データ・リテラシーの鍛え方-「思い込み」で社会が歪む(イースト新書 119) [新書]
    • データ・リテラシーの鍛え方-「思い込み」で社会が歪む(イースト新書 119) [新書]

    • ¥94629ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
データ・リテラシーの鍛え方-「思い込み」で社会が歪む(イースト新書 119) [新書]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003227450

データ・リテラシーの鍛え方-「思い込み」で社会が歪む(イースト新書 119) [新書]

価格:¥946(税込)
ポイント:29ポイント(3%還元)(¥29相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:イースト・プレス
販売開始日: 2019/12/06
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

データ・リテラシーの鍛え方-「思い込み」で社会が歪む(イースト新書 119) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    情報社会に惑わされない「リテラシー」を!「内閣支持率○○%」「顧客満足度No.1」「○○人に○人が利用」「○○ランキング第一位」…。現代人は膨大な情報に囲まれ、日々アンケート結果やランキングの数字を目にしている。しかし、そこには統計や調査手法に罠があり、真に受けると誤解するものだらけなうえ、ネット社会ではウソの言説が独り歩きしがちだ。ニュースや広告、キャンペーンなど、世の中に流布する「データに基づく話」には、どんな誤りがあるのか。実例を挙げてデータの裏にある問題点を解説し、騙されない方法を伝える。無意識にデータを過信し、「思い込み」で社会を見ないようにするための処方箋。
  • 目次

    まえがき

    第一章――「ネット・アンケート」に潜むウソ
    なぜアンケートをするのか?
    アンケートの理想と現実
    「不正統計問題」はいかにして起こったのか?
    厚生労働省のリテラシーの低さ
    無作為と作為の「抽出ごちゃまぜ」という禁じ手
    インターネット・アンケート≠世論調査
    「阪神上場」世論はどっちだ?
    「注目されそうな都道府県」の一位は東京、では二位は?
    転職者の八割がリクナビNEXTを利用!?
    ごく一部の特定の声が「民意」になってしまう!?
    禁煙条例制定をJTが妨害した!?
    日本の女子学生の13%が援助交際をしている!?
    二〇代男性の40%が性交渉経験なし!?
    話にならないテレビの「一〇〇人アンケート」

    第二章――すべての「ランキング」は参考値

    ランキングが好きな日本人の国民性
    あらゆるところにランキングが!
    ランキングは誰が何のために作成している?
    「ゆとり批判」の端緒もランキング!?
    世界大学ランキングによって政策が動く!?
    グローバルシフトで大学が歪む!?
    国際競争力は経営者の愛国心ランキング!?
    「地域の豊かさ」と作成主体の関係
    地域ブランドとはただの知名度!?
    専門家と顧客、正しいのはどっち!?
    「顧客満足度調査」がはらむ大きな問題点
    ランキングのメリットとは?
    ランキングのデメリットとは?
    ランキング結果はどのように眺めるべきか?
    不本意にランキングされた際の対処法
    求められるランキング作成者の品格

    第三章――「うまい話」には裏がある
    ロースクール・バブルはこうして起こった!
    相次ぐ撤退と弁護士の飽和
    すべては「法曹人口当たり人数」の見誤りから
    「若者はなぜ三年で辞めるのか?」は本当か?
    なぜ山梨県は自殺率が日本一なのか?
    横浜の待機児童ゼロ達成は本当か?
    「てっさがなんと一円」という広告に釣られると……
    「年利15%相当額プレゼント」キャンペーンのカラクリ
    「月五万円の積立で一億円が貯まる」と聞いて信じる?
    「二〇一八年には合計特殊出生率二・四」という異常なビジョン!
    「伊勢崎市は四人に一人が外国人」という誤報の真相
    世界で一番人気の旅行先は大阪のUSJ!?
    新潟市が金沢市をしのぐ観光地!?

    第四章――データ・リテラシーを鍛えよう
    一)常に比較の視点を持つ
    二)「率」か「数」かに注意する
    三)まず「概算」で把握する
    四)「だいたい」という感覚の難しさを知る
    五)パーセンテージ化する意識を持つ
    六)「平均」と「偏差値」を使いこなす
    七)グラフを使い分ける
    八)「すそ切り」の是非に気をつける
    九)グラフの誇張に用心する
    一〇)日常の風景をよく観察する
    一一)「家計」を見直す
    一二)世界情勢をデータに置き換えて把握する
    一三)「基本」に立ち返る
    クイズ)日本にある小学校、中学校、高校の数は?

    あとがき
  • 出版社からのコメント

    市場調査、過剰広告、動員アンケート、大学ランキング……
    巷にあふれる情報に騙されるな!
  • 内容紹介

    内閣支持率の世論調査
    「朝日新聞」調査)支持率38%、不支持率42%
    「産経新聞」調査)支持率34.7%、不支持率56.1%
    どうしてこうなる!?

    調査1)回答者1万人 死刑制度廃止に賛成70% 
    調査2)回答者600人 死刑制度廃止に反対70%
    どっちを信じる!?

    市場調査、過剰広告、動員アンケ―ト、世界大学ランキング……巷にあふれる情報に騙されるな!


    「内閣支持率○○%」「顧客満足度No.1」「○○人に○人が利用」「○○ランキング第一位」……。現代人は膨大な情報に囲まれ、日々アンケート結果やランキングの数字を目にしている。しかし、そこには統計や調査手法の罠があり、真に受けると誤解するものだらけなうえ、ネット社会ではウソの言説が独り歩きしがちだ。ニュースや広告、キャンペーンなど、世の中に流布する「データに基づく話」には、どんな誤りがあるのか。実例を挙げてデータの裏にある問題点を解説し、騙されない方法を伝える。無意識にデータを過信し、「思い込み」で社会を見ないようにするための処方箋。

    図書館選書
    市場調査、過剰広告、動員アンケート、大学ランキング……巷にあふれる情報に騙されるな!
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    田村 秀(タムラ シゲル)
    1962年生まれ。北海道出身。東京大学工学部卒。博士(学術)。自治省、香川県企画調整課長、三重県財政課長、東京大学教養学部客員助教授、新潟大学法学部教授・学部長を経て、長野県立大学グローバルマネジメント学部教授(公共経営コース長)。専門は行政学、地方自治、公共政策。著書多数
  • 著者について

    田村秀 (タムラシゲル)
    田村秀(たむら・しげる)
    1962年生まれ。北海道出身。東京大学工学部卒。博士(学術)。自治省、香川県企画調整課長、三重県財政課長、東京大学教養学部客員助教授、新潟大学法学部教授・学部長を経て、現在は長野県立大学グローバルマネジメント学部教授(公共経営コース長)。専門は行政学、地方自治、公共政策。著書に『地方都市の持続可能性』『暴走する地方自治』(ともにちくま新書)、『ランキングの罠』(ちくま文庫)、『「ご当地もの」と日本人』(祥伝社新書)、『自治体崩壊』(イースト新書)、『データの罠』『自治体格差が国を滅ぼす』『B級グルメが地方を救う』(すべて集英社新書)など多数。

データ・リテラシーの鍛え方-「思い込み」で社会が歪む(イースト新書 119) の商品スペック

商品仕様
出版社名:イースト・プレス
著者名:田村 秀(著)
発行年月日:2019/12/15
ISBN-10:4781651194
ISBN-13:9784781651194
判型:新書
対象:一般
発行形態:新書
内容:社会科学総記
言語:日本語
ページ数:204ページ
縦:18cm
他のイースト・プレスの書籍を探す

    イースト・プレス データ・リテラシーの鍛え方-「思い込み」で社会が歪む(イースト新書 119) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!