エレクトス・ウイルス〈下〉(竹書房文庫) [文庫]
    • エレクトス・ウイルス〈下〉(竹書房文庫) [文庫]

    • ¥93529ポイント(3%還元)
    • 在庫あり本日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
エレクトス・ウイルス〈下〉(竹書房文庫) [文庫]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003274465

エレクトス・ウイルス〈下〉(竹書房文庫) [文庫]

価格:¥935(税込)
ポイント:29ポイント(3%還元)(¥29相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、本日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:竹書房
販売開始日: 2020/07/30
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

エレクトス・ウイルス〈下〉(竹書房文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    “クルーガー・ウイルス”と名付けられた退化病菌は、ネズミを媒介してヒトからヒトへと感染し、世界の隅々まで浸食した。感染者はすでに十五万人に達し、このままでは五百万人に膨れ上がる可能性もあるという。その渦中にアンナの恋人である海洋生物学者ヤン・ルベルも感染し、エレクトスへと退化。病院に収容されてしまった。アンナはあらゆる手段を講じて厳重な監視下に置かれたヤンのもとにたどりつき、ヒトとしての記憶を呼び覚まそうと懸命に語りかけた。だが、彼がかすかに回復の兆しを見せたところでステファンに呼び出され、国連安全保障理事会に向かうことになる。ヒトとしての知性と理性を失った人々にどう対応すべきか?理事会では議論が紛糾していた。アンナは国連総会の場で、エレクトスを同じ人間として擁護すべきだと訴えたが、理事会は彼らを危険性の高い生物と判断。人間社会からの隔絶を決議する。フランスではパリの動物園が一時的な収容所となり、ヤンもそこに隔離されてしまう。だが、ヤンたちが暴動を起こして逃走し、市街地では多くの市民が犠牲となった。人々の不安と恐怖はピークに達し、民衆を“エレクトス狩り”へと駆り立てる。エレクトスと現生人類の“生存競争”は回避できない運命なのか―?自由を求めて牙を剥いたエレクトスの逆襲が始まる!!
  • 出版社からのコメント

    謎の退化促進ウィルスはヒトを、動物を、そして植物を退行させ続ける。人類に残された選択肢は共存か排除のふたつにひとつ!?
  • 内容紹介

    原始人類再起動

    覚醒した“太古の遺伝子”がヒトの時代を終わらせる

    <クルーガー・ウイルス>と名付けられた退化病菌は、ネズミを媒介してヒトからヒトへと感染し、世界の隅々まで浸食した。
    感染者はすでに十五万人に達し、このままでは五百万人に膨れ上がる可能性もあるという。
    その渦中にアンナの恋人である海洋生物学者ヤン・ルベルも感染し、エレクトスへと退化。病院に収容されてしまう。
    アンナはあらゆる手段を講じて厳重な監視下に置かれたヤンのもとにたどりつき、ヒトとしての記憶を呼び覚まそうと懸命に語りかけた。
    だが、彼がかすかに回復の兆しを見せたところでステファンに呼び出され、国連安全保障理事会に向かうことになる。
    ヒトとしての知性と理性を失った人々にどう対応すべきか?
    理事会では議論が紛糾していた。
    アンナはその席上で、エレクトスを同じ人間として擁護すべきだと訴えたが、理事会は彼らを危険性の高い生物と判断。
    人間社会からの隔絶を決議する。
    フランスではパリの動物園が一時的な収容所となり、ヤンもそこに隔離された。
    だが、ヤンたちが暴動を起こして逃走し、市街地では多くの市民が犠牲となった。
    人々の不安と恐怖はピークに達し、民衆を “エレクトス狩り”へと駆り立てる。
    エレクトスと現生人類の“生存競争”は繰り返される運命なのか――?

    自由を求めて牙を剥いたエレクトスの逆襲が始まる!!
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    ミュレール,グザヴィエ(ミュレール,グザヴィエ/M¨uller,Xavier)
    フランス、ブルターニュ在住。『Les d´etectives de l’´etrange』でデビュー。物理学で博士号を獲得した知見をもって科学ジャーナリストとしても活躍する一方で、ふたりの子供の父親
  • 著者について

    グザヴィエ・ミュレール (グザヴィエミュレール)
    フランス、ブルターニュ在住。『Les détectives de l'étrange』でデビュー。
    著作に『Dans la peau d'un autre,』や「L'oracle du vent」シリーズなどがある(いずれも未邦訳)。
    物理学で博士号を獲得した知見をもって科学ジャーナリストとしても活躍する一方で、ふたりの子供のよき父親であり続けている。

    伊藤 直子 (イトウ ナオコ)
    フランス語翻訳家。東洋大学英米文学科卒。
    訳書にクリストフ・アンドレ『精神科医がこころの病になったとき』(共訳/紀伊國屋書店)、アドニス『暴力とイスラーム』(共訳/エディション・エフ)、クリスチャン・ジャック『スフィンクスの秘儀』(監訳/小社)などがある。

エレクトス・ウイルス〈下〉(竹書房文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:竹書房
著者名:グザヴィエ ミュレール(著)/伊藤 直子(訳)
発行年月日:2020/08/06
ISBN-10:4801923496
ISBN-13:9784801923492
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:外国文学小説
言語:日本語
ページ数:303ページ
縦:15cm
横:11cm
その他: 原書名: ERECTUS〈M¨uller,Xavier〉
他の竹書房の書籍を探す

    竹書房 エレクトス・ウイルス〈下〉(竹書房文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!