12 ポンドです。

    IPUSIRON (イプシロン)
    情報セキュリティと物理的セキュリティを総合的な観点から研究しつつ、執筆を中心に活動しています。1979年に福島県相馬市で生まれ、現在も相馬市在住です。2001年に『ハッカーの教科書』(データハウス)を上梓。主な書著に『ハッキング・ラボのつくりかた』『暗号技術のすべて』(翔泳社)、『ハッカーの学校』『ハッカーの学校 個人情報調査の教科書』『ハッカーの学校 鍵開けの教科書』(データハウス)があります。Security Akademeia(https://akademeia.info/)を運営しています。

Pythonでいかにして暗号を破るか―古典暗号解読プログラムを自作する本 の商品スペック

商品仕様
出版社名:ソシム
著者名:アル スウェイガート(著)/IPUSIRON(訳)
発行年月日:2021/01/05
ISBN-10:4802612168
ISBN-13:9784802612166
判型:B5
対象:実用
発行形態:単行本
内容:電子通信
言語:日本語
ページ数:519ページ
縦:24cm
横:19cm
厚さ:3cm
他のソシムの書籍を探す

    ソシム Pythonでいかにして暗号を破るか―古典暗号解読プログラムを自作する本 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!