ツーカとゼーキン―知りたくなかった日本の未来(インターナショナル新書) [新書]
    • ツーカとゼーキン―知りたくなかった日本の未来(インターナショナル新書) [新書]

    • ¥1,03432ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年4月15日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003255399

ツーカとゼーキン―知りたくなかった日本の未来(インターナショナル新書) [新書]

価格:¥1,034(税込)
ポイント:32ポイント(3%還元)(¥32相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年4月15日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:集英社インターナショナル
販売開始日: 2020/04/07
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

ツーカとゼーキン―知りたくなかった日本の未来(インターナショナル新書) の 商品概要

  • 出版社からのコメント

    円の崩壊は避けられないのか。『アベノミクスによろしく』の著者が公的データを用いて、通貨と税金の仕組みを対話形式で解説。
  • 内容紹介

    『アベノミクスによろしく』で「アベノミクスの大失敗」を早くから指摘した著者が、公的データを基に通貨と税金の仕組みを、対話形式でわかりやすく解説。

    ●現在、国と地方を合わせた国債発行額は約1100兆円(GDPの2倍超)。
    ●2018年から2025年までの間に、日本の生産年齢人口は345万7000人も減少(第二次世界大戦の日本の犠牲者数〈約310万人〉を超える人数)。
    ●経済は縮むが、社会保障費は増え続ける。
    ●「MMT(現代貨幣理論)」はどこが間違っているのか。

    迫り来る国債の大暴落や急激な円安、そして極端なインフレといった厳しく困難な日本の未来を明らかにし、その処方箋を知ることができる入門書的一冊。
    今話題のMMTを完全否定し、これからの「税のあり方」を示す。


    ■著者略歴
    明石順平(あかし じゅんぺい)
    弁護士。1984年、和歌山県生まれ、栃木県育ち。東京都立大学法学部、法政大学法科大学院を卒業後、現職。主に労働事件、消費者被害事件を担当。ブラック企業被害対策弁護団所属。
    著書に『アベノミクスによろしく』『データが語る日本財政の未来』『国家の統計破壊』(すべてインターナショナル新書)などがある。

ツーカとゼーキン―知りたくなかった日本の未来(インターナショナル新書) の商品スペック

商品仕様
出版社名:集英社インターナショナル
著者名:明石 順平(著)
発行年月日:2020/04
ISBN-10:4797680504
ISBN-13:9784797680508
判型:新書
発売社名:集英社
対象:一般
発行形態:新書
内容:経済・財政・統計
言語:日本語
ページ数:301ページ
縦:18cm
横:11cm
厚さ:1cm
重量:190g
他の集英社インターナショナルの書籍を探す

    集英社インターナショナル ツーカとゼーキン―知りたくなかった日本の未来(インターナショナル新書) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!