人生の1冊の絵本(岩波新書) [新書]
    • 人生の1冊の絵本(岩波新書) [新書]

    • ¥1,14435ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年12月12日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
人生の1冊の絵本(岩波新書) [新書]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003237904

人生の1冊の絵本(岩波新書) [新書]

  • 5.0
価格:¥1,144(税込)
ポイント:35ポイント(3%還元)(¥35相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年12月12日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:岩波書店
販売開始日: 2020/02/29
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

人生の1冊の絵本(岩波新書) [新書] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    絵本と出会い、何かが変わっていくかもしれない…。こころが何かを求めているとき、悲しみのなかにいるとき、絵本を開いてみたい。幼き日の感性の甦りが、こころのもち方の転換が、いのちの物語が、人を見つめる木々の記憶が、そして祈りの静寂が、そこにはある。一五〇冊ほどの絵本を解説しながら、その魅力を綴る。
  • 目次

    1 こころの転機
     ゆびがなくても、おかあさんになれるんだ
     少女のこころの危機と絵の力
     疎外された少女に雪解けが
     もうひとつのこころの動きが
     自己否定が自己肯定に変わる瞬間
     障害のある子どもの限りない創造力
     何をすることが、いちばんだいじか
     なにはともあれ外に出てみよう


    2 こころのかたち
     人はなぜ学び、なぜ働き、なぜ祈るのか
     人は何を求めて旅に出るのか
     感性が刺激される逆転劇
     光より速い人間の想像力
     ずっこけ、でも明日があるさ
     ファンタジーはグリーフワークの神髄
     ファンタジーの世界で遊ぼうよ
     いまひとたびの、あの元気と明るさを
     五〇歳からの六歳児感性の再生法


    3 子どもの感性
     夢のなかで遊ぶ子どもの世界
     子ども時代を生きるとは
     おさな子が「おにいちゃん」になるとき
     子どもが人生への一歩を刻むとき
     どろんこのなかの生きる楽しさ


    4 無垢な時間
     生きものの眼差し、人間の眼差し
     どうぶつが生きる、ひとが生きる
     いのちを育む鳥の巣讃歌
     雪の森はこころを静寂の世界に
     無垢な時間を与えてくれる動物たち
     冬でも生きている小さないのち


    5 笑いも悲しみもあって
     なんとなく笑えるって、いい時間だ
     不条理な悲しみの深い意味
     やっぱりじんとくる純愛物語
     童話という語り口の深い味わい
     少年が本に魅せられるとき
     生きるに値すると思えるとき


    6 木は見ている
     木は見ている、人の生涯を
     木に育まれる人間のこころ
     花のいのち、人のいのち、しみじみと
     森を守った物語
     落ち葉たちの円舞曲
     葉っぱの旅、なんと深い感動が……


    7 星よ月よ
     星は見えない夜もそこにあって
     まるい月に目を輝かせる赤ちゃん
     強烈な色がひらく異界
     静寂のなかの音、のどを潤す冷水
     目に見えないものこそ
     夢幻の世界にこころ漂わせて
     人生の最後の「贈り物」とは


    8 祈りの灯
     祈りの灯、消えないように、消えないように
     亡き人の実存感がこころにストンと
     空を翔ける空想家のメッセージ
     言葉のない絵本のインパクト
     空襲、こころに刻まれるあのこの死
     戦争や災害をどう伝えるか


    あとがき

    登場する絵本索引
  • 出版社からのコメント

    幼き日の感性、いきものたちの物語、木々の記憶、祈りの静寂…。000冊の絵本を紹介し、魅力を綴る。
  • 内容紹介

    こころが何かを求めている時、悲しみのなかにいる時、絵本を開いてみたい。幼き日の感性が、いきものたちの物語が、木々の記憶が、そして祈りの静寂が、そこにはある。世界各地の150冊ほどの絵本を紹介しながら、その深い魅力を綴る。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    柳田 邦男(ヤナギダ クニオ)
    1936年栃木県生まれ。ノンフィクション作家。現代における「生と死」「いのちと言葉」「こころの再生」をテーマに、災害、事故、病気、戦争などについての執筆を続けている。最近は、絵本の深い可能性に注目して、「絵本は人生に3度」「大人の気づき、子どものこころの発達」をキャッチ・フレーズにして、全国各地で絵本の普及活動に力を注いでいる

人生の1冊の絵本(岩波新書) [新書] の商品スペック

商品仕様
出版社名:岩波書店
著者名:柳田 邦男(著)
発行年月日:2020/02/27
ISBN-10:4004318289
ISBN-13:9784004318286
判型:新書
対象:一般
発行形態:新書
内容:日本文学評論・随筆
言語:日本語
ページ数:341ページ ※338,3P
縦:18cm
他の岩波書店の書籍を探す

    岩波書店 人生の1冊の絵本(岩波新書) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!