10 オランダの建築(新装版 バウハウス叢書) [全集叢書]
    • 10 オランダの建築(新装版 バウハウス叢書) [全集叢書]

    • ¥2,86086ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2020年4月11日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009003243479

10 オランダの建築(新装版 バウハウス叢書) [全集叢書]

価格:¥2,860(税込)
ポイント:86ポイント(3%還元)(¥86相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2020年4月11日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:中央公論美術出版
販売開始日: 2020/02/19
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

10 オランダの建築(新装版 バウハウス叢書) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    初期デ・ステイルにとって最も重要な建築家であったJ.J.P.アウトは、1923年のバウハウス展で「オランダの近代建築」と題した講演を行っている。本書では、ベルラーヘからアムステルダム派、デ・ステイルのリートフェルトへと至るオランダ近代建築の展開と目的が語られる。バウハウスをはじめヨーロッパ各地でセンセーションを巻き起こしたデ・ステイルの建築理論に基づくレポート。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    告白
    オランダにおける近代建築の発展:過去、現在、未来(講演)
    未来の建築と建築技術の可能性について(プログラム)
    フランク・ロイド・ライトのヨーロッパ建築への影響(論文)
    図版目録
  • 内容紹介

    初期デ・ステイルにとって最も重要な建築家であったJ・J・P・アウトが記した、ベルラーヘからデ・ステイルのリートフェルトへと至るオランダ近代建築のレポート。バウハウスをはじめヨーロッパ各地でセンセーションを巻き起こしたデ・ステイルの建築理論。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    アウト,J.J.P.(アウト,J.J.P./Oud,Jacobus Johannes Pieter)
    1890‐1963。北オランダの小都市プルメレント生まれの建築家。アムステルダムの装飾芸術クエリヌス校および国立工業高校を経て、デルフト工科大学に学ぶ。スタイト&キュイペルス建築事務所で仕事を開始。当時進歩的建築家であったミュンヘンのテオドール・フィッシャーのもとでも働く。1917年、テオ・ファン・ドゥースブルフ、ピート・モンドリアンらとともに芸術革新の舞台となるデ・ステイル(1917‐1932)を創設。建築理論の開拓者で新即物主義の草分けでもある。1918年、ロッテルダム市の建築技師となり、1921年にはデ・ステイルから離れるが、その後もその原理に忠実であり続けた。1963年ワッセナールにて歿

10 オランダの建築(新装版 バウハウス叢書) の商品スペック

商品仕様
出版社名:中央公論美術出版
著者名:J.J.P. アウト(著)/貞包 博幸(訳)
発行年月日:2020/02/10
ISBN-10:4805510609
ISBN-13:9784805510605
判型:B5
対象:専門
発行形態:全集叢書
内容:芸術総記
言語:日本語
ページ数:102ページ
縦:23cm
横:19cm
厚さ:1cm
その他: 原書名: HOLL¨ANDISCHE ARCHITEKTUR〈Oud,Jacobus Johannes Pieter〉
他の中央公論美術出版の書籍を探す

    中央公論美術出版 10 オランダの建築(新装版 バウハウス叢書) [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!