結愛へ―目黒区虐待死事件 母の獄中手記 [単行本]
    • 結愛へ―目黒区虐待死事件 母の獄中手記 [単行本]

    • ¥1,54047ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年9月22日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003241976

結愛へ―目黒区虐待死事件 母の獄中手記 [単行本]

価格:¥1,540(税込)
ポイント:47ポイント(3%還元)(¥47相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年9月22日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:小学館
販売開始日: 2020/02/07
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

結愛へ―目黒区虐待死事件 母の獄中手記 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    「もうおねがいゆるしてください」悲痛な叫びを遺し、結愛ちゃんの人生はわずか5年で幕を閉じた。夫からの執拗なDVに心はすり減り、児相にも警察にもSOSは届かず、しつけという名の虐待は日常化した。娘を衰弱死させた罪に問われ8年の実刑判決を下された母親の痛みと悲しみの記録。ルポライター・杉山春氏の解説、精神科医・白川美也子氏の診断書も収録。
  • 目次

    出版にあたって 大谷恭子(弁護士)
    プロローグ
    第1章 結愛が生まれた日
    第2章 虐待
    第3章 上京
    第4章 深い闇から
    第5章 生きて償う
    第6章 裁き
    エピローグ
    解説 見えないDVと届かないSOS/杉山春(ルポライター)
    関連年表
    巻末資料 意見書/白川美也子(精神科医)
  • 内容紹介

    彼女は、あなただったかもしれない。

    2018年3月、東京都目黒区で当時5歳の少女、結愛ちゃんが息絶えた。十分な食事を与えられておらず、父親から暴力を受けていたことによる衰弱死だった。警視庁は傷害容疑で父親を逮捕。6月に父親を保護責任者遺棄致死容疑で再逮捕する際、母親・船戸優里も逮捕する。

    本書は、2019年9月、第一審で懲役8年の判決を下された母親が、罪と向き合いながら綴った悲しみの記録である。

    〈2018年6月6日、私は娘を死なせたということで逮捕された。いや「死なせた」のではなく「殺した」と言われても当然の結果で、「逮捕された」のではなく「逮捕していただいた」と言った方が正確なのかもしれない〉

    〈結婚式直後のころと思う。結愛が床に横向きに寝転がっていた時、彼が思い切り、結愛のお腹を蹴り上げた。まるでサッカーボールのように。私の心をおおっているものにひびが入り、ガラガラと音を立てて崩れ落ちた〉

    〈私は、正座しながら説教を受け、それが終わると「怒ってくれてありがとう」と言うようになった。(略)私にとって説教とは叱られて終わりではなく、その後、彼に納得のいく反省文を提出し、許しをもらうまでの流れをいう〉

    【編集担当からのおすすめ情報】
    虐待事件の当事者が、手記という手段で、家庭崩壊の過程や苦悩を綴るのは、極めて珍しいことです。

    なぜ、夫の暴力を止めることができなかったのか。
    なぜ、過酷な日課を娘に強いたのか。
    なぜ、やせ衰えた娘を病院に連れて行かなかったのか。
    なぜ、誰にも助けを求めなかったのか。

    その答えが本書にあります。
    手記を読めば、船戸優里被告は、娘の虐待死において加害者でありながら、夫の執拗な精神的DVによって心がすり減らされていった被害者であるという事実に気がつくはずです。

    本書には、虐待事件を精力的に取材してきたルポライターの杉山春氏の解説、そして公判前に優里被告を診断した精神科医の白川美也子氏の診断書(意見書)も巻末に収録しています。手記と併せてご覧いただければ事件の背景が深く理解できると思います。

    本書を通じて、児童虐待とDVの実相を知っていただくことで、こうした悲劇が今後二度と起こらないようにすることが筆者、そして出版社の心からの願いです。


    図書館選書
    2018年3月、結愛ちゃんは5歳にして息絶えた。〈もうおねがいゆるしてください〉。両親への反省文が報じられると、児童虐待は社会問題となる。なぜ娘の命を守れなかったか。実刑判決を下された母親の獄中手記。

結愛へ―目黒区虐待死事件 母の獄中手記 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:小学館
著者名:船戸 優里(著)
発行年月日:2020/02/12
ISBN-10:4093887578
ISBN-13:9784093887571
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学評論・随筆
言語:日本語
ページ数:255ページ ※237,18P
縦:19cm
他の小学館の書籍を探す

    小学館 結愛へ―目黒区虐待死事件 母の獄中手記 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!