図解 会社の「遊休地・老朽化建物」有効活用のすべて [単行本]
    • 図解 会社の「遊休地・老朽化建物」有効活用のすべて [単行本]

    • ¥2,86086ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2020年12月2日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003246397

図解 会社の「遊休地・老朽化建物」有効活用のすべて [単行本]

価格:¥2,860(税込)
ポイント:86ポイント(3%還元)(¥86相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2020年12月2日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:日本実業出版社
販売開始日: 2020/03/06
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

図解 会社の「遊休地・老朽化建物」有効活用のすべて の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    いまある資産からお金を生み出すための最適な考え方と方法。土地・建物の条件に沿った具体的な事例を多数紹介。客観的かつ合理的な考え方と手続きの段取りがわかる。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 多くの企業は遊休不動産をうまく活用する方法がわからずに悩んでいる
    第2章 遊休不動産の活用はすべての選択肢を同列に並べて検討すべき
    第3章 社外への賃貸を検討するときに押さえておくべきポイント
    第4章 社外への賃貸を実施するときに押さえておくべきポイント
    第5章 社外への売却を検討・実施するときに押さえておくべきポイント
    第6章 「老朽化した建物」の賃貸・売却を検討するときに注意すべきポイント
    第7章 社外への賃貸・売却にあたって必要な手続き1 「公図」などでチェックすべきポイント
    第8章 社外への賃貸・売却にあたって必要な手続き2 「入札要項」のつくり方
    第9章 社外への賃貸・売却にあたって必要な手続き3 提案書を精査するときのポイント
    第10章 企業にとって不動産を活用することの意義―個別最適から全体最適へ
    第11章 こんな会社はいますぐに遊休不動産をどうするかについて対策を講じたほうがいい
  • 出版社からのコメント

    企業が抱える遊休地と老朽化建物をプラスに変える最も適切な考え方と手法をわかりやすく解説!
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    下市 源太郎(シモイチ ゲンタロウ)
    関西学院大学卒。三菱信託銀行(現三菱UFJ信託銀行)に入社。法人や企業年金に対する資産運用コンサルティング業務を経て、不動産部門へ。売買仲介のほか、不動産活用コンサルティングと賃貸借仲介(オフィス、商業施設、物流倉庫など)の専任者として、10年超チームを率いる。その後、デロイトトーマツコンサルティングへ転職し、経営方針や中期経営計画に合致した不動産戦略策定から個別不動産診断、実行まで幅広いサービスを提供する。公益社団法人日本証券アナリスト協会認定アナリスト。一般社団法人不動産証券化協会認定マスター。宅地建物取引士

図解 会社の「遊休地・老朽化建物」有効活用のすべて の商品スペック

商品仕様
出版社名:日本実業出版社
著者名:下市 源太郎(著)
発行年月日:2020/03/10
ISBN-10:4534057660
ISBN-13:9784534057662
判型:A5
対象:一般
発行形態:単行本
内容:経営
言語:日本語
ページ数:266ページ
縦:21cm
他の日本実業出版社の書籍を探す

    日本実業出版社 図解 会社の「遊休地・老朽化建物」有効活用のすべて [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!