プログラミングとロジカルシンキングが一気にわかる本 アルゴリズムで論理の流れが見えてくる [単行本]
    • プログラミングとロジカルシンキングが一気にわかる本 アルゴリズムで論理の流れが見えてくる [単行本]

    • ¥1,65050ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2020年12月3日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003236691

プログラミングとロジカルシンキングが一気にわかる本 アルゴリズムで論理の流れが見えてくる [単行本]

  • 4.0
価格:¥1,650(税込)
ポイント:50ポイント(3%還元)(¥50相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2020年12月3日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:翔泳社
販売開始日: 2020/02/28
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

プログラミングとロジカルシンキングが一気にわかる本 アルゴリズムで論理の流れが見えてくる の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    プログラミングとロジカルシンキングの類似性を理解することで、一石二鳥でプログラミングを通してロジカルシンキングが簡単に身に付けられます。
  • 目次

    第1章 「プログラミング」と「ロジカルシンキング」の共通点
    1.1 あらゆる職場で求められている「プログラミング思考」
    1.2 一緒に学ぶとわかりやすい「プログラミング」と「ロジカルシンキング」
    1.3 裏が見えると解消される「プログラミング恐怖症」

    第2章 仕事がはかどるプログラミング思考
    2.1 上司に質問できないビジネスパーソンの末路
    2.2 プログラミング思考で実現できる上司との「まともな会話」
    2.3 二十代の私が知りたかったフレームワークの使い方
    2.4 一流の人だけが知っているちょっとした違い

    第3章 意外と知らないロジックツリーの使い方
    3.1 「何がわからないかわからない」を解消するのがロジックツリー
    3.2 初心者が意外と知らない「裏」ロジックツリー
    3.3 ロジカルシンキングは「楽して成果を上げる技術」

    第4章 わかりやすいコミュニケーションの技術
    4.1 論点がズレる会議のシンプルな対処法
    4.2 当たり前だが意外とできない「結論が先」
    4.3 すれ違いの会話に潜む隠れた前提

    第5章 ナマのプログラミングでわかるロジカルシンキングとの関連性
    5.1 見方を知ればわかりやすかったプログラミングの中身
    5.2 プログラミングにもあったチームで仕事をする工夫

    第6章 プログラミングで研ぎ澄ます論理構成力
    6.1 Excelだって実感できる論理構成の力
    6.2 自分でコードを修正する

    巻末付録 8大ビジネスフレームワーク

  • 出版社からのコメント

    プログラミングとロジカルシンキングの類似性を理解することで、プログラミングを通してロジカルシンキングが身に付けられる本。
  • 内容紹介

    プログラミングとロジカルシンキングは同時にマスターできる

    プログラミングとロジカルシンキングの類似性を理解することで、
    一石二鳥でプログラミングを通してロジカルシンキングが簡単に身に付けられます。

    ●プログラミングとロジカルシンキングの類似性

    プログラミングは最適な手順を作り、自分の意図した通りシステムを動かせること。
    ロジカルシンキングは目的を達成するために物事の筋道を考えて、計画的に実行することと、両者の親和性は強いです。
    論理的思考は、「なぜそうなるのか」→「どうしたらできるのか」→「どうやってやるのか」→
    「実施」→「結果どうだったか」というプロセスをたどりますが、
    プログラミングもこの流れで動いていきます。

    ●プログラミングを通してロジカルシンキングが簡単に身に付けられる

    たった1つのポイントがわかればプログラミングは簡単に取り組むことができます。
    それは、「機械(パソコン)にもわかるような言葉で命令する」ことです。
    その際、「誰が聞いても意味を取り違えない」表現にする必要があります。
    なぜならば、パソコンは相手の意向を忖度してくれないからです。
    この、「誰が聞いても意味を取り違えない」表現こそがロジカルシンキングです。
    これを身に付けることで、日常の人間同士のコミュニケーションもよくすることができます。
    本書では、こうしたプログラミングとロジカルシンキングの類似性を理解することで、
    一石二鳥でプログラミングを通してロジカルシンキングが簡単に身に付けられます。

    【本書の構成】
    第1章 「プログラミング」と「ロジカルシンキング」の共通点
    第2章 仕事がはかどるプログラミング思考
    第3章 意外と知らないロジックツリーの使い方
    第4章 わかりやすいコミュニケーションの技術
    第5章 ナマのプログラミングでわかるロジカルシンキングとの関連性
    第6章 プログラミングで研ぎ澄ます論理構成力

  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    木田 知廣(キダ トモヒロ)
    シンメトリー・ジャパン株式会社代表。大学卒業後、アメリカの名門コンピュータ会社DECで働き始めるも、IT業界の再編の波を受けて同社は消滅。退職を余儀なくされる。この経験をきっかけに、会社が倒産しないための「まっとうな経営」とは何かの模索を始め、その答えが「人材マネジメント」であった。この分野で研鑽を積むべく、人事コンサルティング会社ワトソンワイアットに厳しい選抜を経て採用される。ところが、実際に働き始めると、先輩コンサルタントとの能力差に愕然とし、大きな挫折を経験する。ここから、ロジカルシンキングのスキルアップを本格的に開始し、年間100冊以上の本を読破。ディベートなどの「対外試合」もしながら、体系的なロジカルシンキングを完成させる

プログラミングとロジカルシンキングが一気にわかる本 アルゴリズムで論理の流れが見えてくる の商品スペック

商品仕様
出版社名:翔泳社
著者名:木田 知廣(著)
発行年月日:2020/02/28
ISBN-10:4798162930
ISBN-13:9784798162935
判型:B6
対象:実用
発行形態:単行本
内容:経営
言語:日本語
ページ数:182ページ
縦:19cm
他の翔泳社の書籍を探す

    翔泳社 プログラミングとロジカルシンキングが一気にわかる本 アルゴリズムで論理の流れが見えてくる [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!