怪物の木こり(宝島社文庫-「このミス」大賞シリーズ) [文庫]
    • 怪物の木こり(宝島社文庫-「このミス」大賞シリーズ) [文庫]

    • ¥74823ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2020年3月31日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
数量:
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009003247619

怪物の木こり(宝島社文庫-「このミス」大賞シリーズ) [文庫]

価格:¥748(税込)
ポイント:23ポイント(3%還元)(¥23相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2020年3月31日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:宝島社
販売開始日: 2020/02/06
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

怪物の木こり(宝島社文庫-「このミス」大賞シリーズ) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    良心の呵責を覚えることなく、自分にとって邪魔な者たちを日常的に何人も殺してきたサイコパスの辣腕弁護士・二宮彰。ある日、彼が仕事を終えてマンションへ帰ってくると、突如「怪物マスク」を被った男に襲撃され、斧で頭を割られかけた。九死に一生を得た二宮は、男を捜し出して復讐することを誓う。一方そのころ、頭部を開いて脳味噌を持ち去る連続猟奇殺人が世間を賑わしていた―。第17回『このミステリーがすごい!』大賞大賞受賞作。
  • 内容紹介

    第17回『このミステリーがすごい! 』大賞受賞作は、
    サイコパス弁護士 vs. 頭を割って脳を盗む「脳泥棒」、最凶の殺し合い!

    すべては二十六年前、十五人以上もの被害者を出した、児童連続誘拐殺人事件に端を発していて……。

    自分は怪物なのか...
    では人とは何なのか...

    善悪がゆらいでいく主人公に「泣ける!」との声もあがったサイコ・スリラー、待望の文庫化!
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    倉井 眉介(クライ マユスケ)
    1984年、神奈川県横浜市戸塚区生まれ。帝京大学文学部心理学科卒業。第17回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞し、2019年に『怪物の木こり』でデビュー
  • 著者について

    倉井 眉介 (クライ マユスケ)
    1984年、神奈川県横浜市戸塚区生まれ。帝京大学文学部心理学科卒業。第17回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞し、2018年に『怪物の木こり』(宝島社)でデビュー。

怪物の木こり(宝島社文庫-「このミス」大賞シリーズ) の商品スペック

商品仕様
出版社名:宝島社
著者名:倉井 眉介(著)
発行年月日:2020/02/20
ISBN-10:4299002563
ISBN-13:9784299002563
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:318ページ
縦:16cm
他の宝島社の書籍を探す

    宝島社 怪物の木こり(宝島社文庫-「このミス」大賞シリーズ) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!