植栽による択伐林で日本の森林改善―樹冠の働きと量から考える [単行本]
    • 植栽による択伐林で日本の森林改善―樹冠の働きと量から考える [単行本]

    • ¥1,98060ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2020年5月31日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009003268011

植栽による択伐林で日本の森林改善―樹冠の働きと量から考える [単行本]

価格:¥1,980(税込)
ポイント:60ポイント(3%還元)(¥60相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2020年5月31日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:築地書館
販売開始日: 2020/05/25
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

植栽による択伐林で日本の森林改善―樹冠の働きと量から考える の 商品概要

  • 目次

    はじめに

    Ⅰ 木材生産と環境保全の歴史と現状
    1 天然林の利用
    原生林
    木材生産と環境保全への利用
    2 皆伐林と択伐林の成立
    日本
    ヨーロッパ
    3 皆伐林の増加と環境保全対策
    皆伐林の増加
    環境保全対策
    4 森林の現状とその問題点への対策
    森林の現状と問題点
    現行の対策とその疑問点

    Ⅱ 樹冠からみた皆伐林とヨーロッパ方式の択伐林の比較
    1 基礎資料とした林分構造図について
    幹曲線と樹冠曲線の推定
    林分構造図の作成
    2 樹冠の大きさと空間占有状態および量の差異
    樹冠の大きさ
    樹冠の空間占有状態および量の検討
    3 木材生産機能の優劣
    樹冠と幹の成長との関係
    幹材の形質
    幹材積生産量
    4 環境保全機能の優劣
    水土保全
    生活環境保全
    景観の維持
    野生動植物の保護
    地球の温暖化防止
    5 森林経営上の得失
    森林の健全性と持続性
    施業実行の難易
    木材生産の経営収支

    Ⅲ 森林の改善策
    1 皆伐林とヨーロッパ方式の択伐林の総括
    木材生産
    環境保全
    森林経営
    2 森林改善における基本方針と森林区分の見直し
    基本方針
    森林区分の見直し
    3 択伐林導入の方法と効果
    皆伐林
    環境保全用の森林
    4 経費負担と支援体制
    経費負担
    支援体制

    おわりに
    主要な引用・参考文献
    索引
  • 内容紹介

    半世紀にわたり日本の森林の変化を調査・研究してきた著者が、
    皆伐林から択伐林への転換の道筋を示す。

    天然更新によらず、植栽による択伐林づくりへの新たな理解を深め、
    木材生産と環境保全機能を両立させる森林のあり方を解説する。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    梶原 幹弘(カジハラ ミキヒロ)
    1933年に高知市で生まれる。京都大学大学院農学研究科林学専攻博士課程を修了。京都大学農学博士。京都大学の農学部助手、京都府立大学の農学部講師・助教授・教授を経て、同大学の名誉教授。専門は林木の計測・成長と森林の施業で、1992年に第1回森林計画学賞を受賞
  • 著者について

    梶原幹弘 (カジハラミキヒロ)
    1933 年に高知市で生まれる。
    京都大学大学院農学研究科林学専攻博士課程を修了。京都大学農学博士。
    京都大学の農学部助手、京都府立大学の農学部講師・助教授・教授を経て、現在は同大学の名誉教授。
    専門は林木の計測・成長と森林の施業で、1992 年に第1 回森林計画学賞を受賞。

    [著書]
    大隅眞一ほか(1971)『森林計測学』養賢堂(共著)
    大隅眞一ほか(1987)『森林計測学講義』養賢堂(分担執筆)
    (1993)『相対幹形─その実態と利用』森林計画学会出版局
    (1995)『樹冠と幹の成長』森林計画学会出版局
    (1998)『択伐林の構造と成長』森林計画学会出版局(編著)
    (2000)『樹冠からみた林木の成長と形質─密度管理と林型による異同』森林計画学会出版局(編著)
    (2003)『森林の施業を考える─機能向上と経営収支改善のために』森林計画学会出版局
    (2008)『究極の森林』京都大学学術出版会

植栽による択伐林で日本の森林改善―樹冠の働きと量から考える の商品スペック

商品仕様
出版社名:築地書館
著者名:梶原 幹弘(著)
発行年月日:2020/06/05
ISBN-10:4806716014
ISBN-13:9784806716013
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:農林業
言語:日本語
ページ数:165ページ
縦:19cm
他の築地書館の書籍を探す

    築地書館 植栽による択伐林で日本の森林改善―樹冠の働きと量から考える [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!