信長の革命と光秀の正義―真説 本能寺(幻冬舎新書) [新書]
    • 信長の革命と光秀の正義―真説 本能寺(幻冬舎新書) [新書]

    • ¥88027ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年6月25日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003237818

信長の革命と光秀の正義―真説 本能寺(幻冬舎新書) [新書]

価格:¥880(税込)
ポイント:27ポイント(3%還元)(¥27相当)
フォーマット:
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年6月25日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:幻冬舎
販売開始日: 2020/01/30
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

信長の革命と光秀の正義―真説 本能寺(幻冬舎新書) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    光秀はいかなる正義のもとに主君・信長を討ったのか。本能寺の変直前、信長は自らを天皇の上に置くという規格外のスケールで新しい国作りを目指していた。信長の革命思想は、朝廷・幕府・イエズス会、誰にとっても危険すぎる方向へと膨らんでいく。一方、近衛前久を中心とした信長包囲網もさらに強固な勢力となっていた。信長の最期の言葉「是非におよばず」の真意とは?秀吉は本能寺の変の計画を知っていたのか?戦国時代史の禁断の扉を開く画期的一冊。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 光秀単独犯行はありえない
    第2章 謎だらけの明智光秀
    第3章 革命家信長の光と闇
    第4章 戦国時代はグローバル社会だった
    第5章 戦乱の日本を覆うキリシタンネットワーク
    第6章 「本能寺の変」前と後
  • 出版社からのコメント

    光秀が秘めていた足利幕府再興の野望、秀吉の天下取りへの動き。対抗勢力の朝廷とイエズス会の思惑。光秀は実行犯に過ぎなかった。
  • 内容紹介

    日本史上まれにみる天才・信長は、自らを天皇の上に置き、規格外のスケールで新しい国作りを目指していた。自分を将軍など要職三職のいずれかに就任させるよう求めた朝廷への三職推任要求や、安土城から発掘された御所の存在がそれを証明している。信長の革命思想は、朝廷・幕府・イエズス会、誰にとっても危険すぎる存在となり、その緊迫した状況の中、本能寺の変は起きた――。光秀は、いかなる正義のもとに主君・信長を討ったのか? 信長最期の言葉「是非におよばず」の真意とは? 戦国時代史の禁断の扉を開く画期的一冊。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    安部 龍太郎(アベ リュウタロウ)
    1955年6月福岡県八女市(旧・黒木町)生まれ。久留米工業高専卒業。東京都大田区役所に就職、後に図書館司書を務める。90年『血の日本史』でデビュー。2005年『天馬、翔ける』で第一一回中山義秀文学賞を受賞。13年『等伯』で第一四八回直木賞受賞。15年福岡県文化賞受賞。20年京都府文化賞受賞。著書多数
  • 著者について

    安部 龍太郎 (アベリュウタロウ)
    一九五五年六月福岡県八女市(旧・黒木町)生まれ。久留米工業高専卒業。東京都大田区役所に就職、後に図書館司書を務める。九〇年『血の日本史』でデビュー。二〇〇五年『天馬、翔ける』で第一一回中山義秀文学賞を受賞。一三年『等伯』で第一四八回直木賞受賞。一五年福岡県文化賞受賞。作品に『信長燃ゆ』『蒼き信長』『家康』『信長はなぜ葬られたのか』『信長になれなかった男たち』など著書多数。安部龍太郎オフィシャルサイトhttps://aberyutarou.com/

信長の革命と光秀の正義―真説 本能寺(幻冬舎新書) の商品スペック

商品仕様
出版社名:幻冬舎
著者名:安部 龍太郎(著)
発行年月日:2020/01/30
ISBN-10:434498580X
ISBN-13:9784344985803
判型:新書
対象:一般
発行形態:新書
内容:日本文学評論・随筆
言語:日本語
ページ数:212ページ
縦:18cm
他の幻冬舎の書籍を探す

    幻冬舎 信長の革命と光秀の正義―真説 本能寺(幻冬舎新書) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!