実践 bashによるサイバーセキュリティ対策-セキュリティ技術者のためのシェルスクリプト活用術 [単行本]
    • 実践 bashによるサイバーセキュリティ対策-セキュリティ技術者のためのシェルスクリプト活用術 [単行本]

    • ¥3,630109ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年1月21日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003265956

実践 bashによるサイバーセキュリティ対策-セキュリティ技術者のためのシェルスクリプト活用術 [単行本]

価格:¥3,630(税込)
ポイント:109ポイント(3%還元)(¥109相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年1月21日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:オライリージャパン
販売開始日: 2020/04/21
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

実践 bashによるサイバーセキュリティ対策-セキュリティ技術者のためのシェルスクリプト活用術 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    bashとLinuxの標準コマンドを活用したセキュリティ対策手法についての解説書。サイバーセキュリティの現場では、常にGUIの最新ツールを使えるとは限りません。CUIによるセキュリティ対策はセキュリティ技術者にとって必須の知識です。本書では、Linux/Mac/Windows環境でbashを含む標準的なLinuxのコマンドラインツール群を用いて、各種情報収集や収集した情報の解析、監視、侵入テスト(ペネトレーションテスト)など、サイバーセキュリティの具体的な手法を実践形式で説明します。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1部 基本的な技術(コマンドラインの基礎;bashの基礎 ほか)
    第2部 bashによる防御のためのセキュリティ活動(データ収集;データ処理 ほか)
    第3部 bashによるペネトレーションテスト(偵察;スクリプトの難読化 ほか)
    第4部 bashによるセキュリティ関連操作(ファイルのパーミッション;ログの書き込み ほか)
    付録(bashのネットワークリダイレクション機能;Shellshock ほか)
  • 出版社からのコメント

    bashとLinuxの標準コマンドを活用したセキュリティ対策の解説書。情報収集、解析、監視、侵入テストなどを実践形式で解説。
  • 内容紹介

    bashとLinuxの標準コマンドを利用したセキュリティ対策手法!
    bashとLinuxの標準コマンドを活用したセキュリティ対策手法についての解説書。サイバーセキュリティの現場では、常にGUIの最新ツールを使えるとは限りません。CUIによるセキュリティ対策はセキュリティ技術者にとって必須の知識です。本書では、Linux/Mac/Windows環境でbashを含む標準的なLinuxのコマンドラインツール群を用いて、各種情報収集や収集した情報の解析、監視、侵入テスト(ペネトレーションテスト)など、サイバーセキュリティの具体的な手法を実践形式で説明します。本書は四部構成です。第I部ではbashシェルや正規表現の基本を学びます。第II部ではデータの収集、加工、分析、表示といった防御のためのサイバーセキュリティ技術について学びます。第III部ではペネトレーションテストや脆弱性の発見をリモートから行う手法について学びます。第IV部ではコマンドラインによるシステムやネットワークのセキュリティ管理について学びます。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    トロンコーネ,ポール(トロンコーネ,ポール/Troncone,Paul)
    サイバーセキュリティおよび情報セキュリティの専門家。業界歴は15年以上。サイバーセキュリティのコンサルティングおよびソフトウェア開発を専門とするDigadel Corporationを2009年に設立。ペース大学でコンピュータサイエンスの学士号、ニューヨーク大学のTandon School of Engineering(以前のPolytechnic University)でコンピュータサイエンスの修士号を取得。脆弱性のアナリスト、ソフトウェア開発者、ペネトレーションテストの技術者、大学の教授といった多様な分野で活躍している

    アルビング,カール(アルビング,カール/Albing,Carl)
    広範な業界経験を持つソフトウェアエンジニア。教師であり研究者でもある。大企業から中小企業まで広くソフトウェアに関する業務を行ってきた。数学で学士号、国際経営学で修士号、コンピュータサイエンスで博士号を取得している。最近は、米国海軍兵学校のコンピュータサイエンス学部の特別客員教授として研究生活を送りながら、プログラミング言語、コンパイラ、ハイパフォーマンスコンピューティング、高度なシェルプログラミングを教えてきた。現在は、海軍大学院のデータサイエンスおよびデータ分析グループの特任教授である

    〓橋 基信(タカハシ モトノブ)
    株式会社NTTデータITマネジメント室所属。1993年早稲田大学第一文学部卒。同年NTTデータ通信株式会社(現・株式会社NTTデータ)に入社。入社後数年間Unix上でのプログラム開発に携わったあと、オープン系システム全般に関するシステム基盤の技術支援業務に長く従事。Unix、Windows両OSやインターネットなどを中心とした技術支援業務を行う中で、セキュリティ技術やスクリプト活用術についての造詣を深める。現在はNTTデータにて社内グローバル基盤の企画、構築に従事する傍らで、オープンソースのSambaを中心とした出版活動などをしている

実践 bashによるサイバーセキュリティ対策-セキュリティ技術者のためのシェルスクリプト活用術 の商品スペック

商品仕様
出版社名:オライリー・ジャパン
著者名:ポール トロンコーネ(著)/カール アルビング(著)/〓橋 基信(訳)
発行年月日:2020/04/17
ISBN-10:4873119057
ISBN-13:9784873119052
判型:A5
発売社名:オーム社
対象:専門
発行形態:単行本
内容:電子通信
言語:日本語
ページ数:321ページ
縦:21cm
その他: 原書名: Cybersecurity Ops with bash〈Troncone,Paul;Albing,Carl〉
他のオライリージャパンの書籍を探す

    オライリージャパン 実践 bashによるサイバーセキュリティ対策-セキュリティ技術者のためのシェルスクリプト活用術 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!