日米同盟の絆―安保条約と相互性の模索 増補版 [単行本]
    • 日米同盟の絆―安保条約と相互性の模索 増補版 [単行本]

    • ¥3,520106ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2020年11月27日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003265482

日米同盟の絆―安保条約と相互性の模索 増補版 [単行本]

価格:¥3,520(税込)
ポイント:106ポイント(3%還元)(¥106相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2020年11月27日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:有斐閣
販売開始日: 2020/04/25
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

日米同盟の絆―安保条約と相互性の模索 増補版 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    安保交渉の「謎」を解き明かす。安保条約の成立・改定過程を鮮やかに描いた記念碑的著作の増補版。2009‐10年の外務省密約調査にも携わった著者が、近年公開された新史料・研究成果をふまえて補註・補論を加える。「第22回サントリー学芸賞受賞作」の増補版。
  • 目次

    増補にあたって
    はじめに
    第1章 安保条約の成立
    第2章 防衛力漸増──吉田路線とアメリカ
    第3章 安保改定構想の挫折──重光訪米の意義
    第4章 安保改定の逆説──岸信介と安保改定
    第5章 新安保条約の意匠──条約区域と事前協議をめぐって
    おわりに
    補 論 「事前協議の秘密」について
    資料/関連年表/索引
  • 内容紹介

    日米安保条約の成立と改定の過程をあざやかに描き出し,高い評価を得た著作の増補版。初版刊行から20年が経ち,この間に公開された新史料や研究の進展をふまえた補註・補論を追加している。今後の日米安全保障協力のあり方を議論する際の基盤を提供する。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    坂元 一哉(サカモト カズヤ)
    1956年福岡県に生まれる。1979年京都大学法学部卒業。1981年、京都大学大学院法学研究科修士課程修了。1982‐85年、オハイオ大学留学。京都大学法学部助手、三重大学人文学部助教授、大阪大学法学部助教授などを経て、大阪大学大学院法学研究科教授(国際政治学・外交史)。京都大学博士(法学)

日米同盟の絆―安保条約と相互性の模索 増補版 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:有斐閣
著者名:坂元 一哉(著)
発行年月日:2020/04/21
ISBN-10:4641149364
ISBN-13:9784641149366
旧版ISBN:9784641049765
判型:B6
対象:教養
発行形態:単行本
内容:政治含む国防軍事
言語:日本語
ページ数:374ページ
縦:20cm
他の有斐閣の書籍を探す

    有斐閣 日米同盟の絆―安保条約と相互性の模索 増補版 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!