紙屋ふじさき記念館―麻の葉のカード(角川文庫) [文庫]
    • 紙屋ふじさき記念館―麻の葉のカード(角川文庫) [文庫]

    • ¥70443ポイント(6%還元)
    • 在庫あり2024年4月26日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003237311

紙屋ふじさき記念館―麻の葉のカード(角川文庫) [文庫]

価格:¥704(税込)
ポイント:43ポイント(6%還元)(¥43相当)
フォーマット:
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年4月26日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:KADOKAWA
販売開始日: 2020/02/21
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

紙屋ふじさき記念館―麻の葉のカード(角川文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    百花は叔母に誘われて行った「紙こもの市」で紙の世界に魅了される。会場で紹介されたイケメンだが仏頂面の一成が、大手企業「藤崎産業」の一族でその記念館の館長と知るが、全くそりが合わない。しかし百花が作ったカードや紙小箱を一成の祖母薫子が気に入り、誘われて記念館のバイトをすることに。初めは素っ気なかった一成との関係も、ある出来事で変わっていく。かわいくて優しい「紙小物」に、心もいやされる物語。
  • 目次

    第一話 麻の葉のカード
    第二話 貝殻の小箱
    第三話 いろいろ紙ノート
  • 内容(「BOOK」データベースより)

    麻の葉のカード;貝殻の小箱;いろいろ紙ノート
  • 出版社からのコメント

    紙っていいなあ。持ってるだけで幸せになるね。
  • 内容紹介

    編集者の母と二人暮らしの百花はある日、叔母に誘われた「紙こもの市」で紙雑貨の世界に魅了される。会場で紹介されたイケメンだが仏頂面の一成が、老舗企業「紙屋ふじさき」の親族でその記念館の館長と知るが、全くそりが合わない。しかし百花が作ったカードや紙小箱を一成の祖母薫子が気に入り、誘われて記念館のバイトをすることに。始めはそっけなかった一成との関係も、ある出来事で変わっていく。可愛くて優しい「紙雑貨」に、心もいやされる物語。

    図書館選書
    便箋、カード、マスキングテープ、付箋、紙箱……生活に寄り添ってくれるやさしい手触りの紙小物に魅了された百花。彼女が飛び込んだ紙の世界とは。 紙小物がつなぐ人の絆の物語。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    ほしお さなえ(ホシオ サナエ)
    1964年、東京都生まれ。作家・詩人。95年「影をめくるとき」で第38回群像新人文学賞優秀作受賞。2002年『ヘビイチゴ・サナトリウム』が第12回鮎川哲也賞最終候補作となる。16年『活版印刷三日月堂 星たちの栞』が、第5回静岡書店大賞(映像化したい文庫部門)を受賞
  • 著者について

    ほしお さなえ (ホシオ サナエ)
    1964年東京都生まれ。作家・詩人。95年「影をめくるとき」が第38回群像新人文学賞優秀作受賞。2002年『ヘビイチゴ・サナトリウム』が、第12回鮎川哲也賞最終候補作となる。16年から刊行された「活版印刷三日月堂」シリーズが話題を呼び、第5回静岡書店大賞(映像化したい文庫部門)を受賞するなど人気となる。主な作品に「菓子屋横丁月光荘」シリーズ、『銀塩写真探偵 一九八五年の光』がある。

紙屋ふじさき記念館―麻の葉のカード(角川文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:KADOKAWA
著者名:ほしお さなえ(著)
発行年月日:2020/02/25
ISBN-10:404108752X
ISBN-13:9784041087527
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:317ページ
縦:15cm
他のKADOKAWAの書籍を探す

    KADOKAWA 紙屋ふじさき記念館―麻の葉のカード(角川文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!