パナソニックの危機を叫び続けた男 山下俊彦伝 [単行本]

販売休止中です

    • パナソニックの危機を叫び続けた男 山下俊彦伝 [単行本]

    • ¥1,98060ポイント(3%還元)
100000009003247062

パナソニックの危機を叫び続けた男 山下俊彦伝 [単行本]

価格:¥1,980(税込)
ポイント:60ポイント(3%還元)(¥60相当)
フォーマット:
日本全国配達料金無料
出版社:東洋経済新報社
販売開始日: 2020/03/14
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

パナソニックの危機を叫び続けた男 山下俊彦伝 [単行本] の 商品概要

  • 目次

    序 章 「もう一つの日本」を探して
    第1章 退社、再入社、ウエスト電気
    第2章 エアコン事業部長の青春
    第3章 新社長が決まるまで
    第4章 ミスター危機感になる
    第5章 背教者と指さされて
    第6章 ビデオの時代
    第7章 “古巣”大粛清、そして和解
    第8章 「ACTION61」発動――“家電王国”を変える
    第9章 中心に人と感動。「パラドックス経営」全開へ
    第10章 歩みを世界とともに
    第11章 「松下家」と対決する
    第12章 「中村革命」の中で
    第13章 引き継がれる山下俊彦
  • 出版社からのコメント

    家電王国は必ず崩壊する――。神様に選ばれながら神様に異を唱え続けた、稀代の経営者を通してみるパナソニック凋落の30年史。
  • 内容紹介

    【パナソニックの危機を予見した男】

    「ジャパン・アズ・ナンバーワン」と絶賛され、家電メーカーの売上が倍々ゲームで増え続けた80年代に、「危機の到来」を予見していた経営者がいた。山下が生きた時代を通して見る、パナソニック激動の50年史。

    世界屈指の家電メーカートップだった彼は、絶頂期にあって「アクション61」と呼ばれた全社的な大改革プランを打ち上げる。家電メーカーから産業エレクトロニクス・メーカーへの転換、国内企業からグローバル企業への転換を訴えたこの改革は、まさに先見の明をもつ改革であった。仮に、松下がこの大改革を実行していれば、日本のエレクトロニクス産業の姿は、現在とはまるで違うものになっていたかもしれない。

    山下が全身全霊を傾けたこの改革は、なぜ実現しなかったのか。バブルで狂乱状態にあった家電市場、創業家を交えた社内人事抗争、グローバル化と経営危機など、山下俊彦が生きた時代を通してパナソニックの絶頂からどん底までを描いた人物評伝の傑作。
  • 著者について

    梅沢 正邦 (ウメザワ マサクニ)
    梅沢 正邦(ウメザワ マサクニ)
    経済ジャーナリスト
    経済ジャーナリスト。1949年生まれ。71年東京大学経済学部卒業。東洋経済新報社に入社し、編集局記者として流通業、プラント・造船・航空機、通信・エレクトロニクス、商社などを担当。『金融ビジネス』編集長、『週刊東洋経済』副編集長を経て、2001年論説委員長。09年退社し現在に至る。著書に『カリスマたちは上機嫌――日本を変える13人の起業家』(東洋経済新報社、2001年)、『失敗するから人生だ。』(東洋経済新報社、2013年)。

パナソニックの危機を叫び続けた男 山下俊彦伝 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:東洋経済新報社
著者名:梅沢 正邦(著)
発行年月日:2020/03
ISBN-10:4492503153
ISBN-13:9784492503157
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:経営
言語:日本語
ページ数:489ページ
縦:20cm
他の東洋経済新報社の書籍を探す

    東洋経済新報社 パナソニックの危機を叫び続けた男 山下俊彦伝 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!