新基本民法〈6〉不法行為編―法定債権の法 第2版 [単行本]
    • 新基本民法〈6〉不法行為編―法定債権の法 第2版 [単行本]

    • ¥1,980119ポイント(6%還元)
    • 在庫あり2024年5月23日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003253367

新基本民法〈6〉不法行為編―法定債権の法 第2版 [単行本]

価格:¥1,980(税込)
ポイント:119ポイント(6%還元)(¥119相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年5月23日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:有斐閣
販売開始日: 2020/04/18
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

新基本民法〈6〉不法行為編―法定債権の法 第2版 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    約定とならぶ債権の発生原因である不法行為・不当利得・事務管理(=法定債権)を、「救済(あるいは責任)の法」として再構成することを試みる。
  • 目次

    総 論 救済と責任(UNIT1)
    序 章 不法行為法の展開(UNIT2)
    第1章 一般不法行為の要件
     第1節 過失(UNIT3/4)
     第2節 因果関係(UNIT5)
    第2章 一般不法行為の効果
     第1節 損害賠償(UNIT6)
     第2節 その他(UNIT6)
    第3章 調整原理
     第1節 共同不法行為(UNIT7)
     第2節 過失相殺(UNIT8)
    第4章 特殊な不法行為
     第1節 人に関する責任(UNIT9)
     第2節 物に関する責任(UNIT9)
    第5章 契約・不法行為以外の債務発生
    原因
     第1節 不当利得(UNIT10)
     第2節 事務管理(UNIT11)
     第3節 その他(UNIT11)
     第4節 契約・不法行為の位置づけ(UNIT12)
    補 論 社会変動と民法(UNIT13)
  • 出版社からのコメント

    不法行為・不当利得・事務管理を扱う。「法定債権」の法であることに加え,「救済(責任)の法」としての位置づけを試みる。
  • 内容紹介

    不法行為・不当利得・事務管理を扱い,「法定債権の法」「救済(責任)の法」としての位置づけを試みる。UNITごとに「KEY SENTENCES」「REFERENCES」などを置き,知識の確認と定着を図っている。債権法改正に完全対応した第2版。〈2色刷〉
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    大村 敦志(オオムラ アツシ)
    1958年生まれ。1982年東京大学法学部卒業。東京大学法学部教授を経て、学習院大学大学院法務研究科教授
  • 著者について

    大村 敦志 (オオムラ アツシ)
    学習院大学教授

新基本民法〈6〉不法行為編―法定債権の法 第2版 の商品スペック

商品仕様
出版社名:有斐閣
著者名:大村 敦志(著)
発行年月日:2020/04/30
ISBN-10:4641138346
ISBN-13:9784641138346
判型:A5
発売社名:有斐閣
対象:教養
発行形態:単行本
内容:法律
言語:日本語
ページ数:205ページ
縦:22cm
その他:法定債権の法
他の有斐閣の書籍を探す

    有斐閣 新基本民法〈6〉不法行為編―法定債権の法 第2版 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!