IoTソフトウェア無線の教科書―IoTシステムに潜む脅威と対策(ハッカーの技術書) [事典辞典]
    • IoTソフトウェア無線の教科書―IoTシステムに潜む脅威と対策(ハッカーの技術書) [事典辞典]

    • ¥3,08093ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009003272731

IoTソフトウェア無線の教科書―IoTシステムに潜む脅威と対策(ハッカーの技術書) [事典辞典]

価格:¥3,080(税込)
ポイント:93ポイント(3%還元)(¥93相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:データハウス
販売開始日: 2020/03/27
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

IoTソフトウェア無線の教科書―IoTシステムに潜む脅威と対策(ハッカーの技術書) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    Bluetoothから携帯電話基地局偽装など、ネットワーク機器に潜む様々な無線通信の危険性と攻撃手法を現役の専門家が基礎から徹底検証。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 IoTと無線通信の関係
    第2章 無線通信の脅威とその対策技術
    第3章 無線通信のハッキング事例
    第4章 SDR(Software Defined Radio)とは
    第5章 GPSのハッキング
    第6章 Bluetoothのハッキング
    第7章 ZigBeeのハッキング
    第8章 Sigfoxのハッキング
    第9章 LoRaWANのハッキング
    第10章 LTEのハッキング
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    上松 亮介(ウエマツ リョウスケ)
    株式会社NDIASに在籍。通信機器メーカー、移動体通信事業者にてWiMAXやLTEなどの無線通信基地局の開発に長年従事。2017年株式会社野村総合研究所入社。2019年株式会社NDIASに出向し、自動車におけるセキュリティコンサルティング、セキュリティ診断などに従事

IoTソフトウェア無線の教科書―IoTシステムに潜む脅威と対策(ハッカーの技術書) の商品スペック

商品仕様
出版社名:データハウス
著者名:上松 亮介(著)
発行年月日:2020/03/31
ISBN-10:4781702430
ISBN-13:9784781702438
判型:A5
対象:専門
発行形態:事典辞典
内容:情報科学
ページ数:233ページ
縦:21cm
他のデータハウスの書籍を探す

    データハウス IoTソフトウェア無線の教科書―IoTシステムに潜む脅威と対策(ハッカーの技術書) [事典辞典] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!