彼女たちの好きな鈴木邦男 [単行本]
    • 彼女たちの好きな鈴木邦男 [単行本]

    • ¥1,65050ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年12月9日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
彼女たちの好きな鈴木邦男 [単行本]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003246005

彼女たちの好きな鈴木邦男 [単行本]

価格:¥1,650(税込)
ポイント:50ポイント(3%還元)(¥50相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年12月9日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:ハモニカブックス
販売開始日: 2020/02/08
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

彼女たちの好きな鈴木邦男 [単行本] の 商品概要

  • 目次(「BOOK」データベースより)

    序 私たちの好きな鈴木邦男
    1 女について語るとき鈴木邦男が語ること
    2 対話篇 女子に学べ!(望月衣塑子―新聞記者の仕事にどう命を懸けるか;溝口紀子―“闇の歴史”を体系化して書いた『性と柔』;赤尾由美―貧しい人、困ってる人がいたらほっとけない;雨宮処凛―右翼の砦を離れた今;塩田ユキ―“国”よりも私を愛して;三浦瑠麗―憲法に書き込まなければいけない3つのこと;ミサオ・レッドウルフ―持続する志;松本麗華―死刑囚を描いたマンガ作品に共感;入江杏―「被害者遺族」のイメージを超えて)
    3 鈴木邦男さんへの手紙(中村真夕―2年間の密着;香山リカ―客席の鈴木さん;早見慶子―鈴木邦男さんとの思い出;ユン・スヨン―偶然の出会い;御手洗志帆―邦男さんに伝えたいこと;瀧澤亜希子―2800文字の「多謝」)
    4 あの人この人
  • 内容紹介

     鈴木邦男の「愛される理由」を探求してみたい。鈴木邦男はほかの男たちとどこが違うのだろう。この探求は、この国の男たちの有りようを考えることにもつながるかもしれない。

     たとえば、鈴木邦男がときどき口にするR・S・S・Oという金言みたいなものがある。運動や活動に必要な原則をアルファベット4文字で示したものだという。
     Rは理論(RIRON)のR。
     Sは組織(SOSHIKI)のS。
     もうひとつのSは資金(SIKIN)のS。
     そして最後のOはなんと、女(ONNA)のOなのだ。
     そこだけ聞くとちょっと気持ち悪いかもしれないが、運動や活動に女性が必要だという原則。女性が共感できない、参加できないような運動は伸びない。廃れる、ということを意味している。
     だから鈴木邦男は、女性の目線をとても大事に考えている。シンポジウムや人のたくさん集まる場所、どこへ行くにも私たちを誘い、私たちの反応を気にする。いつからか私たちは「邦男ガールズ」と呼ばれるようになった。

     もちろん私たちが女でなかったとしても同じことかもしれないが、ここには少なくとも人と人の対等な関係がある。行く先々で見聞きすること、起きることに私たちが共感するか。心を動かされるか。鈴木邦男はそんな私たちの感覚を、ものごとを判断する指標にしている、そう感じることがあるのだ。
     そんなとき、鈴木邦男は、世の中で言われるような、右翼だとか愛国者だとかリベラルだとか、そういう次元とか別のところで存在している。私たちの「なついて」いるのはそんなオッサンだ。

     鈴木邦男は女について何をどう語っているのか。女性たちとどんな対話をしてきたのか。そして私たちにとって、鈴木邦男とは何者なのか。
  • 著者について

    鈴木邦男 (スズキクニオ)
    1943年福島県郡山市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。72年「一水会」を結成。

彼女たちの好きな鈴木邦男 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:ハモニカブックス
著者名:鈴木 邦男(著)/邦男ガールズ(編)
発行年月日:2020/02/14
ISBN-10:4907349181
ISBN-13:9784907349189
判型:B6
発売社名:ハモニカブックス
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学評論・随筆
言語:日本語
ページ数:212ページ
縦:19cm
横:12cm
厚さ:1cm
他のハモニカブックスの書籍を探す

    ハモニカブックス 彼女たちの好きな鈴木邦男 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!