第二次世界大戦(シリーズ戦争学入門) [全集叢書]
    • 第二次世界大戦(シリーズ戦争学入門) [全集叢書]

    • ¥2,64080ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009003233535

第二次世界大戦(シリーズ戦争学入門) [全集叢書]

価格:¥2,640(税込)
ポイント:80ポイント(3%還元)(¥80相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:創元社
販売開始日: 2020/03/11
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

第二次世界大戦(シリーズ戦争学入門) [全集叢書] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    50ヵ国以上が参戦、1億1000万人以上が動員された第二次世界大戦。先の大戦から20年余、未曾有の惨禍を伴う戦争はなぜ再発したのか。ドイツによるポーランド侵攻から日本の無条件降伏まで、本書では第二次世界大戦の起源と推移を辿るとともに、戦火を生きた兵士や民間人たちに戦争が及ぼした影響を考察する。主要戦域の布陣と展開を詳細に示した地図を多数収録。
  • 目次

    イントロダクション

    第1章 戦間期
     1 一九一九年の講和会議
     2 第一次世界大戦後のドイツとヒトラーの台頭
     3 ヒトラーに対する世界の反応
     4 チェコスロヴァキアをめぐる危機
     5 ドイツ、第二次世界大戦を開始す

    第2章 第二次世界大戦勃発
     1 ポーランド侵攻
     2 海の戦い
     3 ドイツによるデンマークとノルウェーへの侵攻

    第3章 西部戦線――一九四〇年
     1 戦争計画
     2 西部戦線におけるドイツの勝利
     3 米国の反応
     4 ドイツ、ソ連侵攻を決断す
     5 アフリカと中東における戦争

    第4章 バルバロッサ作戦――ドイツのソ連侵攻
     1 ソ連侵攻計画とホロコースト
     2 ドイツ、ソ連に侵攻す
     3 一九四一~四二年冬の東部戦線
     4 占領下と非占領下のソ連地域

    第5章 日本の中国戦線拡大
     1 日本、戦争の拡大を決断す
     2 日本の進撃
     3 日本の攻勢の停止
     4 より広域の戦争

    第6章 形勢逆転――一九四二年秋~一九四四年春
     1 東部戦線におけるドイツの一九四二年の攻勢と惨事
     2 一九四三年東部戦線における主導権と地中海での変化
     3 海戦と空戦
     4 シチリアおよびイタリアにおける戦役
     5 太平洋における戦争、一九四二~四三年
     6 形勢が逆転するなかでの占領地域におけるレジスタンスと中立国の方針

    第7章 銃後と技術・医療分野における変化
     1 ドイツ
     2 ポーランド
     3 デンマーク、ノルウェー
     4 オランダ、ベルギー、ルクセンブルク、フランス
     5 イギリスおよび英連邦、植民地帝国
     6 イタリア
     7 ソ連
     8 日本
     9 中国
     10 米国
     11 中南米諸国、中立国、そして技術的発展

    第8章 連合国の勝利、一九四四~四五年
     1 枢軸国
     2 連合国
     3 ヨーロッパ 一九四四~四五年の冬
     4 東アジアおよび太平洋における連合国の攻勢
     5 日本の最終的な敗北

    結論


    訳者解説
    参考文献
    索引
  • 出版社からのコメント

    第二次世界大戦の起源と推移を辿るとともに、戦場の兵士および戦争を生き延びた民間人たちに戦争が及ぼした影響を考察。
  • 内容紹介

    50ヵ国以上が参戦、1億1000万人以上が動員された第二次世界大戦。

    世界に未曾有の惨禍をもたらした戦争は、いかにして始まり、
    いかなる経緯を辿ったのか。戦後、世界はどう変わったのか。

    本書では、第一次世界大戦の講和会議から太平洋戦争の終結まで、各国の外交活動および主要な戦域における各軍の行動を解説する。

    各戦域の布陣と展開を詳細に示した地図多数を収録。

    図書館選書
    世界50ヵ国以上が参戦し史上最大の戦争となった第二次世界大戦。ドイツのポーランド侵攻から太平洋戦争の終結まで、大戦の起源と推移を辿りながら、戦場の兵士および戦争を生き延びた民間人に、戦争が及ぼした影響を考察。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    ワインバーグ,ゲアハード・L.(ワインバーグ,ゲアハードL./Weinberg,Gerhard Ludwig)
    ノースカロライナ大学チャペルヒル校名誉教授。ドイツ外交史および第二次世界大戦史研究の権威。アメリカ歴史学会ジョージ・ルイス・ビア賞2回、アメリカ・ドイツ研究学会ハルヴァーソン賞、アメリカ軍事史学会サミュエル・エリオット・モリソン賞受賞。ドイツ連邦共和国功労勲章一等功労十字章受章

    矢吹 啓(ヤブキ ヒラク)
    東京大学大学院人文社会系研究科欧米文化研究専攻(西洋史学)博士課程単位取得満期退学。キングス・カレッジ・ロンドン社会科学公共政策学部戦争研究科博士課程留学
  • 著者について

    ゲアハード・L・ワインバーグ (ゲアハード L ワインバーグ)
    G. L. ワインバーグ(Gerhard Ludwig Weinberg)
    ノースカロライナ大学チャペルヒル校ウィリアム・ケナン2世記念講座名誉教授。第二次世界大戦史および同時期のナチスドイツ外交史研究の権威。アメリカ歴史学会ジョージ・ルイス・ベアー賞、アメリカ・ドイツ研究学会ハルヴァーソン賞受賞。ドイツ連邦共和国功労勲章一等功労十字章受章。著書:『ヒトラー政権下ドイツの外交政策 1933-1936, 1937-1939』ほか多数。

    矢吹 啓 (ヤブキ ヒラク)
    矢吹啓(やぶき・ひらく)
    東京大学大学院人文社会系研究科欧米文化研究専攻(西洋史学)博士課程単位取得満期退学。キングス・カレッジ・ロンドン社会科学公共政策学部戦争研究科博士課程留学。論文・訳書:“Britain and the Resale of Argentine Cruisers to Japan before the Russo-Japanese War,” War in History, Vol. 16, Iss. 4 (2009): 425-446.
    「ドイツの脅威:イギリス海軍から見た英独建艦競争、1898-1918」(三宅正樹・石津朋之ほか編『ドイツ史と戦争――「軍事史」と「戦争史」』彩流社、2011年所収)。J. S. コーベット『コーベット海洋戦略の諸原則』(原書房、2016年)、A. T. マハン『マハン海戦論』(原書房、2017年)、J. ブラック『海戦の世界史』(中央公論新社、2019年)。

第二次世界大戦(シリーズ戦争学入門) [全集叢書] の商品スペック

商品仕様
出版社名:創元社 ※出版地:大阪
著者名:ゲアハード・L. ワインバーグ(著)/矢吹 啓(訳)
発行年月日:2020/03/10
ISBN-10:4422300768
ISBN-13:9784422300764
判型:B6
対象:一般
発行形態:全集叢書
内容:政治含む国防軍事
言語:日本語
ページ数:189ページ
縦:19cm
横:13cm
その他: 原書名: World War 2〈Weinberg,Gerhard Ludwig〉
他の創元社の書籍を探す

    創元社 第二次世界大戦(シリーズ戦争学入門) [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!