父・山口瞳自身-息子が語る家族ヒストリー(P+D BOOKS) [単行本]
    • 父・山口瞳自身-息子が語る家族ヒストリー(P+D BOOKS) [単行本]

    • ¥71522ポイント(3%還元)
    • 在庫あり本日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003249487

父・山口瞳自身-息子が語る家族ヒストリー(P+D BOOKS) [単行本]

価格:¥715(税込)
ポイント:22ポイント(3%還元)(¥22相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、本日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:小学館
販売開始日: 2020/03/12
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

父・山口瞳自身-息子が語る家族ヒストリー(P+D BOOKS) の 商品概要

  • 内容紹介

    山口瞳の実像を長男・正介が初めて描く。

    直木賞受賞作『江分利満氏の優雅な生活』をはじめとする数々の名作小説や、世相を鋭く切り取るエッセイなどを世に送り出した山口瞳。
    その長男・山口正介が、父・山口瞳の作品に向かう姿勢や葛藤、家族との関係などを、これまで作品では絶対に書いてこなかった封印してきたエピソードまですべてを明らかにする。
    一度も休載することなく「週刊新潮」に1614回に亘って連載されたコラム「男性自身」や『江分利満氏』シリーズなどが書かれた背景をはじめ、文壇や学友、終の棲家・国立の人々との交流、女性関係や隣家とのトラブルなどなど、“息子”でなければ書き得ない仰天エピソードが満載。
    小学館から配信されている『山口瞳電子全集』(全26巻)の各巻で、回想録「草臥山房通信」として掲載された内容を大幅に加筆・修正した。

    図書館選書
    作家・山口瞳の長男・正介が、父の作品に向かう姿勢や葛藤、家族との秘密のエピソードまで、初めて明らかに。『山口瞳電子全集』(全26巻)で、回想録「草臥山房通信」として掲載された内容を大幅に加筆・修正。

父・山口瞳自身-息子が語る家族ヒストリー(P+D BOOKS) の商品スペック

商品仕様
出版社名:小学館
著者名:山口 正介(著)
発行年月日:2020/03
ISBN-10:4093523878
ISBN-13:9784093523875
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:544ページ
縦:19cm
他の小学館の書籍を探す

    小学館 父・山口瞳自身-息子が語る家族ヒストリー(P+D BOOKS) [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!