天皇退位 何が論じられたのか―おことばから大嘗祭まで(中公選書) [全集叢書]
    • 天皇退位 何が論じられたのか―おことばから大嘗祭まで(中公選書) [全集叢書]

    • ¥2,20066ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年3月9日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003253964

天皇退位 何が論じられたのか―おことばから大嘗祭まで(中公選書) [全集叢書]

御厨 貴(編著)
価格:¥2,200(税込)
ポイント:66ポイント(3%還元)(¥66相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年3月9日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:中央公論新社
販売開始日: 2020/03/07
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

天皇退位 何が論じられたのか―おことばから大嘗祭まで(中公選書) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    二〇一六年七月のNHKのスクープと翌月の天皇ビデオメッセージから三年余。平成の天皇は退位し、上皇となった。この間に何が論じられ、その議論は深められたのか。皇位継承だけが問題なのではない。退位自体、憲法や皇室典範に定められていないものであった。そのほか、象徴とは何か、どこまでが公務かなど、「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」座長代理を務めた編者がその論点を整理し、積み残された課題を提示する。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    論点1 平成の天皇をどう位置づけるか―縦軸に見る、横軸に見る(これからの象徴天皇制を考える;昔から変わらない存在―古来、天皇は一貫して「象徴」であった ほか)
    論点2 象徴天皇制とは何か―憲法第一条から考える(天皇と象徴を考える お気持ち表明を受けて;「日本国の象徴」とは何か ほか)
    論点3 天皇と政治―憲法第四条から考える(「生前退位」―危機の二〇年 北田暁大が聞く;官邸、メディア、宮内庁 ほか)
    論点4 皇室―天皇制の周縁(「生前退位」皇室のありかたを問い直す;上皇 ほか)
    論点5 「令和」以後(『ザ・議論!』第1部「天皇制」(抜粋);事実性 ほか)
  • 出版社からのコメント

    2016年7月、NHKの「天皇退位スクープ」以来、新天皇即位まで、誰が何を論じたのか、論点を整理し、積み残した課題を提示する
  • 内容紹介

    2016年7月のNHK「天皇退位スクープ」、翌月の「天皇ビデオメッセージ」から3年余。すでに新天皇が即位し、元号も「令和」となった。当初、そもそも憲法に定められていない「退位」は可能なのか、天皇の「意志」によって制度が変えられることがあってよいのか、と政府・識者が困惑したにもかかわらず、国民世論の支持により、一代限りの退位を可能とする特例法が成立した過程については、記憶に新しいだろう。しかし、たとえば「象徴」とは何なのか、天皇の「公務」とは何か、新たなコンセンサスが生まれたわけではなく、女性天皇を容認するか否かについても、棚上げになったままである。


     本書は、この3年間に、誰が、どんなことを言ってきたのか、その論点を整理し、積み残した課題を提示するものである。今回の有識者会議(天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議)の座長代理を務めた編者が、3年分の雑誌論文、インタビュー、新聞記事などから、自身の主張とは相容れないものも含めて、意味があると認め、選んだものを論点ごとにまとめて掲載し、それぞれについてコ
    メントを付す。イデオロギーなき時代の混沌とした思想状況も浮かび上がる。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    御厨 貴(ミクリヤ タカシ)
    1951年東京都生まれ。東京大学法学部卒業。ハーバード大学客員研究員、東京都立大学教授、政策研究大学院大学教授、東京大学教授、放送大学教授、青山学院大学特任教授などを歴任。「東日本大震災復興構想会議」議長代理、「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」座長代理などを務める。現在、東京大学先端科学技術研究センター客員教授、サントリーホールディングス(株)取締役などを務める。著書に『政策の総合と権力』(サントリー学芸賞)など多数
  • 著者について

    御厨 貴 (ミクリヤタカシ)
    御厨貴

    1951年(昭和26)東京都生まれ。東京大学法学部卒業。東京都立大学教授、政策研究大学院大学教授、東京大学教授を経て、東大先端研客員教授(名誉教授)、放送大学客員教授。サントリー文化財団理事、サントリーホールディングス株式会社取締役。東日本大震災復興構想会議議長代理(2011年4月~12年2月)、復興庁復興推進委員会委員長代理(2012年2月~13年3月)、「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」座長代理(2016年9月~17年4月)などを務める。著書に『明治国家形成と地方経営』(東京市政調査会藤田賞)、『政策の総合と権力』(サントリー学芸賞)、『東京』、『馬場恒吾の面目』(吉野作造賞)、『権力の館を歩く』『平成の政治』(共著)などがある。

天皇退位 何が論じられたのか―おことばから大嘗祭まで(中公選書) の商品スペック

商品仕様
出版社名:中央公論新社
著者名:御厨 貴(編著)
発行年月日:2020/03/10
ISBN-10:4121101049
ISBN-13:9784121101044
判型:B6
対象:教養
発行形態:全集叢書
内容:政治含む国防軍事
言語:日本語
ページ数:406ページ
縦:20cm
他の中央公論新社の書籍を探す

    中央公論新社 天皇退位 何が論じられたのか―おことばから大嘗祭まで(中公選書) [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!