ハイデガーとラカン [単行本]
    • ハイデガーとラカン [単行本]

    • ¥4,620139ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年7月27日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003234082

ハイデガーとラカン [単行本]

価格:¥4,620(税込)
ポイント:139ポイント(3%還元)(¥139相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年7月27日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:青土社
販売開始日: 2020/01/28
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

ハイデガーとラカン [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    精神分析はどのように基礎づけられるか?この問いを手がかりに、ラカンがいかに多くをハイデガーに負うているかを解き明かし、さらには、ラカンとラカン派分析家にとって「精神分析家である」とはいかなることであり、分析家は精神分析をいかなるものとして実践し得るかまでを問う画期の書。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    1 否定存在論的トポロジーの導入
    2 ハィデガーの思考と否定存在論的トポロジー
    3 異状の否定存在論的構造
    4 異状から昇華へ―精神分析の倫理
    5 女性性について
    6 ジャックアラン・ミレールを批判する―彼のラカン読解とセミネール編纂の誤りについて
    付録
  • 内容紹介

    精神分析はどのように実践し得るのか?
    ハイデガーとラカンの思考は、次の三つの問いをめぐって展開されている、と言うことができるだろう。存在の歴史において、否定存在論的孔穴は、いかに閉塞され、あるいは隠蔽されてきたか? だが、今や、いかにそのようなごまかしは不可能となってきているか? では、そのとき、我々はいかに生きることができるか? さらに、ラカンとラカン派精神分析家にとっては、第四の問い-実践的な問い-が措定される。そのような現代の状況において、「精神分析家である」とはいかなることであり得、精神分析家は精神分析をいかなるものとして実践し得るか?それらの問いを、本書において問うていく。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    小笠原 晋也(オガサワラ シンヤ)
    1956年生。1981年名古屋大学医学部卒業。1988年パリ第8大学でle dipl^ome d’´etudes approfondies en psychanalyseを取得。Jacques‐Alain Miller、Colette Soler、G´erard Haddadに教育分析を受け、都内で開業(東京精神分析クリニック)。東京ラカン塾主宰

ハイデガーとラカン [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:青土社
著者名:小笠原 晋也(著)
発行年月日:2020/01/31
ISBN-10:4791772482
ISBN-13:9784791772483
判型:A5
対象:教養
発行形態:単行本
内容:心理学
言語:日本語
ページ数:368ページ
縦:22cm
他の青土社の書籍を探す

    青土社 ハイデガーとラカン [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!