おこん春暦 新・居眠り磐音(文春文庫) [文庫]
    • おこん春暦 新・居眠り磐音(文春文庫) [文庫]

    • ¥80325ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年6月14日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003253291

おこん春暦 新・居眠り磐音(文春文庫) [文庫]

  • 5.0
価格:¥803(税込)
ポイント:25ポイント(3%還元)(¥25相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年6月14日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:文藝春秋
販売開始日: 2020/04/08
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

おこん春暦 新・居眠り磐音(文春文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    父親の金兵衛と二人で暮らす十四歳のおこん。その長屋にある日、下野国から訳ありの侍・曽我蔵之助夫婦が幼子を連れて流れ着く。母を亡くしたばかりのおこんに姉のように接してくれる女房の達子だったが―。「妹と姉」に加え、今津屋番頭の由蔵との出会いをきっかけに奉公に至る「跡継ぎ」と、若き日のおこんを描いた新作二編。
  • 内容(「BOOK」データベースより)

    妹と姉;跡継ぎ
  • 出版社からのコメント

    母親が病死し、父の金兵衛と二人で住む長屋に赤子を抱いた訳ありの浪人者夫婦が流れ着く。おこんの今津屋での奉公までを描いた新作。
  • 内容紹介

    〝今小町〟と呼ばれ、「居眠り磐音」シリーズの中でも屈指の人気キャラクター、おこんの若き日。
    十四歳の江戸っ娘が、自らの道を切りひらく。

    母を亡くしたばかりで、父親の金兵衛と二人で暮らす十四歳のおこん。
    その長屋にある日、下野国から訳ありの侍・曽我蔵之助夫婦が幼子を連れて流れ着いた。
    実の姉のように接してくれる女房の達子を慕うおこん。だが彼らには江戸でやらなければいけないことがあった――。
    「妹と姉」に加え、今津屋番頭の由蔵との出会いをきっかけに奉公に至るまでの「跡継ぎ」と、おこんが自立していく様を描いた新作二編。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    佐伯 泰英(サエキ ヤスヒデ)
    1942年、北九州市生まれ。日本大学芸術学部映画学科卒。デビュー作『闘牛』をはじめ、滞在経験を活かしてスペインをテーマにした作品を発表。99年、時代小説に転向。「密命」シリーズを皮切りに次々と作品を発表して高い評価を受け、“文庫書き下ろし時代小説”という新たなジャンルを確立する。著書多数。2018年、菊池寛賞受賞

おこん春暦 新・居眠り磐音(文春文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:文藝春秋
著者名:佐伯 泰英(著)
発行年月日:2020/04/10
ISBN-10:4167914689
ISBN-13:9784167914684
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:327ページ
縦:16cm
他の文藝春秋の書籍を探す

    文藝春秋 おこん春暦 新・居眠り磐音(文春文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!