ゆりの木荘の子どもたち(わくわくライブラリー) [単行本]
    • ゆりの木荘の子どもたち(わくわくライブラリー) [単行本]

    • ¥1,43043ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年5月28日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
ゆりの木荘の子どもたち(わくわくライブラリー) [単行本]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003256092

ゆりの木荘の子どもたち(わくわくライブラリー) [単行本]

  • 4.0
価格:¥1,430(税込)
ポイント:43ポイント(3%還元)(¥43相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年5月28日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:講談社
販売開始日: 2020/04/15
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 262476位1日間100位以内
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

ゆりの木荘の子どもたち(わくわくライブラリー) [単行本] の 商品概要

  • 出版社からのコメント

    77年前の「あの子」との約束をはたすため──。突然子どもになってしまったゆりの木荘のおばあさんたちの時を超えたファンタジー
  • 内容紹介

    ゆりの木荘は、100年以上も前に立てられた立派な洋館。いまは有料老人ホームになり、サクラさんやモリノさんたち、6人の老人が住んでいます。春風が吹くある日、サクラさんはだれかが歌う手まり歌──時々聞こえる歌──を耳にします。モリノさんにいわれるまま、サクラさんがその歌を口ずさんでみると、ふたりは突然、子どもになってしまいました。そう、87歳のおばあさんではなく、10歳ばかりの女の子に……。
    それは、77年前の約束のために、「あの子」がサクラさんたちを呼び寄せたからでした……。
  • 著者について

    富安 陽子 (トミヤス ヨウコ)
    富安陽子(とみやす・ようこ)
    1959年東京に生まれる。和光大学人文学部卒業。『クヌギ林のザワザワ荘』により日本児童文学者協会新人賞、小学館文学賞、「小さなスズナ姫」シリーズにより新美南吉児童文学賞、『空へつづく神話』により産経児童出版文化賞、『盆まねき』により野間児童文芸賞、産経児童出版文化賞フジテレビ賞を受賞。『やまんば山のモッコたち』はIBBYオナーリスト2002文学作品に選ばれた。

    佐竹 美保 (サタケ ミホ)
    佐竹美保(さたけ・みほ)
    富山県出身。富山県立高岡工芸高等学校デザイン科卒業後上京し活動。主に児童書の挿絵を担当し、SFやファンタジーの分野で活動している。 『魔女の宅急便』(その3、その4、その5のみ)、リンの谷のローワンシリーズ、『魔法使いハウルと火の悪魔』など、よく知られた児童文学作品の数々の表紙や挿絵を描いている。

ゆりの木荘の子どもたち(わくわくライブラリー) [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:講談社
著者名:富安 陽子(著)/佐竹 美保(著)
発行年月日:2020/04
ISBN-10:4065187494
ISBN-13:9784065187494
判型:A5
対象:児童
発行形態:単行本
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:124ページ
縦:22cm
他の講談社の書籍を探す

    講談社 ゆりの木荘の子どもたち(わくわくライブラリー) [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!