大切な人が死ぬとき ~私の後悔を緩和ケアナースに相談してみた~ [コミック]
    • 大切な人が死ぬとき ~私の後悔を緩和ケアナースに相談してみた~ [コミック]

    • ¥1,10033ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年10月23日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
大切な人が死ぬとき ~私の後悔を緩和ケアナースに相談してみた~ [コミック]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003230849

大切な人が死ぬとき ~私の後悔を緩和ケアナースに相談してみた~ [コミック]

価格:¥1,100(税込)
ポイント:33ポイント(3%還元)(¥33相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年10月23日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:竹書房
販売開始日: 2020/02/13
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

大切な人が死ぬとき ~私の後悔を緩和ケアナースに相談してみた~ の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    「もっとできることがあったんじゃ…」看取りで残った後悔と罪悪感―。そこで、緩和ケアナースに話を聞いてわかったこと。それは、大切な人が、残された時間を「どう生きたいか」を知ること。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    プロローグ 死んでゆくのは大変だなぁ
    第1章 大切な人の死(がんになった父;あがく家族;父が漏らした言葉;日常生活がしたい ほか)
    第2章 死を目の前にした人たち(大切な人が死んでいく過程を見届ける;後悔を残さないために;感情を出し切る;感情が出せない人 ほか)
    エピローグ あのときなんて言えばよかったんだろう?
  • 出版社からのコメント

    父の看取りに後悔が残った著者が、緩和ケアナースから人の最期の話を聞き、心に残った罪悪感を整理していく。
  • 内容紹介

    「もっとできることがあったんじゃ…」
    看取りで残った後悔と罪悪感――。

    そこで、緩和ケアナースに話を聞いてわかったこと。
    それは、大切な人が、残された時間を「どう生きたいか」を知ること。

    もくじ
    プロローグ 死んでゆくのは大変だなぁ

    第1章 大切な人の死
    episode01 がんになった父
    episode02 あがく家族
    episode03 父が漏らした言葉
    episode04 日常生活がしたい
    episode05 さよならの瞬間
    episode06 後に残る後悔

    2章 死を目の前にした人たち
    episode07 大切な人が死んでいく過程を見届ける
    episode08 後悔を残さないために
    episode09 感情を出し切る
    episode10 感情が出せない人
    episode11 生き様の共有
    episode12 本人の意思と家族の意思
    episode13 緩和ケアナースが家族を亡くしたとき
    episode14 悲しみは患者と家族が引き受ける
    episode15 どう生きたいか
    episode16 死をわかっていた3歳の子
    episode17 触れること、そばにいること
    episode18 生きている限り生きている

    エピローグ あのときなんて言えばよかったんだろう?

    監修
    川崎市立井田病院 かわさき総合ケアセンター 腫瘍内科/緩和ケア内科
    西 智弘

大切な人が死ぬとき ~私の後悔を緩和ケアナースに相談してみた~ の商品スペック

商品仕様
出版社名:竹書房
著者名:水谷 緑(著)
発行年月日:2020/02/20
ISBN-10:4801921752
ISBN-13:9784801921757
判型:A5
対象:一般
発行形態:コミック
内容:コミック・劇画
言語:日本語
ページ数:148ページ
縦:21cm
横:15cm
厚さ:1cm
重量:255g
他の竹書房の書籍を探す

    竹書房 大切な人が死ぬとき ~私の後悔を緩和ケアナースに相談してみた~ [コミック] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!