消えていく家族の顔 [コミック]
    • 消えていく家族の顔 [コミック]

    • ¥1,10033ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年7月10日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003253790

消えていく家族の顔 [コミック]

  • 5.0
価格:¥1,100(税込)
ポイント:33ポイント(3%還元)(¥33相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年7月10日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:竹書房
販売開始日: 2020/05/28
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

消えていく家族の顔 [コミック] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    徘徊、せん妄、失禁、幻視、暴力、抑うつetc…その時、認知症患者が感じている気持ちとは。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    1 要介護1~3(1)
    2 若年性認知症
    3 要介護1~3(2)
    4 要介護4・5
  • 出版社からのコメント

    現役ヘルパーが「認知症」患者を主人公にその日常を描く。動かなくなる身体、ざわめく心。記憶が、家族が、命が、消えてゆく。
  • 内容紹介

    いつもの朝食、私のパンにだけ蛆虫が這っている。

    「何かがおかしい 自分も 怖い」

    現役ヘルパーの筆者が描く主人公は「認知症患者」。
    アルツハイマー型認知症、レビー小体型認知症、若年性認知症…さまざまな認知症患者が
    多数登場し、その「心」を紡ぎます。

    例えば
    ●便器の水で家中の衣類を洗濯し始めた80代母
    ●読み書きを忘れた50代男性が文字を求めて本屋を徘徊
    ●90代寝たきり母はマンションの一室に閉じ込められる
    ●妻を24時間拘束し精神崩壊させた60代の全身まひ夫
    ●90代でモテ期到来…? 男性ヘルパーに恋した老女

    徘徊、せん妄、失禁、幻視、暴力、抑うつetc…。
    その時、認知症患者が感じている気持ちとは?
    単行本限定の特別描きおろしも多数収録‼
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    吉田 美紀子(ヨシダ ミキコ)
    山形県出身。20代で漫画家デビュー。40代でセカンドキャリアとして介護の仕事を始めて「ヘルパー兼漫画家」に。介護と介護職にまつわる作品を多数手掛ける。介護専門誌でも連載中

消えていく家族の顔 [コミック] の商品スペック

商品仕様
出版社名:竹書房
著者名:吉田 美紀子(著)
発行年月日:2020/06/04
ISBN-10:4801922619
ISBN-13:9784801922617
判型:A5
対象:一般
発行形態:コミック
内容:コミック・劇画
言語:日本語
ページ数:134ページ
縦:21cm
横:15cm
厚さ:1cm
重量:235g
他の竹書房の書籍を探す

    竹書房 消えていく家族の顔 [コミック] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!