改訂版 位相反転型エンクロージャの設計法-永久保存版 低音再生のための手引き [単行本]
    • 改訂版 位相反転型エンクロージャの設計法-永久保存版 低音再生のための手引き [単行本]

    • ¥3,30099ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2020年6月4日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009003242013

改訂版 位相反転型エンクロージャの設計法-永久保存版 低音再生のための手引き [単行本]

価格:¥3,300(税込)
ポイント:99ポイント(3%還元)(¥99相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2020年6月4日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:誠文堂新光社
販売開始日: 2020/03/10
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

改訂版 位相反転型エンクロージャの設計法-永久保存版 低音再生のための手引き の 商品概要

  • 目次

    口絵 オーディオルーム

    ◇第1章 スピーカユニットの規格を求める
    1-1 スピーカユニット単体でのインピーダンス特性
    1-2 振動系等価質量を求める
    1-3 出力音圧レベルを求める

    ◇第2章 スピーカユニットに適したエンクロージャ内容積を求める
    2-1 システムとしての共振峰先鋭度の最大値を求める
    2-2 αの基準値と許容範囲を求める
    2-3 エンクロージャ内容積を求める
    2-4 エンクロージャの寸法を求める

    ◇第3章 位相反転型エンクロージャにおける チューニング周波数を求める
    3-1 位相反転型エンクロージャの動作原理
    3-2 チューニング周波数の最適値を求める
    3-3 チューニング周波数の適合範囲を求める

    ◇第4章 位相反転型エンクロージャにおけるダクトのすべて
    4-1 ダクトにおける音波の振る舞い
    4-2 ダクト断面形状を考える
    4-3 ダクト開口面積の基準値を求める
    4-4 理想条件およびインピーダンス特性についての考察
    4-5 真円直管の機械的長さを求める
    4-6 矩形ダクトの機械的長さを求める
    4-7 ダクトの開口位置を求める
    4-8 見なし長さの波長による依存性の考察
    4-9 ダクトを複数とした場合の考察
    4-10 ダクトの形状についての考察
    4-11 チューニング点の適合範囲を求める

    ◇第5章 設計例
    5-1 設計例1 169リットル・エンクロージャ+フォステクスW300A
    5-2 設計例2 210リットル・エンクロージャ+JBL2226H
    5-3 設計例3 46.2リットル・エンクロージャ+パイオニアTS-W252PRS
    5-4 設計例4 137リットル・エンクロージャ+パイオニアTS-W3000C
    5-5 設計例5 513リットル・エンクロージャ+JBL2235H
  • 出版社からのコメント

    高音質再生のための超低域用スピーカーシステム設計法。位相反転型サブウーファーの理論・考察と新たな製作5例を解説。
  • 内容紹介

    2008年4月に刊行されたロングセラーの位相反転(バスレフ)型スピーカーシステム設計・製作例の改訂版です。

    スピーカーにはカーオーディオ用の高品質ユニットなども採用し、新たに設計し直して製作した低域用エンクロージャーの実測データを掲載。
    低域再生におけるユニットの能力を最大限に引き出すために、エンクロージャーとバスレフダクトなどを理論的に設計し、5例の新作を掲載しています。

    ■目次
    口絵 オーディオルーム

    ◇第1章 スピーカユニットの規格を求める
    1-1 スピーカユニット単体でのインピーダンス特性
    1-2 振動系等価質量を求める
    1-3 出力音圧レベルを求める

    ◇第2章 スピーカユニットに適したエンクロージャ内容積を求める
    2-1 システムとしての共振峰先鋭度の最大値を求める
    2-2 αの基準値と許容範囲を求める
    2-3 エンクロージャ内容積を求める
    2-4 エンクロージャの寸法を求める

    ◇第3章 位相反転型エンクロージャにおける チューニング周波数を求める
    3-1 位相反転型エンクロージャの動作原理
    3-2 チューニング周波数の最適値を求める
    3-3 チューニング周波数の適合範囲を求める

    ◇第4章 位相反転型エンクロージャにおけるダクトのすべて
    4-1 ダクトにおける音波の振る舞い
    4-2 ダクト断面形状を考える
    4-3 ダクト開口面積の基準値を求める
    4-4 理想条件およびインピーダンス特性についての考察
    4-5 真円直管の機械的長さを求める
    4-6 矩形ダクトの機械的長さを求める
    4-7 ダクトの開口位置を求める
    4-8 見なし長さの波長による依存性の考察
    4-9 ダクトを複数とした場合の考察
    4-10 ダクトの形状についての考察
    4-11 チューニング点の適合範囲を求める

    ◇第5章 設計例
    5-1 設計例1 169リットル・エンクロージャ+フォステクスW300A
    5-2 設計例2 210リットル・エンクロージャ+JBL2226H
    5-3 設計例3 46.2リットル・エンクロージャ+パイオニアTS-W252PRS
    5-4 設計例4 137リットル・エンクロージャ+パイオニアTS-W3000C
    5-5 設計例5 513リットル・エンクロージャ+JBL2235H

    ***********************************
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    田中 和成(タナカ カズシゲ)
    1947年、横浜市港北区(現・緑区)生まれ。電気工事業「進成電気商会」代表。日本音響学会会員
  • 著者について

    田中 和成 (タナカ カズシゲ)
    ■田中 和成(タナカ カズシゲ)
    1947年、横浜市港北区(現・緑区)生まれ。
    1958年、ゲルマニウムラジオを組み立てたのをきっかけに電気の世界に興味を持つ。
    電気工事業「進成電気商会」代表。日本音響学会会員。アマチュア無線のコールサインはJA1XUD。

改訂版 位相反転型エンクロージャの設計法-永久保存版 低音再生のための手引き の商品スペック

商品仕様
出版社名:誠文堂新光社
著者名:田中 和成(著)
発行年月日:2020/03/15
ISBN-10:4416917740
ISBN-13:9784416917749
旧版ISBN:9784416108017
判型:B5
対象:実用
発行形態:単行本
内容:電子通信
言語:日本語
ページ数:167ページ
縦:26cm
他の誠文堂新光社の書籍を探す

    誠文堂新光社 改訂版 位相反転型エンクロージャの設計法-永久保存版 低音再生のための手引き [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!