ロボットはもっと賢くなれるか―哲学・身体性・システム論から学ぶ柔軟なロボット知能の設計 [単行本]
    • ロボットはもっと賢くなれるか―哲学・身体性・システム論から学ぶ柔軟なロボット知能の設計 [単行本]

    • ¥3,960119ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
ロボットはもっと賢くなれるか―哲学・身体性・システム論から学ぶ柔軟なロボット知能の設計 [単行本]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003238016

ロボットはもっと賢くなれるか―哲学・身体性・システム論から学ぶ柔軟なロボット知能の設計 [単行本]

価格:¥3,960(税込)
ポイント:119ポイント(3%還元)(¥119相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:森北出版
販売開始日: 2020/02/28
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

ロボットはもっと賢くなれるか―哲学・身体性・システム論から学ぶ柔軟なロボット知能の設計 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    目指すのは「自分で考えて動くロボット」。これまでのアプローチを振り返り、ディープラーニング・強化学習の先にある可能性を探る。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 自律ロボットの何が難しいのか?
    第2章 自律ロボットを賢くする/賢さを問い直す試み
    第3章 人の知能から得られるロボット知能に関するヒント
    第4章 ロボット知能のための数理とアルゴリズム
    第5章 ロボット知能に柔軟性を生み出すための試み
    第6章 ロボットはもっと賢くなれるか?―ロボット工学への着地点
  • 出版社からのコメント

    目指すのは「自分で考えて動くロボット」。これまでのアプローチを振り返り、ディープラーニングブームの先にある可能性を探る。
  • 内容紹介

    「人のように、変化の多い環境や想定外の状況に、臨機応変に対応できるロボットが作れたら…」

    ロボットエンジニア・研究者なら、一度はこう思ったことがあるでしょう。

    囲碁や将棋でプロ棋士を負かす知能をもったロボット、人間の動作をそっくりまねるロボットをはじめ、人間と同じ(もしくは人間を超える)能力をもったロボットは、すでに数多く登場しています。

    ですが、これまでのアプローチを続けていけば、「人間のように自分で考えて動くロボット」は実現するのでしょうか? また、仮に難しいとしたらその理由はいったい何で、それに対して過去にどのようなアプローチがあったのか、また今後あり得るのでしょうか?

    本書では、知能ロボットをとりまく状況を整理しつつ、「知能とは何か」「認識するとはどのようなことか」という論点まで立ち戻り、哲学・心理学・システム論からの知見を紹介。これらの知見を活かした最新の研究事例を解説し、今後のロボット開発の一つの方向性を示します。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    小林 祐一(コバヤシ ユウイチ)
    1993年洛南高等学校卒業。1997年東京大学工学部精密機械工学科卒業。2002年東京大学大学院工学系研究科精密機械工学専攻博士課程修了。2002年理化学研究所バイオ・ミメティックコントロール研究センター研究員。2007年東京農工大学大学院共生科学技術研究院特任准教授。2012年静岡大学工学部機械工学科准教授(~現在)。2016年ミュンヘン工科大学自動制御工学研究室客員研究員(~2017年)。2019年MIR株式会社代表取締役(~現在)。博士(工学)
  • 著者について

    小林 祐一 (コバヤシ ユウイチ)
    静岡大学准教授 博(工)

ロボットはもっと賢くなれるか―哲学・身体性・システム論から学ぶ柔軟なロボット知能の設計 の商品スペック

商品仕様
出版社名:森北出版
著者名:小林 祐一(著)
発行年月日:2020/02/27
ISBN-10:4627880618
ISBN-13:9784627880610
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:情報科学
言語:日本語
ページ数:247ページ
縦:22cm
他の森北出版の書籍を探す

    森北出版 ロボットはもっと賢くなれるか―哲学・身体性・システム論から学ぶ柔軟なロボット知能の設計 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!