争われる正義―旧ユーゴ地域の政党政治と移行期正義 [単行本]
    • 争われる正義―旧ユーゴ地域の政党政治と移行期正義 [単行本]

    • ¥4,620139ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2020年5月29日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009003228474

争われる正義―旧ユーゴ地域の政党政治と移行期正義 [単行本]

価格:¥4,620(税込)
ポイント:139ポイント(3%還元)(¥139相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2020年5月29日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:有斐閣
販売開始日: 2019/12/25
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

争われる正義―旧ユーゴ地域の政党政治と移行期正義 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    旧ユーゴ地域では、1990年代を通して激しい武力紛争が繰り広げられていたが、2000年代に入ると、そうした武力紛争は止み、平和構築が進められた。紛争終結から約20年が経った今日、この地域で推進されてきた「過去と向き合う」取り組みは、どこまで進み、そこで生きる人々に何をもたらしたのだろうか。そして、このような取り組みは、民主化や紛争後の平和構築と、どのように関連し合っていたのだろうか。長年、この地域に足を運んで、研究を続けてきた著者が、独自に集めたデータも用いながら、現地の政治的ダイナミズムをふまえて、旧ユーゴ地域の移行期正義を正面から分析する。
  • 目次

    序 章 本書の目的と特色
    第1章 理論的枠組み
    第2章 旧ユーゴ地域の紛争
    第3章 旧ユーゴ地域の移行期正義
    第4章 民主化後のセルビア政治
    第5章 政権の党派性
    第6章 EU加盟プロセスと選挙
    第7章 マスメディアと世論
    第8章 謝罪と和解
    終 章 結論と今後の課題
  • 内容紹介

    旧ユーゴ地域では1990年代の激しい武力紛争後,2000年代以降は平和構築が進められてきた。同時に「過去と向き合う」取り組みも推進されたが,それは現在,どこまで進み,人々に何をもたらしたのか。独自のデータも用いつつ現地の政治的ダイナミズムをふまえて分析する。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    久保 慶一(クボ ケイイチ)
    1975年、東京都に生まれる。1999年、早稲田大学政治経済学部卒業、2007年、ロンドン政治経済学院(London School of Economics and Political Science)博士課程修了。Ph.D.。2003年、早稲田大学政治経済学部助手、08年、同准教授を経て、早稲田大学政治経済学術院教授。専門は、比較政治学、旧ユーゴスラヴィア地域研究

争われる正義―旧ユーゴ地域の政党政治と移行期正義 の商品スペック

商品仕様
出版社名:有斐閣
著者名:久保 慶一(著)
発行年月日:2019/12/20
ISBN-10:4641149313
ISBN-13:9784641149311
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:政治含む国防軍事
言語:日本語
ページ数:282ページ
縦:22cm
他の有斐閣の書籍を探す

    有斐閣 争われる正義―旧ユーゴ地域の政党政治と移行期正義 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!