みずほ銀行システム統合、苦闘の19年史-史上最大のITプロジェクト「3度目の正直」 [単行本]
    • みずほ銀行システム統合、苦闘の19年史-史上最大のITプロジェクト「3度目の正直」 [単行本]

    • ¥1,98060ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年1月27日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003249529

みずほ銀行システム統合、苦闘の19年史-史上最大のITプロジェクト「3度目の正直」 [単行本]

  • 5.0
価格:¥1,980(税込)
ポイント:60ポイント(3%還元)(¥60相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年1月27日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:日経BP社
販売開始日: 2020/02/15
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

みずほ銀行システム統合、苦闘の19年史-史上最大のITプロジェクト「3度目の正直」 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    「2025年の崖」からの転落を防ぐ秘訣がここにある。
  • 目次

    はじめに
    第一部 IT業界のサグラダファミリア、ついに完成す
    第1章 三十五万人月、四千億円台半ば、巨大プロジェクトはこうして始まった
    第2章 さらば八〇年代、新システム「MINORI」の全貌
    第3章 参加ベンダー千社、驚愕のプロジェクト管理
    第4章 緊張と重圧、一年がかりのシステム移行
    第5章 次の課題はデジタル変革
    第6章 「進退を賭けて指揮した」
        みずほフィナンシャルグループ 坂井辰史社長 インタビュー

    第二部 震災直後、「またか」の大規模障害
    第7章 検証、混迷の十日間
    第8章 重なった三十の不手際
    第9章 一年をかけた再発防止策

    第三部 合併直後、「まさか」の大規模障害
    第10章 現場任せが諸悪の根源
    第11章 無理なシステム統合計画を立案
    第12章 大混乱の二〇〇二年四月
    おわりに
  • 内容紹介

    ついに完成した「IT業界のサグラダファミリア」、その裏側に迫る

    みずほフィナンシャルグループ(FG)が2011年から進めてきた「勘定系システム」の刷新・統合プロジェクトが2019年7月、ついに完了した。
    富士通、日立製作所、日本IBM、NTTデータを筆頭に1000社ものシステムインテグレーターが参加したものの、2度にわたって開発完了が延期になったことから、なかなか完成しないスペイン・バルセロナの教会にちなんで「IT業界のサグラダファミリア」とまで呼ばれた史上最大級のITプロジェクトだ。みずほFGは完了までに8年もの年月と、35万人月、4000億円台半ばをつぎ込んだ。
    1980年代に稼働した「第3次オンラインシステム」の全面刷新は、第一勧業銀行、富士銀行、日本興業銀行の3行が統合したみずほFGにとって、2000年の発足以来の悲願だった。
    しかしシステム刷新は何度も挫折し、2002年と2011年には大規模なシステム障害を引き起こした。80年代の非効率的な事務フローが残ったままになるなど、勘定系システムの老朽化は経営の足かせになっていた。
    なぜみずほ銀行のシステム刷新は、これほどまでに長引いたのか。そして今回はどうやって完了に導いたのか。「メガバンクの勘定系システムとして初となるSOA(サービス指向アーキテクチャー)全面導入」「AS IS(現状通り)を禁止した要件定義」「1000社のシステムインテグレーターを巻き込んだプロジェクト管理」など、新勘定系システム「MINORI」開発の全貌と、みずほ銀行がこれから目指す金融デジタル化戦略を、みずほFGにおける19年の苦闘の歴史を追いかけ続けた情報システム専門誌「日経コンピュータ」が解き明かす。
    多くの日本企業が直面する情報システムの老朽化問題、「2025年の崖」を乗り越えるヒントがここにある。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    山端 宏実(ヤマバタ ヒロミ)
    日経コンピュータ/日経クロステック記者。『日経コンピュータ』『日経情報ストラテジー』、日本経済新聞社企業報道部の記者を経て、2018年4月から現職

    岡部 一詩(オカベ ヒトシ)
    日経FinTech編集長/日経クロステック記者。大手IT企業を経て日経BP入社。『日経コンピュータ』『日経FinTech』記者を経て、2019年4月から現職

    中田 敦(ナカダ アツシ)
    日経コンピュータ/日経クロステック副編集長。『日経Windowsプロ』『日経コンピュータ』などの記者やシリコンバレー支局長を経て、2019年4月から現職

    大和田 尚孝(オオワダ ナオタカ)
    日経コンピュータ編集長/日経クロステックIT編集長。SEを経て日経BP入社。『日経コンピュータ』や日本経済新聞社の記者を経て2019年4月から現職

    谷島 宣之(ヤジマ ノブユキ)
    日経BP総研上席研究員。『日経コンピュータ』『日経ウォッチャーIBM版』などの記者、編集委員を経て、2009年に日経コンピュータ編集長

みずほ銀行システム統合、苦闘の19年史-史上最大のITプロジェクト「3度目の正直」 の商品スペック

商品仕様
出版社名:日経BP
著者名:日経コンピュータ(著)/山端 宏実(著)/岡部 一詩(著)/中田 敦(著)/大和田 尚孝(著)/谷島 宣之(著)
発行年月日:2020/02/18
ISBN-10:4296105353
ISBN-13:9784296105359
判型:B6
発売社名:日経BPマーケティング
対象:一般
発行形態:単行本
内容:電子通信
言語:日本語
ページ数:253ページ
縦:19cm
他の日経BP社の書籍を探す

    日経BP社 みずほ銀行システム統合、苦闘の19年史-史上最大のITプロジェクト「3度目の正直」 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!