女二人の手紙のやりとり 人生論 あなたは酢ダコが好きか嫌いか [単行本]
    • 女二人の手紙のやりとり 人生論 あなたは酢ダコが好きか嫌いか [単行本]

    • ¥1,10033ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年10月26日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003271017

女二人の手紙のやりとり 人生論 あなたは酢ダコが好きか嫌いか [単行本]

価格:¥1,100(税込)
ポイント:33ポイント(3%還元)(¥33相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年10月26日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:小学館
販売開始日: 2020/05/07
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

女二人の手紙のやりとり 人生論 あなたは酢ダコが好きか嫌いか の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    夫婦とは、愛とは、喧嘩とは、孤独とは、恋とは、生きるとは―いわば酢ダコのようなもの!?悩み、愚痴、怒り―年の差50歳の真剣勝負。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 夫婦について
    第2章 世の中について
    第3章 人生について
    最終章 ふたたび夫婦について
    特別付録 人生って何ですか?(佐藤愛子×小島慶子)
  • 内容紹介

    愉快痛快!年の差50歳の「真剣」勝負

    ◎佐藤愛子さん曰く「人生論を書くつもりはなかったけれど、図らずも人生論になってしまいました」

    ◎小島慶子さん曰く「佐藤さんが下さった最後のお手紙の一節に、私は不覚にも涙が出ました」

    1923年生まれの佐藤さんと1972年生まれの小島さん。年の差50歳の二人が往復書簡を交わしました。夫婦のこと、生きること、今の時代、書くこと、話すこと、戦うこと……交わされる手紙の内容は実に様々です。
    「理屈の隘路にハマって呻吟している」小島さんの悩みに、佐藤さんはどう答えたか。佐藤さんが時に厳しく時に優しく返事をし、手紙を重ねるにつれて心の深い部分が赤裸々に綴られ、人生の大切なことが明らかになっていく往復書簡は、たっぷり笑えて、しかも深い感動を呼びます。

    <夫婦喧嘩の大義は要するに「ウップン晴らし」ですからね。「颱風一過。後は雲ひとつない、ルンルン青い空」が望ましい>(佐藤さん)

    <佐藤さんは私の愛が深いとおっしゃいます。そうかもしれませんが、だとしたら愛なんてロクなもんじゃないと思います>(小島さん)

    読後感はルンルン青空。元気がわき出ること請け合いです。











    【編集担当からのおすすめ情報】
    『九十歳。何がめでたい』が128万部を超えるベストセラーになったことで狂瀾怒濤の日々を送っていた佐藤さん。そうした最中に佐藤さんと小島さんは文芸誌で対談を行いました。その後、手紙を交わす間柄になったことを知り、「女性セブン」誌面でその手紙を掲載させて頂けないかと依頼をしました。

    そうした経緯もあって、本書で交わした二人の手紙はとても個人的で、率直で、親密なものです。最初、そうした二人だけの私信を覗き見るような感覚を感じたほどです。
    悩みを赤裸々に打ち明ける小島さんと、それを笑い飛ばしながらもどこまでも真剣に答える佐藤さん。本書を読むうち、私の悩みもどこかへ消え去り、勇気と元気をもらえたような気がします。

    小島さんの著作を好きな方、佐藤さんの著作を好きな方、いずれの方にとっても、おふたりの新しい一面を垣間見ることができると思います。ぜひお手にとってお読みください。そして心があたたかくなって、大切な人にに手紙を書きたくなる、そんな忘れられない一冊になることをお約束します。












    図書館選書
    『九十歳。何がめでたい』のバカ売れで狂瀾怒濤の日々を送る96歳の佐藤愛子さんと、理屈の隘路にハマって人生に呻吟する47歳の小島慶子さん。生まれも育ちも考え方も違う二人が交わす、激しくも温かい往復書簡。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    小島 慶子(コジマ ケイコ)
    1972(昭和47)年生まれ。放送局勤務を経てタレント、エッセイストとして活躍中

    佐藤 愛子(サトウ アイコ)
    1923(大正12)年生まれ。甲南高等女学校卒業。’69年『戦いすんで日が暮れて』で直木賞、’79年『幸福の絵』で女流文学賞、2000年『血脈』の完成により菊池寛賞、’15年『晩鐘』で紫式部文学賞を受賞。’17年春に旭日小綬章を受章

女二人の手紙のやりとり 人生論 あなたは酢ダコが好きか嫌いか の商品スペック

商品仕様
出版社名:小学館
著者名:佐藤 愛子(著)/小島 慶子(著)
発行年月日:2020/05/13
ISBN-10:409396548X
ISBN-13:9784093965484
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学評論・随筆
言語:日本語
ページ数:189ページ
縦:18cm
他の小学館の書籍を探す

    小学館 女二人の手紙のやりとり 人生論 あなたは酢ダコが好きか嫌いか [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!