米国と戦後東アジア秩序―中国大国化構想の挫折 [単行本]
    • 米国と戦後東アジア秩序―中国大国化構想の挫折 [単行本]

    • ¥4,730142ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年10月2日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003225922

米国と戦後東アジア秩序―中国大国化構想の挫折 [単行本]

価格:¥4,730(税込)
ポイント:142ポイント(3%還元)(¥142相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年10月2日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:有斐閣
販売開始日: 2019/12/18
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

米国と戦後東アジア秩序―中国大国化構想の挫折 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    真珠湾攻撃を受けて、第二次世界大戦に参戦したアメリカは、ローズヴェルト大統領のもと、中国をパートナーに東アジアの秩序管理を行おうと中国大国化構想を推し進めた。しかし、第二次世界大戦後、その構想は挫折し、最終的には、中国ではなく日本をパートナーとする東アジア政策の基本路線が確立される。こうしたアメリカの東アジア政策の転換過程を、米国対外援助法の制定(一九四八年)と米華相互防衛条約の成立(一九五四年)を軸に、検証する。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 中国大国化構想の形成(大国管理の構想;中国の役割と位置づけ;カイロ・ヤルタ会談再考)
    第2章 中国大国化構想の挫折(トールマン政権の発足;中国統一策の展開;対中政策の再検討;中国分断策の採用)
    第3章 日本無力化構想の挫折(非軍事化政策と救済援助;国務省の日本経済復興計画;陸軍省の日本経済復興計画)
    第4章 戦後東アジア秩序構想の帰結(台湾政策の変遷―一九四八年まで;ケナンの台湾占領論;台湾海峡介入―非介入路線と朝鮮戦争;米華相互防衛条約の締結)
  • 出版社からのコメント

    第二次世界大戦の前後,アメリカは,中国重視から日本重視へと,東アジア政策を転換する。その転換過程を,実証的に分析する。
  • 内容紹介

    アメリカが重視すべきなのは,中国か日本か。中国をパートナーに東アジアの秩序管理を行うことを考えていたアメリカは,第二次世界大戦後,日本重視の路線へと,その東アジア政策を転換する。その過程を実証的に分析し,現代アメリカの東アジア政策の起源に迫る。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    高橋 慶吉(タカハシ ケイキチ)
    1977年、岐阜県に生まれる。2000年、大阪大学法学部卒業。2002年、大阪大学大学院法学研究科博士前期課程修了。2003‐05年、ペンシルヴァニア大学留学。大阪大学大学院法学研究科助教などを経て、現在、大阪大学大学院法学研究科准教授。専門は、アメリカ外交史
  • 著者について

    高橋 慶吉 (タカハシ ケイキチ)
    大阪大学准教授

米国と戦後東アジア秩序―中国大国化構想の挫折 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:有斐閣
著者名:高橋 慶吉(著)
発行年月日:2019/12/15
ISBN-10:4641149348
ISBN-13:9784641149342
判型:A5
発売社名:有斐閣
対象:専門
発行形態:単行本
内容:政治含む国防軍事
言語:日本語
ページ数:292ページ
縦:22cm
他の有斐閣の書籍を探す

    有斐閣 米国と戦後東アジア秩序―中国大国化構想の挫折 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!